【初心者】Notion(ノーション)の使い方を全般的に解説

オールインワンワークスペースとして有名なNotion(ノーション)。

Notion(ノーション)を利用すれば、メモやタスクなどを利用することができます。

そこで今回はNotion(ノーション)の使い方を全般的に解説していきます。

Notion(ノーション)はメモ、タスクなどのオールインワンワークスペース

まずはNotion(ノーション)について見ていきます。

Notion(ノーション)のコンセプトとして「All-in-one workspace」としています。

これはNotion(ノーション)内で

  • メモ
  • タスク管理
  • ガントチャート
  • 社内情報
  • カレンダー
  • スプレッドシート
  • wiki

などを作成することができます。

そのためNotion(ノーション)を利用すれば複数のアプリでわざわざ管理していたものを一元管理することができます。

今までであれば

  • タスク管理 : Asana , Trello
  • メモ : Evernote

などで管理をしている人も多かったと思います。

アプリを切り替える必要が無くなるため、Notion(ノーション)の有用性はどんどん向上しています。

特に

Notionの機能類似ツール
メモ・ドキュメントGoogle ドキュメント、Evernote
カンバンボード・テーブルAsana、Trello、Jira
チームWikiConfluence、GitHub、その他CRMツール

などの代替機能が凝縮されています。

Notion(ノーション)の特徴

ではNotion(ノーション)の特徴をご紹介していきます。

メモやタスク、データベースなどの多機能性

まずNotion(ノーション)の使い方を簡単にしているのはメモやタスク、データベースなどの多機能性。

Notion(ノーション)は一元管理ツールといっても過言ではないくらい多機能性に富んでいます。

特にNotion(ノーション)には

  • 情報管理
  • Webクリップ
  • メモ帳
  • 情報の検索
  • ショートカット
  • データベースの管理

などを一元管理することができます。

今までNotion(ノーション)以上の機能性を持ったツールが出てこず、困っている人が多くいました。

特に様々なツールを併用して管理していた人からすればNotion(ノーション)は素晴らしいツールなのではないでしょうか。

UIデザイン

次のNotion(ノーション)の使い方を簡単にしているのはUIデザイン。

UIデザインとはソフトウェアやハードウェアの総称。

つまりUIデザインが良ければよいほどPCの利便性が向上すると覚えておきましょう。

このUIデザインがNotion(ノーション)はかなり優れていると評判です。

特にUIデザインがごちゃごちゃしておらずシンプルな設計になっており、余計な機能がありません。

初心者でも自由にNotion(ノーション)を使いこなせるようになっています。

モバイルツールとの連携

次のNotion(ノーション)の使い方を簡単にしているのはモバイルツールとの連携。

実はNotion(ノーション)はPC専用のツールだと思われがちですが

  • AndroidOS
  • iOS

などにも対応しています。

そのためPCが無くてもAndroidかiPhoneがあればNotion(ノーション)を管理することができます。

開発スピードと修正の速さ

次のNotion(ノーション)の使い方を簡単にしているのは開発スピードと修正の速さ。

Notion(ノーション)は新しい機能の搭載や修正のスピードがとんでもなく速いです。

Notion(ノーション)以外でも一元管理ツールはたくさん登場していますが、スピード感においてはNotion(ノーション)に劣ります。

さらにNotion(ノーション)は常にツールの使いやすさを追求して、修正と開発を繰り返しています。

CMS

関連する記事