iOSのデータ復元ならPhoneRescueがオススメ!

この記事は約 5 分で読むことができます。

iPhoneなどのiOSデバイスを管理する上で大事だけど、面倒なのがバックアップ作業でした。しかし、今はiCloudが主流なので、パソコンに繋げてiPhoneのバックアップを取るということもなくなってきました。家に帰ったらwi-fiがあるので、自動的にバックアップがiCloudに作成されます。

phonerescue

しかし、この自動パックアップも当然容量を使うのでiCloud加入時、無料で使える5GBなんて容量はすぐにいっぱいになってしまいます。

当然そうなれば、iCloudへの課金か、iTunesにつなげる手動バックアップに戻すかの2択になります。しかし、このどちらも億劫ですよね。

課金するのもなんか嫌だし、かといって手動でiTunesに繋げてバックアップを取ることも気が進みません。

そんな中で急にやってくるのがデバイスの不具合や水没などの事故。復活させようにも、最新のバックアップデータの日付を見て愕然とすることでしょう。 

そんな時、皆さんはどうしますか?諦めて古いデータを復活させますか?それともいっそ割り切って初期状態にしてしまいますか?今回は、このようにバックアップのやり方が簡単になっているからこそ、必見の製品をご紹介します。

Sponsored Links


《製品の特徴》

今回紹介する製品はiMobieが発売しているPhoneRescue

名前からはスマホ全般大丈夫そうな印象ですが、対応しているのはiOSデバイスかAndroidの一方だけですので注意しましょう。今回はiOS版のご紹介をしますがAndroid版でも同様のことが可能ですので是非チェックしてみてください。

まずこの製品、かなり凄いです。従来の復元ツールのようにiTunesやiCloudから復元することはもちろん可能です。

それに加えて、Appleのロゴが永遠表示され続ける“りんごループ”やアップデートの失敗などでiPhoneが起動しなくなった時の修復ツールや、iPhoneのデータを最近の状態に戻してくれる復元ツールを搭載しています。

図1

つまり、先ほど述べたようなバックアップを取っていない状況での事故でも、最近のデータに復元できるという超優れ物です。“iOSからのリカバリー”、“iTunesからのリカバリー”、“iCloudからのリカバリー”、“iOS修復ツール”という各状況に合わせた豊富な機能により、バックアップによるストレスをほとんど無くしてくれるでしょう。

また、驚くべきことにiOS11やmacOS HighSierra(ベータ版)に対応済みなんです。なのでいち早くiOS11を試したはいいけど不具合で戻したいというときは要チェックの製品です。

《メリット・デメリット》

メリットは何と言っても使いやすさと機能の豊富さ。機能がどれだけ豊富でも、使いにくければ使い切ることができず、宝の持ち腐れとなってしまいます。

しかし、この製品は機能ごとに対処できる状況や、その状況に至るまでのシナリオを提示してくれるので、使いやすく、どの機能を使えばいいのか簡単にわかります。

図2

また、設定によりバックアップデータの出力先や出力する拡張子の設定までできてしまうのはかなり便利。自分のパソコンや状況に合わせてバックアップデータを目に見える形で保存できるというのはとても安心ですし、何より管理しやすいので、ただえさえ面倒なバックアップ作業のストレスを大幅に軽減してくれるでしょう。

バックアップの出力フォーマットを変えられるものに通話履歴や連絡先、リマインダーはもちろんのことですが、LINEが含まれているのも大きな利点の一つではないでしょうか。

図3

 ただ、もちろんデメリットというか限界もあります。この復元ツールがバックアップなしの状態でiOSデバイスから復元できるのは連絡先や通話履歴、メモなどの個人データから、写真やビデオなどのメディアファイルというように重要なデータいくつかに限られます。

つまり前のiPhoneが記憶していたゲームなどのデータや予測変換は復元されないということです。

図4

しかし、最近のスマホゲームは運営側がサーバーにバックアップを保存していてくれる場合がほとんどなので、これだけ復元してくれるのであれば十分だと思います。

《操作手順》

では簡単に操作手順をご紹介していきましょう。まず使用しているデバイスとこの製品が入ったパソコンをLightningケーブルでつなげます。

この状態でどの機能を使うか選択し、右下にある矢印をクリックするだけです。“iOSからのリカバリー”を選択すると前述した重要なデータを復元することができます。

 “iTunesからのリカバリー”を選択するとiTunesでとったバックアップから復元することができます。しかも破損したiTunesのバックアップデータからもデータを抽出することができるというから驚きです。

ですが、もしiTunesでバックアップを取ったことがない場合は、他パソコンにあるバックアップデータを製品の入ったパソコンに移して選択してあげる必要があります。ちょっとこれはめんどくさいですよね。

図5

iTunesにバックアップは取ってないけれど、iCloudになら取ってあるという方は “iCloudからのリカバリー”を選択しましょう。iCloudログイン画面が表示されるのでIDとパスコードを入力することで復元することができます。ここでは、iCloudバックアップから必要なコンテンツだけを選択し、それのみをダウンロードすることも可能です。

図6

最後に“iOS修復ツール”を選択してみましょう。すると、まず正常か異常か検知し、このツールを使うべきか否か教えてくれます。

図7

標準モードではデータが全て消えますが、高級モードではデータの復元まで行ってくれます。手順もわかりやすく示されるので全く難なく行えます。

図8

そのほかにも様々な機能がありますが、ほとんど直感的に操作することができるので安心して使うことができます。もしデータが消えてしまった時に、複雑なソフトを使用して戻そうとしても途中で疲れて諦めがち。こんなに使いやすい製品であればそんな心配もありません。これでもう、重要なバックアップデータ紛失の危機に怯えなくていいのです。

《まとめ》

今回ご紹介したこのPhoneRescueの凄さを理解していただけましたか?

他復元ツールはバックアップデータから復元するというiTunesがあればできることしかできないものばかり。

しかし、この製品はそれらはもちろんのこと、データ修復ツールやバックアップ設定も豊富に揃っており、しかもわかりやすく使いやすい。まさにみんなが求めていた最高の復元ツールと言えるでしょう。バックアップで悩んだことがある方は是非一度チェックしてみてください。

 

▶︎PhoneRescueのダウンロード先




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す