質問箱で質問してきた人を特定する方法5選?専用アプリなどまとめ!

質問箱PeingとはTwitterやインスタなどのSNSと連携して匿名でメッセージを送ることができるツール(アプリ・ウェブ)です。しかし、誹謗中傷を送ってくるユーザーもいます。弁護士や警察に相談する必要なく、IPアドレス等から送り主を特定する方法を紹介します。

 

Peingでは基本的に送り主を特定できない

迷惑な質問や誹謗中傷が送られたら誰が送ってきたかは気になります。また、質問の内容によっては、この質問をしているのはどんな人なんだろう?と気になってしまう事もあるでしょう。

結論から言うと…peing 特定できない人 送り主の特定は基本的にできません。しかしいくつかの方法で部分的に特定することは可能です。特定方法はアプリ版、ウェブ版どちらも同じです。

Peingで送り主を特定する方法

ここでは、質問箱Peingでメッセージの送り主を特定する方法、やり方、仕方についていくつか紹介していきます。困ったら参考にしてみてください。

peing 特定する人

本当にIPアドレスやDM等から個人を特定することが可能なのか。どこまで特定できるのか。また、その対策についても紹介していきます。

【Peingで送り主を特定する方法】①アプリから特定する

質問箱Peingで質問の送り主を特定するためだけのアプリも存在し、それを使用する手段があります。

peing 特定アプリ

しかし、残念ながら現在はアプリはどれもサービス停止となっており、新しくアプリをダウンロードして送り主を特定するということはできません。個人情報プライバシーの観点からサービス停止となり、特定することが不可となっています。
質問箱Peingの送り主を探す場合は、過去にインストールしたアプリで特定するか、もしくはアプリを利用せず他の方法を探しましょう。

【Peingで送り主を特定する方法】②IPアドレスから特定する

質問箱Peingでは基本的にIPアドレスが開示されることはありません。しかし、誹謗中傷など悪質な行為を繰り返した場合などは開示されることがあります。
迷惑なメッセージを何度もブロックを繰り返した後に、質問箱Peing運営に連絡することで送り主の
IPアドレスが開示されます。

peing IPアドレス

IPアドレスを使えば住所の特定が可能ですが、実際に個人でやろうと思うと、国や県くらいまでの特定やプロバイダー情報の特定までになります。つまり、IPアドレスを用いて迷惑な質問や誹謗中傷の送り主を特定することは可能ではあるが相当難しくなってしまうということです。

【Peingで送り主を特定する方法】③質問内容から特定する

質問箱Peingでは質問する内容をユーザーが決めて投稿します。ユーザーによって「文章の癖」や「質問内容」に違いがあり、そこから特定できることがあります。

Peing 質問内容

言葉の表現方法や句読点の打ち方による特定。また、文章中に学校名や職場などが書かれていた場合には容易に特定できることもあります。

確実に特定できるものではありませんが、質問する際は出来るだけ個人が予測できるような文章の作成は控えるようにしましょう。

【Peingで送り主を特定する方法】④DMから特定する

質問箱PeingにはDM(ダイレクトメッセージ)を送ることのできる機能があります(月額利用料金がかかります)。

Peing DM

この機能は通常の質問とは異なり、質問箱を開設している特定のユーザー個人に対して、匿名のメッセージを送ることが可能です。もちろん匿名のため、誰から来たメッセージか分かりませんが、繰り返し質疑応答をしているうちに「文章の癖」や「質問内容」から相手がどのような人物かを推測することは可能です。

【Peingで送り主を特定する方法】⑤Twiiterのフォロワーから特定する

質問箱Peingのリンクはフォローしていなくても飛ぶことが出来ます。しかし、アカウントに鍵がかかっている場合はプロフィールのリンクから飛ぶことは可能ですが投稿を見ることが出来ません。なので投稿にPeingのリンクがある場合はフォロー外から質問することが出来ないです。

Peing フォロワー

つまりフォロワーの誰かからの質問であることが分かり、そこから特定できることがあります。

 

迷惑な質問の対処方法

これまでは個人で送り主を特定する方法を紹介してきました。しかし、個人ではもはやどうしようもないと精神的に追い詰められてしまう事もあるかもしれません。

peing 迷惑な質問

ここでは、そういった人に向けた対処法を紹介します。一人で抱え込まず、誰かに相談する等して、対処するようにしましょう。

【迷惑な質問の対処方法】①Peingでブロックして対処

質問箱Peingにはブロック(特定のユーザーからのメッセージを受け取らないようにする)機能が存在します。

peing ブロック

しかし、特定のアカウントやユーザーをブロックというわけではなく、IPアドレス単位でのブロックとなります。なので同じIPアドレスを持っている近辺の人々、友人や家族もブロックしてしまうというデメリットが存在します。また、一度ブロックすると解除できなくなるので、よく確認してからブロックするようにしましょう。

【迷惑な質問の対処方法】②警察相談窓口専用ダイヤルで対処する

送られてきた内容があまりにもひどい内容だった場合には、警察相談窓口に相談することも一つの手です。警察であれば誹謗中傷の送り主のIPアドレスを調べ、個人情報を特定できるかもしれません。

peing 相談窓口

質問箱Peingには警察相談専用ダイヤル(#9110)の表記があるので、悩んでいる方は一度相談してみましょう。他の解決法を教えてくれるかもしれません。

Peingで誹謗中傷を受けたら

質問箱Peingでは匿名でメッセージを送れるため、迷惑な質問の他にも誹謗中傷を送ることも可能です。

peing 誹謗中傷

しかし残念ながら、Peingでの誹謗中傷は名誉棄損や侮辱罪にはなりません。なぜなら名誉棄損や侮辱罪は共に公然性が必要だからです。質問箱Peingの質問は箱の設置者しか基本的に閲覧できず、不特定多数の前で名誉棄損、侮辱しているとは言えません。ここではこういった事例の対処法を紹介します。

