RAZERSYNAPSEのインストール・アカウント作成・起動方法

「RAZERのマウスやキーボードのカスタマイズを行いたい」そのような方はRAZER SYNAPSEの導入がおすすめ。マクロ機能やライティング、さらにはAlexaとの連携まで設定可能です。本記事では、RAZER SYNAPSEの使い方を解説していきます。

RAZER SYNAPSEの概要

まずはRAZER SYNAPSEがどのような機能を持っているの確認しておきましょう。RAZEZR SYNAPSEというのは簡単に言うとクラウド上で様々な機器設定を管理できるソフトウェアのことです。それではRAZER SYNAPSEが持つ魅力的な機能たちを紹介していきます。

1.高度なマクロ機能

RAZER SYNAPSEは高度なマクロ機能を搭載しています。マクロ機能というのは1つのキーに対して複数のボタンの入力を可能にする機能のことで、複雑な操作が必要なゲームでは必須ともいえる機能でしょう。RAZER SYNAPSEのマクロ機能はキー割り当ても簡単に行うことができるので、初心者ゲーマーにもおすすめです。

2.Razer Hypershift

Razer Hypershiftはキーボード上にある各ボタンにもうひとつの機能を持たせる機能です。使い方は簡単でキーボード上にあるキーをひとつ選び、長押しするだけ。キーの数が限られているキーボードで真価を発揮する機能となっています。

3.内臓メモリとクラウドのハイブリッドストレージ

RAZER SYNAPSEは内蔵メモリとクラウドの2つを上手く融合させたハイブリッドストレージとなっています。クラウドにはRazerのアカウントと結びつけられた各プロファイルが全て保存され、内蔵メモリには4つまでプロファイルを保存可能です。

4.Razer Chroma™ RGB

4.Razer Chroma™ RGBは、各デバイスの光の強さや輝き方などを調整することができるRazer独自の機能を指します。自分自身で各デバイスのライティング効果を設定することで、自分好みの空間を作成可能。より自分の好きなゲームの世界に入り込めます。

5.Philips Hue

RAZER SYNAPSEを「Philips Hue」機能と連携させることも可能。お使いのHueライトがRAZER SYNAPSEとシームレスに対応することで、部屋の一体感が高まります。ライティング効果も自由にカスタマイズできるため飽きることがなく、同じデバイスを長い間使うことができるでしょう。

6.Amazon Alexa

RAZER SYNAPSEは「Amazon」が提供しているAIサービス「Alex」にも対応。音声を使ったコントロールによって様々な機能を使うことができます。両手がふさがっていることの多いゲームプレイ中にも操作がしやすく、とても便利な機能です。