後悔?AndroidからiPhoneへ移行するメリットは?

androidからiphoneへ機種変更した際にデータ移行が上手くできず後悔することがあります。またandroidからiphoneへ機種変することはメリットもあれば、デメリットもあります。ここではiphoneへ機種変する人向けに参考となる情報を提供します。

androidからiphoneに変えて後悔するかも?!

androidからiphoneへ機種変更した人の中でよく言われているのは、データ移行が上手くできず機種変更したことを後悔しているというコメントやレビューを多く目にすることがあります。ここではandroidからiphoneへ機種変更する際にどのような点で後悔するのかを紹介します。

①iphoneは端の値段が高い

まずは価格面でのandroidからiphoneへ機種変更した際に公開することとしては、iPhone端末の価格が高いことです。現在のiPhone端末の最新機種だと10万円以上になっており、一方でAndoroidだと安価で5万円以下のスマートフォンを多くあります。

②アプリの数がandroidより少ない

スマートフォンを利用する上ダウンロードできるでアプリの種類や多さは大事になってくることです。androidとiPhoneでは、android端末の方がアプリの種類と数が多くなっています。これはandroid端末の方がシェア率高く、汎用性があることが影響しています。しかしメジャーなアプリについては、ほとんどiPhone用もリリースされています。

③iphoneではSDカードが使えない

スマートフォンで写真や動画を撮ることが多い人は、スマートフォンのストレージサイズは気になる点の一つかと思います。androidの場合だと本体に付属しているストレージサイズと合わせてSDカードを挿入することでストレージを大きくすることができます。しかしiPhoneの場合は、SDカード等の追加ストレージに対応できていません。なのでストレージが一杯になったらデータ削除等が必要になります。

④iphoneではマルチウィンドが使えない

最近ではスマートフォンを仕事で活用する場面が増えてきていますが、androidだとマルチウィンドウといって画面に複数のアプリを表示させることができます。これによって作業効率を上げることができます。一方でiPhoneの場合は、マルチウィンドウに対応できていないため1つアプリしか画面に表示させることができません。

⑤iphoneはカスタマイズがしにくい

androidスマートフォンの種類が多いことからカスタマイズしやすいように様々なアクセサリーが提供されいます。これによってandroidユーザは自分に合ったアクセサリーを探して、カスタマイズする楽しさがあります。しかしiPhoneの場合は、アクセサリーの種類が少なく、人と違ったカスタマイズをするのが難しくなっています。

⑥androidとiphoneでは使える電子マネーが違う

最近ではキャッシュレス化が進み、スマートフォンを利用してお支払いする人が増えてきています。そのためandroid用の電子マネーサービスがあったり、iPhone用の電子マネーサービスがあり、androidからiphoneへ機種変更した際に今まで利用していた電子マネーサービスが使えず公開する人もいます。

⑦機種の選択肢が狭ばる

iPhoneは日本ではトップシェアのスマートフォンになっていることから、androidからiphoneへ機種変更すると人とスマートフォンが被ってしまうことが良くあります。またiPhoneユーザになると上記のような理由でずっとiPhoneを利用し続けることになり、機種の選択肢が狭まる可能性があります。

⑧SNSのデータは消えてしまう

androidからiphoneへ機種変更して一番後悔することとしては、データ移行が上手くできず今までのSNSデータが消えてしまうことです。SNSデータには、思い出や大事なデータがたくさんある人がほとんどです。上手くandroidからiphoneへデータ移行できず、SNSデータが消えてしまったという声はよく目にするので、特に注意する必要があります。

後悔はしない?!androidからiphoneに変えるメリット

androidからiphoneへ機種変する際には、データ移行や制約によって後悔する人も多くいます。しかしandroidからiphoneへ変えるのにはメリットもあります。ここではandroidからiphoneへ機種変更を考えている人向けに後悔しないためのメリットを紹介していきます。

①処理が早く動作がスムーズ

androidからiphoneに変えるメリットとしては、iPhoneの処理速度のパフォーマンスが良い点が言われています。iPhoneはandroidスマートフォンよりもパフォーマンスが良く、動作スムーズであると言われていることから、仕事の携帯電話としても多くの会社が採用しています。

②androidに比べてバッテリーの持ちがいい

iPhoneは、処理速度だけではなく、バッテリーに関してもandroidよりも優れています。特に最新機種のiPhoneは、過去のiPhoneバージョンよりもはるかにバッテリー持ちが良くなり、スマートフォンの欠点であったバッテリー消費の問題を改善しつつあります。

③操作がシンプルで簡単

またiPhoneとandroidを比べるとiPhoneの方が操作性に関してはシンプルです。なので高齢者やスマートフォン初心者にはiPhoneの方が人気があります。もちろんandroidの操作性もそこまで難しくありませんが、iPhoneと比べるとカスタマイズできる特徴があるので、少し複雑になっています。

