Widgetsmithアプリを使っておしゃれなホーム画面を作ろう

『スマホのホーム画面ってアイコンが綺麗に整っていてカッコいいけど、もっとおしゃれにできないのかな?』そんなことを考えたことはありませんか?この記事ではホーム画面におしゃれなウィジェットを追加してくれるWidgetsmithアプリについて解説していきます。

Widgetsmithってアプリでどうやっておしゃれなホーム画面を作るの?

まずは、Widgetsmithをダウンロードする必要があるのですが、現在WidgetsmithはiOS版のみとなっており、 GooglePlayでは見つけることができませんでした。Androidスマホでホーム画面を編集したい場合は類似アプリを探す必要があります。

下記にWidgetsmithの簡単な使い方をまとめました。

Widgetsmithは残念ながら日本語未対応のアプリ

Widgetsmithは残念ながら日本語が非対応となっています。しかし、操作は直感的に行うことができるようになっているため、英語が苦手な方であっても比較的扱いやすいアプリかと思います。日本語が非対応という部分を差し引いたとしても、数多くのおしゃれなウィジェットが用意されたアプリなので、ぜひ試してみてください。

Widgetsmithのアプリ内で使われている英語を日本語で解説

下記にはWidgetsmithアプリでよく使う英単語をまとめてあります。アプリを使用するとき英単語に困ったら、下記を参考にしていただければと思います。

SMALL WIDGETS小サイズのウィジェット
MEDIUM WIDGETS中サイズのウィジェット
LARGE WIDGETS大サイズのウィジェット
Styleスタイル
Aesthetic/Theme美学/テーマ
Customize Themeテーマのカスタマイズ
Artworkアートワーク
Border Colorボーダーの色
Photo Filter写真のフィルター
Selected Photo写真を選ぶ

 

Widgetsmithアプリを使ってウィジェットを置く方法を解説

Widgetsmithのアプリで小さいウィジェットを設定する際の操作方法を元に、ウィジェットを設置くための基本的な使い方を見ていきます。ちなみにウィジェットのサイズ感は下記の通りです。SMALL WIDGETSや、MEDIUM WIDGETSなど、サイズ感の違うウィジェットを組み合わせることで、よりおしゃれなホーム画面を作ることが可能です。

SMALL WIDGETS通常のアイコン4個分
MEDIUM WIDGETS通常のアイコン8個分
LARGE WIDGETS通常のアイコン16個分

[ウィジェットを置くための基本的な使い方]

  1. Widgetsmithアプリを開く
  2.  SMALL、MEDIUM、LARGE を選択する(今回はSMALLを選択)
  3. [Style]から設定したい項目を選択する
  4. [Aesthetic / Theme]からデザインを選択する
  5. [CustomizeTheme]で編集『Border Color / Artwork』
  6. [SelectedPhoto]で設置したい写真を選択
  7. [Photo Filter]で好きなフィルターを選ぶ
  8.   左上の[<Back]で戻って[Save]で保存する
  9.   iPhoneのホーム画面長押しで編集可能な状態として、左上の[.+ ]を押す
  10.   Widgetsmithアプリのアイコンを選択する
  11.   今回はSMALL WIDGETSを追加するので[SMALL WIDGETS]の画面で止める
  12.   画面一番下の、[+ウィジェットを追加]をタップ
  13.   ホーム画面にウィジェットが追加される
  14.   追加したウィジェットを[長押し]→[ウィジェットを編集]で、8で[Save]した写真などを追加編集できる

基本的にはこのような手順となります。登録したいウィジェットをWidgetsmithアプリで作成して保存。その後、iPhoneの編集画面で設定するという流れとなります。一見手順が多いようにも感じますが、一度設定できてしまえば、その後は直感的に操作できるようになるかと思います。ぜひWidgetsmithアプリでウィジェット設定を頑張ってみてください。

【Widgetsmithの使い方】時計

Widgetsmithアプリで時計を配置する方法は下記の通りです。

  1. アプリの編集画面でSMALL、MEDIUM、LARGE を選択
  2. [Style]にて[TIME]の一覧から好きなデザインを選択する

あとの設定方法は、先に記述した[ウィジェットを置く基本的な使い方]と同じのため省略します。時計だけで10種類のデザインが用意されているうえ、カラーリングやフォントの変更も可能なため、数百以上のデザインパターンを楽しむことが可能です。

また、時計のアイコンは、パッと見ただけで時間を確認することができるので、ホーム画面の最初のページに配置して使用するのがおすすめです。

【Widgetsmithの使い方】写真

Widgetsmithアプリで写真を配置する方法は下記の通りです。

  1. アプリの編集画面で、SMALL、MEDIUM、LARGE を選択
  2. [Style]にて[PHOTOS]の一覧から好きなデザインを選択する。

あとの設定方法は同様です。PHOTOSは実に13通りのデザインが用意されています。おしゃれなフォトフレームを選択する事ができるため、自分好みのデザインフレームで写真を配置してみてください。

【Widgetsmithの使い方】カレンダー