ディープフェイクのスマホアプリでの作り方!PCでは簡単な画像編集で動画作成可能!

ディープフェイクはスマホアプリでも可能でしょうか?PCでは簡単に画像加工して動画にするツールがいくつかあります。スマホでのディープフェイクの作り方と各種アプリも紹介します。ディープフェイクは使い方次第で違法になることもあるので注意点なども検証しました。

ディープフェイクとは?

ディープフェイクとは「deepfake」と呼ばれていて、有名人の顔を別の人と入れ替えたり、体を入れ替えたりして、フェイク写真や動画を簡単に作る技術のことを言います。画像や写真だけではなく、声までも合成をしてフェイク動画を作る方もいます。ディープフェイクによるフェイク動画は、アメリカのトランプ大統領のフェイク動画が作られたことが大きく話題となりました。また、日本では菅田将暉主演のドラマ「3年A組」のドラマの展開でフェイク動画が度々登場しています。フェイク動画とわからなないほど巧妙に作られていて、ドラマの中のフェイク動画は大きな話題となりました。ディープフェイクは今や海外だけではなく、すでに日本にも浸透している技術だと言えます。

ディープフェイクを作るのは簡単?実際に作れるツールを紹介!

ディープフェイクは、より巧妙に作成するためにはある程度の技術が必要ですが、実は簡単にディープフェイクを作ることが出来るツール、アプリがあります。簡単にフェイク動画を作れるツールを使えば、高度な技術がなくても簡単にフェイク動画を作ることが出来ます。おすすめのツールやアプリをいくつか紹介します。

パソコン(WEB)でディープフェイクを作る!

ツールによっては無料で使えるツールもありますが、より綺麗なフェイク動画を作ることが出来るツールは有料となり、会員登録をしたり、25時間の使用で約5000円といったツールもあります。それぞれのツールの特徴について紹介します。

【Deepfakes web β】ハイスペックPC不要!テレビでも紹介された作成ツール!

「Deepfakes web β」は、動画をウェブ上でアップロードするだけで、誰でも簡単にフェイク動画を作ることが出来るサービスです。使用するためには会員登録が必要となるので、会員登録を行ってください。「Deepfakes web β」は有料となっているので、25時間の使用権で4980円です。4980円と聞くと高額のように感じますが、処理性能が高いGPUを使用しているため、これ以上価格を下げることが難しいと言われています。価格に見合う価値のある高価なツールです。最初は作成に時間がかかってしまうますが、一度作ってしまえばその後は短時間で、別の動画や写真の顔のすげ替えが簡単に出来るようになります。特別な技術がなくても、フェイク動画の作れるおすすめのツールです。

【FakeApp】解説動画あり!無料で使える

上記で紹介した「Deepfakes web β」は有料でしたが、こちらは無料でフェイク動画が作れるツールです。AIテクノロジーを使い、写真の顔を動画内へインサートすることを可能にしました。出来上がった動画は、非常に完成度が高くリアルなフェイク動画を作ることが可能です。対応スペックは以下の通りです。

ハードウエア

OSWindows7またはWindows10
MEMなんでもOK
CPU8GB以上
GPUNVIDIA製品 CUDA対応品 MEM2GB以上

 

 

 

 

ソフトウエア

fekeapp ver2.2
CUDA9.0
microsoft visual basic 2015+update

 

解説動画はこちらから見られます。

無料で簡単にフェイク動画が作れるツールですが、個人で楽しむことは問題ありません。人に害を与えないことを守って、フェイク動画政策を楽しんでください。

【Avatarify】有名人とリモート会議?ZoomやSkypeで使えるツール

「Avatarify」は、アルゴリズムで他人になりきって、ZoomやSkypeなどのオンライン会議に参加することが出来るディープフェイクツールで2020年3月に開発されました。自分の顔を読み込み、読み込んだ顔写真がアバターとなり、Webカメラで認識した表情に合わせて、動くようになります。「Avatarify」を導入するには注意点がいくつかあり、ある程度のプログラミングの知識やPCスペックが必要となります。また、「Avatarify」をスムーズに動かすために、ハイスペックなゲーミングPCも必要だと言われています。「Avatarify」は自分自身の表情がそのままアバターとリンクするように作られたフェイクツールですが、今の段階では声は変えることが出来ないので、自分の声のままです。

スマホでディープフェイクを作る!

