お役立ち(情報)

ダークウェブの入り方とは?ダークウェブで手に入るものや危険性とは

「ダークウェブ」という言葉をご存知でしょうか。ダークウェブには漠然と危険なイメージをもっている人も多いと思います。そんなダークウェブとはどういったものなのか、何が手に入るのか、入り方とは、どんな危険があるのかについて解説します。

ダークウェブとは「通常では閲覧できないウェブサイト」

ダークウェブとは、一般的によく利用するウェブサイトとは異なる特別なネットワーク上につくられたウェブサイトのことです。

特別なネットワーク上につくられているため、GoogleやYahoo!などの一般的な検索ツールを利用してもダークウェブは検索結果に表示されることはありません。さらに、Chromeやedge、iPhoneでよく利用されるSafariといったブラウザでも閲覧することができない仕組みになっています。

このように、一般的なウェブの検索ツールやブラウザが利用できないことに加え、プライベートサーバーのネットワークが利用されることが多いため、通信手段が限られることから非常に匿名性が高くなっています。

ダークウェブでは、匿名性の高さから、通常のウェブサイトでは実施することができない多くの違法な行為が行われています。

クレジットカードなどの個人情報、違法薬物、凶器、違法な野生動物売買や、サイバー犯罪、さらには、ヒットマンのレンタルまで行われています。

このことから、「ダークウェブで取引できないモノはない」と言われるほど多数のモノが取引されています。

ダークウェブの入り方

ダークウェブへの入り方をiPhone、アンドロイドスマホ別にご紹介します。

ダークウェブの入り方を知ることで、ダークウェブでの取引が可能になりますが、

危険なサイトも多いことから、自己責任で対応していただくようお願い致します。

Torのダウンロード

ダークウェブへの入り方として、まずは、「Tor」のダウンロードをしてください。

「Tor」は、一部のダークウェブへのアクセスに使われる有名なブラウザとして多くの人に利用されています。

元は、アメリカ合衆国のインテリジェンスのインターネット通信を保護するために開発されたものです。

Torは、メジャーなwebブラウザである“Firefox”のバージョンで、得値委でユーザーがウェブを閲覧することが出来るようになっています。

そのため、ブラウザのウィンドウサイズの変更等のユーザーの独自性が特定できる可能性がある行動を防いだり、止めるよう助言するようになっています。

【Torダウンロード】Androidの場合

Android | 可能性を推し進めるプラットフォーム

ここからは、アンドロイドスマホでのTorの入り方をご説明します。

まず、事前の設定として、アンドロイド端末の設定で、「提供元不明のアプリ」を許可する必要があります。

事前の設定が終わったら、以下の手順でTorをインストールしてください。

  1. https://www.torproject.org/download/」にアクセス
  2. Androidを選択
  3. apkファイルをインストール
  4. インストール完了後、通知からダウンロードしたファイルをタップし、Torのインストールを開始

以上が、アンドロイドのスマホ端末へのTorダウンロードの手順です。

【Torダウンロード】iPhone(iOS)の場合

iPhone 11を購入 - Apple(日本)

ここからは、iPhoneでのTorの入り方をご説明します。

iPhoneへTorをインストールする方法はいくつかありますが、代表的な方法をご紹介します。

  1. アップルストアで「Onion Browser」を検索
  2. 「Onion Browser」をインストール
  3. アプリを起動し、セキュリティの選択項目を、「ブロンズ」に設定する

以上が、iPhoneへのTorダウンロードの手順です。

(推奨)VPNをダウンロード

VPNとは?その基本から安全なVPN接続を徹底解説

Torのダウンロードの次に、VPNをダウンロードしましょう。

VPNとは、通信を暗号化することが出来るため、セキュリティを意識した通信を行うことが可能です。

そのため、ダークウェブにアクセスする場合は、身元やデバイスを特定され、犯罪などの危険に巻き込まれることがないよう、

ダウンロードすることを強く推奨いたします。

Tor導入後の作業

次に、Torの導入後に行う作業についてご説明します。

この作業は、PCでもスマートフォンでも同じ簡単な内容になります。

Torを開き、Duck Duck Goという検索エンジンで「Candle」または「ahima」という検索エンジンを検索します。

「Candle」または「ahima」の検索エンジで検索して出てくるサイトは全てダークウェブのサイトになります。

Duck Duck Goでの検索では、ダークウェブを検索しても簡単には出てきませんが、上記の「Candle」と「ahima」であれば、簡単にダークウェブサイトにアクセスすることが出来ます。

「Candle」は蝋燭のアイコンで、サイトを開くと黒色の背景に Googleに類似したCandleという文字があります。

「ahima」は電車のホームの写真のようがおしゃれな画面です。

これでダークウェブへアクセスすることが可能になりました。ここから検索バーから興味のあるものを検索することができます。

ダークウェブの用途

ダークウェブへのPCやスマホ別の入り方の次はダークウェブの用途についてご紹介します。

ダークウェブには無数のサイトが存在していますが、もちろん合法なサイトもある一方で、悪質な違法行為を目的として利用されることもあります。

合法な目的

ダークウェブの中にも違法ではないサイトも存在しています。

違法でないサイトには以下のようなサイトがあり、コミュニケーションを取ったり、情報を得たりすることを目的として利用されています。

  • 公式Facebook
  • 様々なことを議論することができる討論会の場
  • ニュースサイト
  • 無料で閲覧することができる論文が掲載されたサイト
  • 書籍や漫画などを買えるサイト

違法な目的

ダークウェブのように高い匿名性を持っている状況は、メリットがある反面、違法な行為に繋がるデメリットもあります。

ダークウェブで違法な行為を行うことが目的のサイトには以下のようなものがあります。

  • 違法薬物の売買
  • 武器の売買
  • 違法に入手した個人情報の売買
  • 違法なサービスの提供・依頼
  • 犯罪などの違法行為に関連する内容についてのシェア

ダークウェブで手に入るもの

次のページへ >