Twitterのシャドウバンチェックをテストして確認する方法

Twitterでガイド違反の場合、シャドウバンが適用されることがあります。通知されないので、シャドウバンチェックを自分でテストして確認する必要があります。また、解除操作を自分で行なうことも必要です。本記事では、テストのやり方などを分かりやすく解説します。

Twitterアカウントのシャドウバンは運営による通知のないペナルティ

Twitterアカウントのシャドウバン(Shadow Ban)とは、Twitterの運営サイドからみて望ましくない使い方をしていると判断されたアカウントに対して課せられるペナルティのこと。

シャドウ(Shadow、影)という名前のとおり、ペナルティを受けていることはアカウントの所有者には通知されません。そのため、確認するのにも時間がかかる場合が多いでしょう。

たとえば、投稿したにしても、フォローワーの数やリプライ、いいねなどがそれまでに比べて明らかに減少する、友人などから投稿やリプライが少ないねなどと教えてもらってはじめて、テストなどによりシャドウバンチェック確認して気がつくといった具合です。

自分でシャドウバンチャックをツールなどを使って確認するしかありません。

シャドウバンがかけられことすら明確にはわからないのですから、ペナルティの内容がどのようなものか、いつ解除してもらえるのかなども明確な答えを得られないので、やっかいです。

Twitterアカウントのシャドウバン判定の根拠

Twitterアカウントへのシャドウバン適用は、Twitterの運営サイドの一存で行なわれているのですが、こうした一方的な措置は問題にはならないのでしょうか。

Twitter社は、シャドウバンに関しては公式には基準などは公表していませんので詳細は確認できません。しかし、Twitterサービス利用規約には、「独自判断で使用や保存を制限する」「ユーザーに責任を負わずに適用する」旨のことが書かれています。

Twitterのアカウントを取得する際に、上記のTwitterサービス利用規約などを承諾しているので、シャドウバン適用の現状のやり方はルール通りということになります。

シャドウバンの原因はガイドライン違反

Twitterサービス利用規約と合わせて、Twitter社は、ガイドラインやポリシーを公表しています。そのなかに、「検索のルールと留意点について」という文書で、Twitter検索の利用ルールおよび「してはいけない行為」を明示しているので確認してみるのもよいでしょう。

してはいけない行為のポイントは以下のとおりです。

  • 同一内容あるいは類似した内容のリンクやツイートの連投
  • 特定のトレンドトピックやハッシュタグの欄湯
  • ツイートや返信の自動化
  • BOT(ボット)やアプリによる特定キーワードの文章の(大量)投稿
  • 複数アカウントからの類似内容の文章の(同時)投稿
  • フォローとフォロー解除の乱発

明確に示されているわけではありませんが、上記に該当する活動が目に余ると判断されるとシャドウバンの適用を受けるものと考えておくてよいでしょう。

Twitterのシャドウバンは4種類

シャドウバンはTwitter利用に関するペナルティですので、当然、Twitterの利用に制限がかかり、できないことが増えます。

シャドウバンとしての利用制限は以下の4種といわれています。ツールなどでもこの4種の確認が可能です。

  • Reply Deboosting:リプライデブースティング
  • Search Suggestion Ban:サーチサゲスチョンバン
  • Ghost ban:ゴーストバン
  • Search ban:サーチバン

最初の2つは軽めのバン、残りの2つは重めのバンです。以下で、それぞの内容を説明します。

Reply Deboosting

通常であれば、リプライはタイムラインに表示されて、誰にでもが見てもらうことができます。しかし、シャドウバンチェックでReply Deboosting適用が確認されると、リプライはさらに返信を表示するという属性が付与され、フォローワー以外にはこのリプライは表示できませんと表示されて見えなくなってしまいます。

Search Suggestion Ban

シャドウバンチェックでSearch Suggestion Ban適用が確認されると、投稿してもはセンシティブなコンテンツの扱いを受けることになります。したがって、センシティブなコンテンツは表示しないという設定をしているユーザーからは見えなくなってしまします。また、検索の優先順位を下げられてしまうので、他のユーザーが検索しても表示されにくくなります。

Ghost ban

シャドウバンチェックでGhost ban適用が確認されると、リプライしても、リプライ相手以外の人には見えなくなってしまいます。つまり、世の中的にはリプライしていないのと同じ扱いです。まさに、リプライがGOST(幽霊)のようにさまよってしまうので、重めのペナルティといえます。

関連する記事