YouTubeで動画を通報するには?通報方法を徹底解説!

「youtube」は無料で動画の視聴ができたり、アカウントを登録すれば誰でも動画の投稿をすることができます。「youtube」には様々な動画が投稿されていますが、中には不快に感じたり非常識な動画の投稿もあります。そういった動画を通報する方法を紹介します。

YouTubeで通報対象になるのは?

「youtube」の動画のなかで通報の対象となる動画とは、「著作権やプライバシーを侵害している動画」や「暴力的な動画」「裸や静的な動画」などの動画です。動画だけではなく、コメント欄の不快な誹謗中傷も通報の対象になります。炎上目的だったり再生回数が欲しいだけの動画ほど、過激な投稿をしたり非常識な動画が多い傾向があります。

YouTubeのコミュニティガイドラインに違反しているコンテンツ

「youtube」には「コミュニティガイドライン」が設けられていて、「コミュニティガイドライン」の内容に違反した場合は通報の対象になります。普通の動画を投稿したり、動画に対しての普通の感想を投稿するだけであれば、まず通報の対象にはなりません。

スマホでYouTube動画を通報する方法

スマホから「youtube」を手軽に視聴する人もたくさんいます。お使いのスマホから「youtube」に投稿されている不快な動画をどのように通報するのか、動画を通報する方法を紹介します。

通報したい動画ページの「報告」をタップ

「youtube」を開いて、通報したい動画ページまで進みます。通報したい動画を表示して「︙」をタップしてください。すると、いくつか項目が出てくるので、その中の旗のアイコンの「通報」を選択してタップしてください。

通報理由を選択

「通報」をタップすると、通報したい動画がどのように違反しているのか理由を選択する項目が出てきます。「コミュニティガイドライン」で確認した内容が表示されるので、その中から当てはまるものを選択してタップしてください。タップすると「報告」の文字がグレーから青に変ります。色が変わったら「次へ」をタップします。

違反の内容を記入

「報告」をタップしたあとに、「詳細を入力」と違法内容を記入する欄が表示されます。ここに、違法内容を入力をより詳しく入力することができます。違法内容を入力したら「報告」をタップして通報の完了です。

パソコンでYouTube動画を通報する方法