未分類

dマガジンと楽天マガジンの違いは?比較して徹底解説

2022年7月20日

雑誌読み放題サービスは定額でいつでもどこでも登録されている雑誌が読み放題となり、ファッションやエンターテインメントに興味のある方には便利です。本記事ではその双璧のdマガジンと楽天マガジンについて、プランや料金、機能などを詳しく比較しました。

dマガジンと楽天マガジンを比較!

定額で電子化された雑誌が読み放題となるサービスが雑誌サブスクとよばれるものです。ファッションやミュージック、映画などに興味のある方の場合、何冊も関連する雑誌を購入することもあるかもしれません。雑誌サブスクであれば定額が何冊でも読めるのでかなりお得になります。

雑誌サブスクといっても、さまざまなものがあります。dマガジンと楽天マガジンが双璧ですが、そのほかにも、以下のようなものがあります。

ブック放題:ソフトバンク系列の雑誌サブスク。読み放題は700誌以上。また、マンガもメジャーなものは少ないながら読み放題。

ブックパス:総合コース(月額618円)とマガジンコース(月額418円)があり、総合コースは、300誌以上の雑誌、読み放題は約1万8000冊(含むコミック)。KDDI系の雑誌サブスクです。

Kindle Unlimited:Amazonの提供する雑誌サブスク。和書が12万冊以上、洋書が120万冊以上の品揃え。Kindleアプリで読むことになります。

そのほか、U-NextやFODマガジンなどの動画配信サービスが運営するものも。

雑誌サブスクとしては、dマガジンと楽天マガジンが人気の点でもユーザー数でも双璧で、初めても方はいずれかを選んでみるとよいでしょう。しかし、いざ選ぼうとすると、どちらを選べばよいかで迷ってしまうかもしれません。

以下では、dマガジンと楽天マガジンについてくわしく比較します。雑誌サブスク選択の参考にしてみてください。

取り扱い雑誌で比較

以下に雑誌数に関する比較表を示します。

項目dマガジン楽天マガジン
雑誌・書籍の数1000以上1000以上
雑誌のジャンルファッション誌、スポーツ関連雑誌、ムック本車・モータースポーツ関連、声優関連、海外雑誌
配信日紙媒体の発売日・それ以前紙媒体の発売日と同じ

取り扱い雑誌数を比較してみると、dマガジン・楽天マガジンともに1000誌以上となっており、大きな差はありません。内訳をみると、dマガジンでは増刊号やムックがかなりの割合を占めています。定期刊行雑誌数では楽天マガジンの方が多いようです。

雑誌のジャンルや種類には違いがあります。dマガジンはファッション誌・スポーツ関連雑誌・ムック本が中心。楽天マガジンはモーター関連・声優関連・海外雑誌が中心です。また、dマガジンは楽天マガジンと比較して掲載する広告が少ないこと、別冊付録も読めることがポイントです。

よく雑誌を見たり調べたりする方は、お気に入りの雑誌が読めるかをチェックしておきましょう。また、調べものなどが中心であれば雑誌数が多い方が便利です。

バックナンバーについて

最新の情報を得るには新刊を見るのがよく、以下に新刊が早くリリースされるかはポイントですが、検索などで情報を得たい場合はバックナンバーをどれだけ自由に見れるかも重要です。

バックナンバーにつては以前はdマガジンが充実していたと追われましが、現在は、dマガジン、楽天マガジンともにバックナンバーを見ることもでき、その数などにあまり違いはないようです。

よく見る雑誌やお気に入りの雑誌で、閲覧可能なバックナンバー数を比較したり、可読ページの充実ぶりをチェックしてみるとよいでしょう。

dマガジンと楽天マガジンの機能の違いは?

以下に、dマガジンと楽天マガジンの機能の比較表を示します。また比較内容については詳しく説明します。

項目dマガジン楽天マガジン
対応端末数dブックと合計で10台までアプリ5台、ブラウザ2台
履歴の共有端末間で履歴共有化不可端末間で履歴共有化可能
オフラインでの利用可能
支払い方法ドコモ決済、クレカ、dポイントクレカ、楽天ポイント
ダウンロード記事単位雑誌単位
検索記事単位で可能ムック本を検索可能
カスタマイズ不可表示ジャンルの選択可
保存しおりふせん

複数端末対応台数

dマガジンは、1つのアカウントで10台まで登録可能です。ただし、dブックとの合計でカウントされます。また、ブラウザ版は1台のみ利用可能で、ブラウザ版を2台で同時に利用すること不可です。

楽天マガジンは、アプリ版5台とブラウザ版2台の計7台の同時利用が可能です。

履歴共有

dマガジンでは端末間で履歴は共有されませんので、読みかけの記事を別の端末で続けて読むということはできません。一方、自分がどんな記事に興味があるのか、どんな記事を読んでいるのかを他人に知られる恐れはなく、プライバシーが気になる方には安心です。

