突然157から電話がかかってきた!出ても大丈夫なの?

突然157という番号から電話がかかってきたり、メールが届いたりしたことはありますか?
最近では携帯電話会社などを名乗ってメールが送られてきて、個人情報が抜かれる被害が発生しています。
今回は157から電話やメールが届いた場合の対処法について解説していきます。

突然157から電話がかかってきた!出ても大丈夫なの?

157という番号から電話がかかってきたり、157を名乗る相手からメールが届いた経験はありますか?
近頃は携帯電話会社を名乗る相手から電話がかかってきたり、料金の滞納があるというような内容でメールが送られてくる事が頻発しています。
迂闊に対応してしまうと、個人情報が抜き取られたり、クレジットカード番号が抜かれるなどの被害にあってしまう可能性があります。
今回の記事では、そのような事態が発生しない為の対策について解説していきます。

157はソフトバンクやauの問い合わせ窓口の番号

157はソフトバンクやauの問い合わせ窓口の番号です。
ソフトバンクやauを契約している方であれば、毎月料金が確定した案内やキャンペーンの案内が届くようになっています。
しかし、最近では携帯電話会社を名乗っている相手から電話がかかってきたり、ソフトバンクやauなどの携帯電話会社を名乗った迷惑メールが送られてくる方もいます。

基本的に157から電話がかかってくることは無い

基本的に本物の157から電話がかかってくることはありません。
セールスやキャンペーンの電話なども、専用の電話番号が設けられており、157から直接お客様にセールスなどの電話をかけることはありません。

送られてきたメールが偽装されている場合もある

最近では157や運送会社を名乗って未払い料金があるなどの様々な内容でメールが送られてくることが多発しています。
実は、これらのメールのほとんどは偽装された迷惑メールです。
送られてきた迷惑メールに添付されているURLを迂闊に開いてしまうと、お客様の個人情報などの重要な情報が抜き取られてしまう可能性があります。
偽装されたメールの特徴としては、【短文であることが多い】【日本語がおかしい】などが主に挙げられます。
携帯電話会社を名乗って送られてくる偽装メールは【料金未払い】の内容で送られてくる場合が多いです。

迷惑メールを開いてしまうとフィッシング詐欺などの被害に遭う可能性がある

万が一迷惑メールのURLを開いてしまった場合、様々な被害に遭う可能性があります。
通販サイトを騙った迷惑メールでは、支払い方法の更新と偽ってクレジットカードの番号を抜き取られる被害が発生しています。
また、携帯電話会社を騙った迷惑メールの場合、未払い料金を指定口座に振り込むように指示され、振り込んでしまう詐欺のような被害が発生しています。
こうした被害に遭わないためにも、絶対に迷惑メールは開かない、開いてしまった場合でもクレジットカード番号などを入力しないようにしましょう。

問い合わせ窓口の番号からかかってきた場合の対処法

万が一157などの問い合わせ窓口から電話がかかってきた場合の対処法について説明します。
もし問い合わせ窓口の番号から電話がかかってきた場合に出たほうが良いのか、様々なケースがあります。
迂闊に電話に出てしまうと、迷惑電話やセールスの電話に引っかかってしまう可能性もあります。
問い合わせ窓口から電話がかかってきた場合にどうすれば良いのか具体的に解説していきます。

基本的には出ないようにする

問い合わせ窓口から電話がかかってきた場合の対策1つ目は【基本的には出ないようにする】です。
157などの携帯電話会社の問い合わせ窓口は基本的にお客様に対して、直接電話をかけることはありません。
心当たりのない電話は基本的に出ないように心がけましょう。

心当たりがある方はこちらから問い合わせをする