VarolantをするにはRiot Gameのアカウントが必要

今回はVarolantというゲームを紹介します。このゲームをプレイするには「Riot Games」のアカウント作成が必要です。アカウント作成の方法から、ログインができない時の対処法、パスワードの設定の仕方など、お役に立つ情報をお伝えします!

Riot Gamesのアカウント作成

Varolantをプレイするためには運営元「Riot Games」のアカウント作成をしなければなりません。アカウント作成するための手順を紹介しますので、これからVarolantをプレイしたい方は参考にしてください。

公式サイトにアクセス

まずはアカウント作成をする為に、公式サイト(https://playvalorant.com/ja-jp/)にアクセスをします。アクセスをしたら画面中央にある「今すぐプレイ」ボタンを押しましょう。ボタンを押すとRiotアカウントの有無を聞かれます。Riotアカウントが無い場合は「作成する」のボタンをクリックしてください。

メールアドレスと生年月日の入力

Riot Gamesのアカウント作成をするときはメールアドレスが必要になります。カスタマーサポートを受ける際もメールアドレスが必要になるので、間違いの無いようにメールアドレスを入力しましょう。

メールアドレス欄下のチェックボックスは外しても大丈夫です。最新ニュースを受け取りたい方はチェックを入れるようにしてください。

次は生年月日の入力です。生年月日は他の方には情報を見られることは無いので安心してください。入力する際は入力順に気を付けましょう。画像を見ればわかりますが、順番が日/月/年になっています。2021年6月29日生まれなら、29/6/2021と入力してください。

ユーザー名の入力

生年月日まで入力が終わったら次はユーザー名の入力ですが、ユーザー名を入力する際は注意しなければならない点があります。それは、ここで入力するユーザー名はVarolantのゲーム内で使用する名前ではなくRiot Gamesすべてにアクセスする際に使用するユーザー名となる点です。

Varolantでは上記で設定するユーザー名の他にプレイヤー名を設定できますが、Riot Gamesの他のゲームではユーザー名をそのまま使用するものもあるので、他の方に見られても良いユーザー名にした方が無難です。

ユーザー名の重複はNGなので、誰とも被らないような文字列を考慮してユーザー名を決めましょう。

パスワードの作成

ユーザー名を決めたらパスワードの作成に移ります。パスワードを作成する際は①文字数は8文字以上②パスワードの中に1文字以上の英字と数字が含まれている、以上の条件が必要です。

簡単なパスワードにしてしまうとアカウント乗っ取りの可能性が増すので、パスワードを作成する際には複雑な文字列のものにすることをおすすめします。

パスワードを入力したら下の矢印ボタンをクリックしましょう。クリック後、「すでに使用されているユーザー名です」と表示される場合は、そのユーザー名は使えないので文字列を変更して再度矢印ボタンをクリックします。これでRiot Gamesのアカウント作成が完了しました。

Valorantoのインストール

ここまで無事Riot Gamesのアカウント作成ができました。これでVarolantをインストールすればゲームができるようになります。あともう少しです。それではVarolantのインストール手順を見てみましょう。

ダウンロードURLにアクセス

自分のアカウントでログインまたは新規アカウント作成が完了すると自動的にVarolantのゲームクライアントダウンロードページへ移動します。この時点でページを閉じてしまった場合はhttps://playvalorant.com/ja-jp/download/へアクセスして「ダウンロードボタン」を押してください。

Install VALORANT.exeという名前のファイルがダウンロードされますので次はファイルをインストールします。

「インストール」ボタンを押す