一方、楽天マガジンでは端末間で履歴が共有されるので、自宅と外出先などで異なる端末を使って続きから読みたい方には便利です。

オフライン利用

オフラインで記事を読みたい場合は、dマガジン・楽天マガジンともに、あらかじめ記事を端末にダウンロードしておけば可能です。

決済方法

支払い時の決済方法としては、dマガジンは、携帯電話の支払いに使うドコモ決済、クレジットカード、dポイントのいずれかとなります。デビットカードやプリペイドカードは使えないと考えておいた方が無難です。

楽天マガジンは、クレジットカードまたは楽天ポイントでの支払いとなります。また、デビットカードにも対応しています。ただし、プリペイドカードは使えません。

ダウンロード

ダウンロード機能ではダウンロードするデータの単位に違いがあります。楽天マガジンでは雑誌単位にしかダウンロードできませんが、dマガジンでは記事単位で細かくダウンロードできます。

テーマに沿ってさまざまな雑誌から記事をぴくアップしたい方には、毎回雑誌単位という重たいダウンロードをしなくて済むdマガジンが便利でしょう。

検索機能

dマガジンの検索機能としてはかんたん検索、楽天マガジンでは検索という機能名があります。

検索結果は、dマガジンではテーマやジャンルごとにまとまって表示されます。一方、楽天マガジンの画面表示では、新着順、人気順、雑誌名順など雑誌を探しやすい並びで表示してくれます。

画面のカスタマイズ

画面をカスタマイズできるかですが、dマガジンでは、自分の端末のホーム画面をカスタマイズすることはできません。そのため、好みがはっきりしている方には操作が手間と感じるケースがあるかもしれません。

楽天マガジンは、ホーム画面に表示されるジャンルを自分でカスタマイズできるので便利です。

保存機能

dマガジン・楽天マガジンともに、読み終わった個所にしおりを挟んで保存することが可能です。次に画面を開いて、読みかけの個所から再開することができるのです。

dマガジン・楽天マガジンに関する疑問

dマガジン・楽天マガジンなどの雑誌サブスクに関して、みんなが抱くおもな疑問について説明します。

電子雑誌のスクショは違法?

雑誌サブスクでは雑誌の読み放題は可能であり、記事の表示された画面のスクリーンショットを保存することは違法ではないと考えられています。dマガジンや楽天マガジンがスクショを合法な行為と認めているというわけではないのですが、一般的な法律の解釈としてスクショを保存することで違法性を問われることはないのです。

また、雑誌サブスクのスマホアプリではクリッピングという機能があります。クリッピング機能では、記事単位で雑誌を保存でき配信終了後も読むことができるというものです。このクリッピング機能で記事を保存しても違法性を問われることはありません。

ジャニーズの写真が見られない?

ジャニーズ系のアイドルを掲載した雑誌はさまざまあります。これらの雑誌を都度購入していればあっという間に数千円の出費となってしまいます。楽天マガジンではこうしたジャニーズ系のアイドルを掲載した雑誌も配信しているのです。

ところが、こうした配信雑誌ではジャニーズ系のアイドルの写真はカットされていて見れないといううわさがありましたが、基本的にはアイドル誌の写真や文章も見ることができます。

写真や文章がカットされている雑誌もありますが、Myojo・WiNK UP・Duet・POTATOや
週刊誌系のグラビアなどは紙と同じように見ることができます。

週刊誌のグラビアなど紙媒体との違いはある?

雑誌サブスクで読める雑誌の内容は紙媒体と全く同じなのでしょうか。結論から言うと、紙媒体のものとは内容が異なっています。これはデータ化する際に著作権やセキュリティなど複雑な問題が絡むためデータ化できない箇所があるのです。

グラビアページが削除されていたり、過度に刺激的な表現のものもカットされています。すでに説明したようにジャニーズ系アイドルの写真や文章が削除されているばあいがあるというのもこのケースに該当するからです。

まとめ

dマガジン・楽天マガジンのような雑誌サブスクは定額で電子化された雑誌が読み放題となるので、ファッションや音楽・映画、アイドルなどに興味のある方にはかなりお得なサービスとなります。スマホで見れるので、いつでもどこでも読めるのも便利。

本記事では、雑誌サブスクとして人気のdマガジンと楽天マガジンを徹底比較しました。どちらも1000誌以上をカバーしており、読みたい雑誌はどちらを選んでも読めるでしょう。

本記事を参考に自分の使い方に合った方を選んでみてください。これから選ぶのであれば、実際に無料お試しを申し込んで使い勝手をチェックするのもよいでしょう。