未分類

Braveブラウザの危険性は?仮想通貨のBATをもらう方法も紹介

2022年4月19日

利用することで仮想通貨のBATを得ることができるWebブラウザ「Braveブラウザ」。使うだけで仮想通貨をもらえるということで安全性が気になるところです。この記事では、Braveブラウザの危険性やBATを得る方法などをご紹介します。

Braveブラウザの危険性

まずは、Braveブラウザの危険性や評判をご紹介します。

危険性は低い

Braveブラウザのユーザーからは危険性があるとうような報告は聞こえてきません。Googleなどで検索をすると「Brave 危険性」で検索しているユーザーが多いようですが、ウイルスに感染するや詐欺まがいの行為にあったなどの具体的な危険性はありません。

Webブラウザはネットを行う上で使うので、危険性があるのかどうかを調べているユーザーが多いことはわかいますが、Braveブラウザに危険性があれば具体的なことも出てくるので、安心して使って問題なさそうです。

危険性が低い理由①ユーザー数5,000万人越え

Braveブラウザの危険性が低い具体的な理由も2つご紹介します。Braveブラウザは現在5,000万人を超えるユーザー数がいます。

ユーザー数が多い=危険性が低いとは言い切れませんが、危険性の高いブラウザだとここまでユーザー数を伸ばすことは難しいのは事実です。危険性の低い理由の1つとしては十分な理由です。

危険性が低い理由②開発者は有名なエンジニア

Braveブラウザの開発者はプログラミング言語の「JavaScript」を生み出した「Brendan」さんです。BrendanさんはFirefoxの共同創立者でもあるので、安心材料の1つとしてみることができます。

また、Braveブラウザは開発コードがオープンソースとして誰でも見ることができる状態になっているので、透明性も高く危険性も低いことがわかります。

評判を見てもネガティブな意見は少ない

SNSなどでBraveブラウザの評判を探してみると、ネガティブな意見はあまり見かけません。SNSでの発言はユーザーのリアルな声が多いので、危険性が潜んでいれば多くの意見を見かけます。

その点、Braveブラウザはネガティブな意見はあまり見かけないので安心して利用することができます。

Braveブラウザの特徴

前項でBraveブラウザの危険性が低いことが理解できたと思います。ここからは、Braveブラウザの特徴をご紹介します。

特徴①広告/トラッキングをブロックできる

次のページへ >