SMSinfoの詐欺メールにご注意!アマゾンを装った詐欺メールも

「SMSinfo」という発信元から、不審なメッセージが届いたら、慌てて連絡などしないようにしましょう。アマゾンジャパンなどの業者になりすました悪質業者の詐欺メールという可能性が高いからです。今回はsmsinfoの詐欺メールの内容と対処方法を確認していくことにします。

送信元「0369127894」からのSMSinfo詐欺メールにご注意!

発信元「0369237894」から「ご利用料金のお支払い確認が取れておりません。本日中にご連絡ください。 (0369127894)」このような不信なメッセージが送られてくることがあります。このようなメッセージは「SMSinfo」からの詐欺メールと思われます。

他にもある!?こんな送信元からのSMSinfoには気をつけて

携帯電話やスマートフォンの普及で、eメールやショートメールサービスを悪用した架空請求の被害が増え続けています。事前に知っておけば、トラブルを未然に防ぐこともできるでしょう。次は電話番号や、メッセージの内容や、どんな名前を使用しているのかなども含めて確認していきます。

①[送信元]0367090044

発信元「0367090044」から「解約及び退会の手続きが今現在確認とれておりません。手続きが移行しますので、必ず本日中にご連絡下さい。DMM(0367090044)」。このほかに「有料動画の精算確認が取れておりません。本日ご連絡なき場合、手続きに移行致します。必ず連絡を下さい。DMM (0367090044)」なども送られてきているようです。実在する会社や団体を名乗り、当日中の連絡を促していて、大変悪質だと思われます。

②[送信元]0527475030

発信元「0527475030」からは、「コンテンツ利用料金の精算確認が取れていません。本日中にご連絡なき場合は手続きに移行します。窓口(0527475030)」その他に「お支払い期限を経過しましたが、利用料金のご入金が確認できません。本日中にご連絡ください。窓口(0527475030)」などのメッセージも送ってくるようです。やはり人の不安をあおり、折り返しの連絡を促すメッセージになっています。

③[送信元]0456054981

発送元「0456054981」からは「料金の未納が発生しております。本日ご連絡なき場合、手続きに移行致します。窓口(0456054981)」このメッセージのほかに「SMSinfo お支払い期限を過ぎましたが、ご利用料金のご入金が確認できておりません。本日中にご連絡ください。045-605-4981」なども届いているようです。何の料金なのか、金額がいくらかも記載がありません。誰でもうっかりすることはありますので、「もしかしたら」と、人の不安を煽ってくる内容です。

アマゾンジャパン窓口のSMSinfoは100%詐欺メール

「コンテンツ利用料金の精算確認が取れません。本日ご連絡なく場合、法的手続きに移行致します。アマゾンジャパン窓口(03 0359620554)」もしくは「アマゾンジャパン(株)」(0363640920)からのSMSメッセージは、100%詐欺メールと考えられます。なぜなら通常「Amazon co.jp」からの連絡は、自分で登録したeメールアドレスに送信されているからです。その他にもサイト内の「アカウントサービス」に「メッセージセンター」という項目があり、そちらでも連絡事項を確認可能です。

アマゾンジャパン公式の電話番号はこちら

Amazon co.jpカスタマーサービスのフリーダイヤルは「0120-899-543 」(2020年9月1日更新)です。そしてヘルプ&カスタマーの項目には、正式な「Amazon co.jp」の送信情報である電話番号やドメインの掲載もあります。やはり「SMSinfo」のドメインも「03」から始まる番号もありませんでした。こちらを確認すると「SMSinfo」からのメッセージは、正式なものではないとはっきり判断ができると思います。

「Amazon co.jp」のヘルプ&カスタマーには、これまでの報告されている詐欺の手口やその対策などが記載されています。また、「Amazon co.jp」では、アカウント情報の開示を求めることはなく、なりすましのメールに記載のある指定の連絡先(電話番号、URLなど)には返信しないよう注意喚起の記載がありました。「SMSinfo」からのメッセージには何もしない、というのが正解のようです。

現在「Amazon co. jp」では、フィッシングやなりすましに関して、真剣に取り組んでいるようです。詐欺メールや迷惑メールを受取った場合、専用メールアドレス宛まで報告をする窓口もあるようです。「フィッシングまたはなりすましメールを報告する」というページには、各携帯電話会社にも迷惑メール対策の申告窓口があるとの記載もありました。また東京都の情報サイト「東京くらしWEB」にも「アマゾン」を名乗る架空請求事業者に注意しよう!~「未払料金があり法的手続きに移行する」とのSMSを送り付けています~」というページがあり、注意喚起しています。参考にしてください。