未分類

【Qoo10】安全性に関する取り組みまとめ!メリットも紹介

人気の通販サイト「Qoo10」。Qoo10は商品の価格が安いことで非常に注目をされていますが、安すぎて安全性に関して気になるユーザーも多くいます。この記事では、Qoo10が取り組んでいる安全性に関することやメリット/デメリットなどを紹介していきます。

Qoo10運営の安全性に関する取り組み

ではまず、Qoo10の運営が取り組んでいる6つの安全性について紹介をしていきます。コロナ禍になったことで以前に増してネット通販を利用が増えました。他のネット通販サイトでも取り組んでいるような内容ですが、Qoo10が取り組んでいる安全性について紹介していきます。

取り組み②偽物を販売させないための仕組み「Qsafeプログラム」

Qoo10では偽物を販売させないための仕組みとして「Qsafeプログラム」が用意されています。ブランドの権利者がサイトをパトロールした際に偽物を販売しているショップを見つけたら知的財産を侵害していることを運営に申告できる仕組みです。

無料の動画配信サイトに著作権で保護されているコンテンツが違法アップロードされた場合の親告罪のような仕組みです。ただ、Qsafeプログラムがあっても現状として偽物が販売されている場合もあるので注意しましょう。

取り組み③安全に取引するための仕組み「エクスローサービス」

Qoo10では取引をする際に第三者が間に入る「エクスローサービス」を採用しています。ユーザー側が料金を支払わずに逃げたり、逆にショップ側が料金の支払いが完了しているのに商品を発送しないといった詐欺のようなことを防ぐための安全性に関する取り組みです。

取り組み④不正な取引を取り締まり「安全取引センター」

Qoo10では不正な取引をさせないために「安全取引センター」を設置しています。偽物を販売したり、取り扱いをしてはいけない商品の取り扱いがあるショップを見つけた場合に通報することができるため、ユーザーにとっては安全にショッピングをすることができる仕組みです。

取り組み⑤取引上でのトラブル時には返品/返金対応が可能

当然のことではありますが、偽物や詐欺などのトラブルに巻き込まれた場合、返品や返金などの対応が可能です。基本的には商品を購入したショップへの問い合わせで返品や返金です。

ただ、悪徳ショップの場合問い合わせても対応してもらえない場合があります。その場合はQoo10のカスタマーセンターへ問い合わせが可能なので安全に利用できます。

取り組み⑥Qoo10運営によるサイトパトロール

次のページへ >