PCだけではなく、スマホからもアプリを使ってディープフェイクを作ることが出来ます。PCを持っていなくても、ディープフェイクを楽しめるおすすめのアプリをいくつか紹介します。

【Xpression(iOSのみ対応)】安心かつ簡単に使える!

Androidには対応していませんが、「Xpression」は、iPhoneでフェイク動画が作れるアプリです。日本の企業が開発したアプリなので安心してインストールして使うことが出来ます。こちらのアプリでは、上記で紹介したPCを使ったツールのように、顔の入れ替えたりすることは出来ませんが、顔の表情や口を入れ替えることが可能です。実はこちらのアプリは「EmbodyMe」という日本のベンチャー企業が開発したアプリです。「Xpression」は、企業の技術力の高さをアピールするために作られたデモソフトとしての役割が強いと言えます。技術的には顔自体を入れ替える技術も持っているのかもしれませんが、フェイク動画を悪用されないように、安全にフェイク動画を楽しむためのアプリだと言えます。

【Doublicat(Android、iOSどちらも対応)】Androidスマホにも対応!

こちらのアプリ「Doublicat」は、AndroidスマホとiPhoneどちらでも使えるアプリです。有名人などの顔に別の顔をはめ込んでGIF動画を作ることが出来ます。アプリは無料で使うことが出来ますが、自分で独自のGIF動画を作りたい場合や、アプリ内の広告を非表示にしたい場合などは有料のプランに課金をすることも可能です。アプリをインストールして起動する時に、英語表記にて、有料プランをすすめてくる画面が出てくるので注意してください。「Doublicat」はアプリ内はすべて英語表記となっているので、やや使いにくさはあるかもしれません。しかし、アプリ自体は安全に使うことが出来て、使い方も比較的簡単でに使えて、無料の範囲でいつでもフェイクGIF動画を作って楽しむことが出来ます。

【Face Swap】Tik Tokの開発元が密かにした?本格的に作りたい人向けツール

「Face Swap」は、機械学習機能を使って、二人の画像の顔を交換することが出来ます。こちらのツールは動画は作ることが出来ず、静止画のみのフェイク画像を作ることが可能です。しかし、「ffmpeg」を使い、動画から静止画を作り「Face Swap」を使って静止画の顔を入れ替えます。「ffmpeg」で静止画を結合し、動画を作成、という手順で動画内の顔の入れ替えも可能になります。「Face Swap」は本格的にディープフェイクを作りたい方向けのツールであるため、プログラミングの技術が必要となります。また、仮想環境の作成や仮想環境のセットアップなども必要です。仮想環境内に入って、必要なツールなどのインストールを行ってください。簡単にディープフェイクが作れるツールとは少し違う、技術に特化した方に向けたツールとなっています。

【番外編】日本で利用できないが、話題を読んだディープフェイク作成ツール

ここまで、実際に使用出来るPC向けのツールやAndroidなどでも簡単にフェイク動画が作れるアプリを紹介しました。ここ日本では利用することは出来ませんが、海外で話題となったディープフェイク作成ツールを紹介します。

【DeepNude】話題を呼ぶも即閉鎖!男の夢をかなえた(?)アプリ

現在は公開禁止となっていますが、2019年6月に公開されて話題となったサイトです。「DeepNude」は女性をヌードにするアプリですが、もちろん有名人本人のヌードではなく、顔だけを有名人女性と入れ替えたもので体は別人のものです。難しい合成も、ワンクリックで出来るようになっています。現在でも、いくつかのサイトでダウンロードが可能であるような表示がされていますが、実際にダウンロード出来るのか怪しいものばかりです。安易に手を出さない方が良いとされています。

【ZAO】中国で大人気になるも、利用規約が問題に?