Microsoft Windows Search Indexerを停止してCPU率を改善

Microsoft Windows Search IndexerがリソースやCPUを使い過ぎてパフォーマンスに問題が発生したことはありませんか。Microsoft Windows Search Indexerを停止する方法やCPU改善法について紹介します。

Microsoft Windows Search Indexerは停止しても問題なし

みなさんはwindowsパソコンを利用していてリソースやCPU使用率が高止まりになってしまったことはありませんか。パソコンのパフォーマンスが悪いときはMicrosoft Windows Search Indexerというサービスが原因でCPU使用率が高くなってしまったり、不具合が発生してしまうことがあります。そもそもMicrosoft Windows Search Indexerとは、windowsパソコンに保存されているデータやファイルを素早く検索して見つけてくれる機能となっているのですが、Microsoft Windows Search Indexerが原因で問題が発生する場合は、Microsoft Windows Search Indexerを停止させましょう。

Microsoft Windows Search Indexerが重い時の停止方法

Microsoft Windows Search Indexerが原因windowsパソコンのCPU使用率が高い場合やパフォーマンスが悪い場合は、Microsoft Windows Search Indexerを停止させることで改善すっる場合があります。ここではMicrosoft Windows Search Indexerが重たい場合にMicrosoft Windows Search Indexerを停止させる方法について紹介していきますので、Microsoft Windows Search Indexerのサービスに悩んでいる人は是非試してみてください。

1.スタートアップからSearch Indexerを無効化

まずMicrosoft Windows Search Indexerを停止させる方法としては、スタートアップからMicrosoft Windows Search Indexerを無効化する方法について確認していきましょう。スタートアップからMicrosoft Windows Search Indexerを無効化する方法としては、Windows管理ツールよりサービスの画面を起動させましょう。そしてMicrosoft Windows Search Indexerのサービスを無効化させることでMicrosoft Windows Search Indexerのサービスが動作しなくなります。

2.コントロールパネルから変更

またコントロールパネルからMicrosoft Windows Search Indexerの設定を変更方法としては、「プログラムと機能」の項目をクリックして「Windowsの機能の有効または無効化」をクリックしてください。そして「Windows Search」のチェックを外すことでMicrosoft Windows Search Indexerの設定を変更することができます。

3.プロセスからSearch Indexerを停止

windowsパソコンのタスクマネージャーから直接Microsoft Windows Search Indexerのプロセスを停止させるのもパソコンのパフォーマンスが悪いときにはおすすめです。Microsoft Windows Search Indexerのプロセスを終了させる方法としては、タスクバーを右クリックしてタスクマネージャーを起動させます。「プロセス」一覧から”Microsoft Windows Search Indexer”のプロセスを探して、右クリックからの「終了」をクリックするとプロセスを終了させることができます。

4.インデックスを作成する場所を選択

そして最後にMicrosoft Windows Search Indexerが原因パソコンが重い場合は、インデックス作成を設定してあげることです。Microsoft Windows Search Indexerの設定画面よりインデックス作成する対象を調整してあげることでパソコンが重い原因を解決することができます。

Microsoft Windows Search Indexerのインデックスデータ削除