【Firefox】YouTubeの動画が重い時の原因と対処法

皆さんはFirefoxでYouTubeを見ていて重くなったことはありますか?

実はYouTubeの動画が重たい時の原因と対処法があるんです。

そこで今回はYouTubeの動画が重たい時の原因と対処法を徹底的に解説をしていきます。

【Firefox】YouTubeの動画が重い原因

では【Firefox】YouTubeの動画が重い原因を見ていきます。

【Firefox】YouTubeの動画が重い原因にはいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

原因①Firefoxのバージョンが古い

まずYouTubeの動画が重い原因はFirefoxのバージョンが古いことです。

Firefoxのバージョンは基本的に最新にしておくことが推奨されています。

新しく登場する機能もあるFirefoxのバージョンによっては機能が対応していないこともあります。

そのためFirefoxのバージョンは最新バージョンにしておきましょう。

原因②プラグインが影響を及ぼしている

次のYouTubeの動画が重い原因はプラグインが影響を及ぼしていることです。

FirefoxにはYouTubeの再生形式であるHTML5を再生する機能が搭載されています。

そのためFirefoxのプラグインが古い場合はYouTubeの動画が再生できないことが往々にしてあります。

Firefoxのプラグインは常に最新を保っておきましょう。

原因③ネット環境が不安定

次のYouTubeの動画が重い原因はネット環境が不安定なことです。

これはYouTube以外でもいえることですが通信環境が悪くなると読み込み速度が遅くなります。

Googleで検索するときも同様の症状が出るはずです。

ネット環境が不安定な場合は安定する場所に移動しましょう。

原因④キャッシュやCookieが溜まっている

次のYouTubeの動画が重い原因はキャッシュやCookieが溜まっていることです。

キャッシュやCookieは閲覧する際に読み込むデータとして蓄積されていきます。

そのためキャッシュやCookieが蓄積されまくるとPCに不具合を生じさせます。

これがYouTubeの再生に影響を与えることがあります。

原因⑤デバイス(PC・Android)のスペックが低い

次のYouTubeの動画が重い原因はデバイス(PC・Android)のスペックが低いことです。

デバイス(PC・Android)のスペックがYouTubeの再生に対応していないと動画の再生ができません。

そのためなるべくデバイス(PC・Android)は高スペックのモノを用意しましょう。

【Firefox】YouTubeの動画が重い時の対処法〜PC〜