④データ以降がスムーズで早い

androidからiphoneに変える場合は、androidのデータをiPhoneに移行する必要があります。androidとiPhoneは異なるデバイスなので、データの移行が少し複雑です。一方でiPhoneからiPhoneへのデータ移行は同じ機種なので、専用のソフトウェアを利用すれば比較的簡単にデータ移行をすることができます。

⑤機種が古くてもOSは最新のもを使える

androidのスマートフォンをずっと利用しているとある一定の期間を過ぎるとOSのアップデートができなくなります。これはOSのサポート期限があるためです。しかしiPhoneは、古い機種のiPhoneをずっと利用していても半永久的に再思惟のOSを利用できるメリットがあります。

⑥セキリュティはiphoneの方が安全

最近ではキャッシュレス化や電子マネーを利用する機会が増え、スマートフォンのセキュリティ面に注目が集めっています。iPhoneとandroidではどちらの方がセキュリティ面が高いのでしょうか。実は、iPhoneの方がセキュリティ面が高く、安全にサービスを利用できるメリットもあります。

⑦高く売ることができる

そしてandroidからiphoneに変えるメリットとして、iPhoneの市場価値が高い点も大きな特徴です。iPhoneは、古いバージョンの端末であっても比較的高価に売ることができます。これは先程のメリットとして紹介したシェア率の高さと半永久的なOSのアップデートが関係しています。なのでiPhoneを利用した後に自分でiPhone端末を売る人多くいます。

後悔しない人はいるの?androidからiphoneに乗り換えるべきな人とは?!

androidからiphoneに変えるメリット際のメリットとしていくつか紹介してきましたが、わかって頂けましたでしょうか。ここではさらに後悔しないでandroidからiphoneに変えるをおすすめされる人の特徴について紹介していきます。

映画やアニメなどの動画をよく観る

後悔せずにandroidからiphoneに変えるのをおすすめする人の特徴としては、映画やアニメ好きな人の人是非iPhoneへの機種変を検討してみてください。iPhoneは様々な動画配信サービスを利用できるようになっており、apple公式の動画配信サービスもあります。

スマートフォンで書籍を読む人

アニメや動画以外にもスマートフォンで電子書籍を読む機会が多い人にもiPhoneはおすすめされます。iPhoneは、「iBooks」というapple公式の書籍アプリもあります。「iBooks」のアプリを利用すると過去に読んだ本を管理して、いつでも読み返せるようになっています。

最近のゲームをするならiphoneがいい

androidからiphoneに変えるメリットとしても紹介しましたが、iPhoneはandroidと比べると多くの種類のアプリをリリースされています。またandroidよりも早くアプリを利用できることもあるため、最新のゲームや海外アプリを利用する人にとっては、iPhoneの方がおすすめされます。

androidからiphoneへのデータ移行で後悔しないやり方

それでは最後にandroidからiphoneに変える際にデータ移行で後悔しない・失敗しない方法について紹介していきます。androidからiphoneへのデータ移行を失敗するとデータを復元できないこともあります。是非これからandroidからiphoneへの機種変更を考えている人は参考にしてみてください。

Move to iOSを使う

androidからiphoneに変える際にデータ移行で後悔しない方法としては、Move to iOSを利用する方法があります。Move to iOSとは、iOS へのデータ移行に特化したアプリケーションになっています。そのためandroidからのデータ移行も容易にできるようになっています。

クラウドサービスを使う

iPhone クラウド

またandroidからiphoneにデータを移行する方法としては、クラウドサービスを活用する方法もあります。クラウドサービスを活用することでクラウド上にもデータを保管することができ、万が一データ移行に失敗した場合にもやり直しをすることができます。

キャリアごとにあるデータ移行のアプリを使う

また利用しているキャリアに合わせたデータ移行アプリを利用すると安全にandroidからiphoneにデータを移行することができます。特に3大キャリアが提供しているデータ移行アプリは利用方法も丁寧に準備されているため、比較的失敗なくデータ移行することができます。

文書などのデータ移行はGoogleドライブを使う

スマートフォンのデータには、アプリだけではなくドキュメントや写真といったデータも多くあります。そのようなデータの場合は、スマートフォンのデータ移行アプリをを利用するよりもGoogleドライブ等のクラウドストレージを利用した方が、ストレージの節約にもなりおすすめです。

LINEアカウントの引継ぎはには気を付ける

スマートフォンの機種変更の際によくやってしまう失敗としては、LINEアカウントの引き継ぎが上手くできずLINEトークがすべて消えてしまうという失敗です。LINE以外にもSNSのアカウント引き継ぎはそれぞれてじゅんがありますので、androidからiphoneへ機種変更する際は注意してください。