ランニングライフのトータルサポートアプリ「Runmetrix」を紹介

ランニングアプリ「Runmetrix」は、モーションセンサーやApple Watchとの連携機能も充実し、パーソナルコーチとして自分に合ったプログラムやアドバイスを提示してくれます。ランニングレベルやモチベーション向上をトータルサポートしてくれるアプリです。

「Runmetrix」の概要

Runmetrix(ランメトリックス)」は、ランナー向けパーソナルコーチングアプリです。カシオ計算機株式会社(以下カシオ計算機)のセンシング技術と株式会社アシックス(以下アシックス)のスポーツ工学の知見を集結し共創事業としてリリースされました。ランナーひとりひとりのレベルや目的に合わせ、ランニングライフをトータルサポートしてくれる無料のスマートフォンアプリです。

    「Runmetrix」でできること

    「Runmetrix」では、ランニング距離、軌跡の計測と管理、それぞれの目的に合わせ練習プログラムが作成可能です。それに加え、別売りのモーションセンサー(CMT-S20R-AS)を腰に装着し走行することで、これまで設備の整った施設でのみ計測可能だった科学的データを、いつでも手軽に計測できるようになります。

    モーションセンサーで、ランニングフォームを分析

    モーションセンサーには、前後方向や左右方向、上下方向といった直線的な運動量を計測する加速度センサーと、物体の回転する速さの割合を計測する角加速度センサーが搭載されており、AI技術を活用しながら身体の動きに応じた特徴量を検出することでランニングにおける接地や離地といった動作のタイミングと、移動量、角度変化からランニングフォームを特徴づける指標を算出しています。

    パーソナルな改善アドバイスで、モチベーションの向上へ

    計測指標をもとに、ランニングフォームのスコアチャート、3Dアニメーションの他、モチベーション維持や向上のための様々なコンテンツが用意されています。

    • ランニングプログラム
    • 本日のメニュー
    • 統計データ
    • ルート表示
    • ペース分析など

    またランナーひとりひとりのレベルや目的に合わせ

    • より速く走りたい
    • 長い距離を走れるようになりたい
    • もっと楽に走りたい
    • 健康のために走りたい

    このようなさまざまなニーズに対応したアドバイスを提供します。

    モーションセンサーとApple Watchの連携も可能

    モーションセンサーをApple Watchでコントロールできる専用アプリ「Runmetrix Watch」で連携可能です。計測開始や停止の手元操作や設定が可能となり、利便性が向上。またリアルタイムでランニングの計測データを確認できるため、フォーム改善も意識しやすく、ピッチやストライド、心拍数などその日の調子に合わせてランニングができます。

    注意:watchOS 6.0以降がインストールされたApple Watch Series 2以降またはApple Watch SEに対応。

    「Runmetrix Watch」AppStore ダウンロードはこちらから

    その他「Runmetrix専用対応モデルの“G-SHOCK”「GSR-H1000AS」や、画像左のカシオ製のWear OS by Google搭載スマートウォッチもモーションセンサーとの連携機能が充実しています。

    アプリ開発の経緯

    今回の取材では、カシオ計算機のご担当者よりアプリ開発の経緯をうかがいましたので、ご紹介いたします。

    2012年頃からカシオ計算機では、「身体の動きの可視化」を目指した研究をスタートされました。特に愛好家も多く、スポーツの基本動作でもある「ランニング」に着目。しかし研究開発の進行中に「一般ランナーにいかに利用してもらうか」ということが課題となりました。身体の可視化が実現しても、この技術が広い市場に受け入れられるためには必要不可欠な条件だったのです。

    このような経緯があり、スポーツ工学の知見を基に的確でより具体的なアドバイス提供が可能な、大手スポーツメーカー・アシックスに共創事業の依頼をし、「Runmetrix」が開発されました。

    第2弾「Walkmetrix」をリリース

    2021年10月1日には、アシックスとの共創事業第2弾として、ウォーキング用アプリ「Walkmetrix(ウォークメトリックス)」をリリース。

    この「Walkmetrix」は、アシックス推奨のウォーキング理論「ファストウォーキング」に基づいた「量より質」重視のウォーキングをサポートします。より運動効果の高いウォーキングの実践とユーザーの目的に沿ったプログラムの他、ウォーキング計測機能やさまざまなコンテンツが搭載されています。

    運動を始めたいけれど「ランニングはハードルが高い」という方も、ウォーキングから始めてみるのもひとつの方法です。今後は健康な身体作りのためにも、効率よく質の良いウォーキングが、さらに注目されるのではないでしょうか。

    まとめ