未分類

The Sandboxの税金はどうなる?利益計算や確定申告を解説

The SandboxなどのNFTゲームをプレイしているとSANDの取引などで利益が発生する場合があります。つまり税金を払う必要があり、納税を怠ると犯罪となってしまいます。The Sandboxでの利益計算方法や確定申告、税金について学んでいきましょう。

NFTの損益計算の方法は?

The SandboxをプレイしてNFT取引をした際は、一年間の損益計算を行い、確定申告をする必要があります。つまり税金が発生するのです。

損益計算とは、年間の利益額や損失額を計算することで、NFTや暗号通貨ではまだ法整備や体制が整っていないためこれらは自分でするしかありません。

使用している暗号通貨の取引所などの取引履歴を残してく必要があります。損益計算のために記録しなければならない情報は、

  • 売買を行った日時
  • 売買を行ったNFT
  • 売買を行った暗号通貨の銘柄
  • NFTゲーム内などで獲得した報酬などの数量
  • 取引手数料

です。これを雑所得となるようにして計算してください。計算をしっかりとしないと国税局は必ず税金を取りにやってきます。追納の税額は非常に高いため絶対に納税をしましょう。

SANDを取引した日付や価格の確認方法

  1. まずはSANDを入れているメタマスクにログインしましょう。
  2. View Account on Etherscanをクリックします。
  3. EtherscanのTokenに金額が書いてあるのでそこをクリックします。
  4. SANDの取引履歴を見ることができます。

ここでメモしておくことは、Txn Hash、method、age、from、to、quantityとありますが、ageとquantityをメモしておきましょう。

SANDを受け取った時の利益の計算方法は?

SANDを取引した日付であるageと取引量であるquantityを目もできたら、実際にその日時でのSANDの価格がどうだったのかを調べましょう。

coinmarketcapのThe Sandboxのページから過去の履歴データが見れるのでそちらから見てみます。

The Sandbox(SAND)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

利益の計算方法は、

  • (利益) = (SANDを受け取ったときの取引額) * (取引量(quantity))

となります。

SANDを売った時の利益の計算方法は?

SANDはを安いときに入手し、高いときに売った時は当然利益が発生しますよね。SANDを売った時の利益の計算方法は、

  • (利益) = {(SANDを売ったときの取引額) -(SANDを買ったときの取引額)} * (取引量(quantity))

となります。

そうしてThe Sandboxで得た利益から各経費を引いた額が所得となり、そこから納税額が決定します。

他の人にSANDを贈った時の税金は?

一緒にThe Sandboxをプレイしている友達などにSANDを送った場合の税金の計算方法はどうなるのでしょうか?

このときの税金は、贈与税という税金がかかります。贈与税は1年間で110万円のこうじょがあるので、これ以上の価値のSANDを送った時に税金が発生します。

贈与税を支払う義務があるのはあくまでSANDを送られた側なので大量のSANDを贈った際には注意喚起をしておきましょうね。

【もっと詳しく!】NFTにかかる税金は?

NFTは暗号通貨と違って2022年現在特別な税務上の取り扱いについての決まりはありません。高額の税金を支払う必要がある際などは、素人の勝手な判断では難しいため税理士やお近くの税務署で相談しましょう。

次のページへ >