【Peingで誹謗中傷を受けたら】①運営に利用停止や情報開示請求を行う

質問箱Peingの利用規約では、本人または代理人から個人情報の開示や訂正、利用停止があった場合、速やかに対処すると明示しています。また、プライバシーポリシー第7条「個人情報の開示・訂正・利用停止」においても(support@peing.net)で個人情報の開示・訂正・利用停止の請求は受け付けると明記しています。

誹謗中傷に困った際には一度、運営に連絡してみましょう。

【Peingで誹謗中傷を受けたら】②弁護士に相談する

先述した通り、誹謗中傷は名誉棄損や侮辱罪にはなりません。しかし、度重なる誹謗中傷の結果、精神が疲弊し病院に通うことになった等のケースでは、違法行為に基づく損害賠償請求も可能です。個人で利用停止を求めても応じてもらえない場合には、弁護士に相談して、代理をお願いしましょう。

peing 弁護士

弁護士が代理に立つことで迷惑な質問や誹謗中傷の送り主にプレッシャーを与えることも可能です。

【Peingで誹謗中傷を受けたら】③脅迫行為は警察へ通報する

質問箱Peingでは「度を超えた誹謗中傷や何らかの犯罪に結びつく行為」については、警察や捜査機関を頼るようにと明記しています。脅迫罪が成立するようなメッセージが送られた際には、警察に通報することも検討してみましょう。Peingは警察からの協力要請については積極的に応じるようです。脅迫だと感じたメッセージを受け取った際には、迷わず警察に相談するようにしましょう。

peing 脅迫 警察

実際にアプリやサイトでPeingを使ってみる

ここでは実際に質問箱Peingの利用法を紹介していきます。ここではウェブ版を紹介します。ウェブ版で登録しておけば、アプリ版でも容易にPeingを使用することができます(アプリ版を使用するには専用アプリのインストールが必要です。アプリのインストール方法はiOS、Androidで変わります)。

peing アプリ サイト

実際にPeingを使ってみたいけど始め方や使い方に困っている人、難しそうと考えている人は必見です。

【Peingの使い方】①質問する側

質問する側はPeingへの登録やログインは不要です。質問したい方のURL(https://peing.net/…)にアクセスして、質問内容を記入し、「質問を送る」をタップすれば質問を送ることができます。

peing 登録

自分が気になることや面白い質問をして、いろいろな人とコミュニティを広げていきましょう。

もちろん迷惑な質問や誹謗中傷等、人を悲しませるようなメッセージは送らないようにしましょう。

【Peingの使い方】②質問を募集する側

質問をする側に比べて、質問を募集するにはいくつか手順が必要です。とはいっても、登録までの手順はとても簡単なのでぜひ一度、このページを参考にして利用してみてください。友達や家族はもちろん、有名人から色々な質問が来ることもあるかもしれません。

Peing登録までの流れ

1.PiengのURL(https://peing.net/) にアクセスします。すると以下の画面が表示されます。

2.Twitterと連携して使う場合には、「Twitterで登録/ログイン」をタップして、 Twitterのユーザー名とパスワードを入力し、ログインします。インスタグラムと連携して使う際のやり方も同様です。

Twitterやインスタグラムと連携して使わない場合は、「PeingIDで登録する」をタップし、任意のIDとパスワードで新規登録をします。

3.これで登録は完了です!質問箱Peingを始めましょう!

質問の募集、確認までの流れ

1.無事に登録が済んだら次は質問の募集です。以下の画面左下にある家のマークをタップするとユーザーページが表示されます。

2.ユーザーページ(以下の画面)にあるTweetボタンをタップします。するとTwitterのツイート画面に移動します。

3.画面に出ているURL「https://peing.net/○◯○」があなたの質問箱のURLです。ツイートして質問を募集しましょう。

4.受信したメッセージはユーザーページの画面左下から2番目にある箱のマークをタップすれば確認できます。

受信した質問への返答までの流れ

質問箱から返答したい質問を選んでタップすると回答できます。回答は100文字まで入力可能です。回答方法には「回答する(画像)」、「回答する(リンク)」の2種類があります。

「回答する(画像)」をタップすると質問が以下のように画像として投稿されます。

「回答する(リンク)」をタップするとリンク投稿になります。ツイート一覧のメディア欄を画像で埋め尽くしたくない人にはこちらが便利です。

ユーザーページの編集方法

ユーザーページの画面右下にある歯車マークをタップすると、以下のような設定画面が表示されます。

ここでは「表示名」、「ID」、「アイコン」、「パスワード」、「プロフィール」などのユーザーの登録内容を編集できます。また、Twitterやインスタグラム等SNSとの連携やPering退会もこのページで行うことができます。覚えておくと便利です。

まとめ

今回の記事では、質問箱Peingにおけるユーザーの特定方法から対処法、Peingの使い方について紹介してきました。この記事がPeingを使うときに役立てれば幸いです。

 

Peingでは普段会えない人や気になる人に質問することができます。色々な人と関わるには最適の場と言えるでしょう。

色々な人からの回答からその人の好みや考え方が伝わってくると、自分が質問者でなくてもつい見てしまいます。使い方には気を付けて楽しく使っていきましょう。