ジモティーでトラブル?ジモティーの安全性や口コミなどを解説!

ジモティーは売り手と買い手が気軽にやり取りできる大変便利なツールですがトラブルが多いことで有名なサイトです。無料の商品も多いことからそれに群がる利用者の質や運営のいい加減さも報告されています。この記事ではそんなジモティーの安全性や口コミを解説いたします。

実際にあったジモティーのトラブル

 

ジモティーとは「地域密着型のクラシファイドサービス」で、不用品やサービスを必要な人に安価もしくは無料で提供する地元掲示板です。

モノやサービス以外にも仲間を募集したりと幅広い用途を無料で利用できるため好評ですが、トラブルが多いとの声も多数上がっているのです。

ジモティーの公式HPに記載されているトラブル事例には以下の内容が注意喚起されています。

 

  • 振込み後商品が届かない
  • 郵送での取引で、振込み後の音信不通となった
  • ドタキャンされた
  • 投稿と異なる条件を持ちかけられた
  • 嫌がらせのメールが来る
  • メールにて使用済みの下着を販売を依頼された
  • 直接会って取引をする際に、暴力を振るわれた
  • メールにて公序良俗に反する仕事を紹介された
  • 引き取りの際に体を触られるなどの公序良俗

引用:ジモティーHPより

 

 

【ジモティートラブル】①音信不通になった

ジモティーは出品者と購入者がサイト内の掲示板を使用しやり取りします。

購入意思を示す前であれば質問を投られたまま音信不通になってもそんなに問題では無いですが、「購入します」「値引きは可能ですか」「〇〇円であれば購入します。」といった購入意思を見せているにも関わららずこちらの回答に返信しなかったり、音信不通になってしまう利用者がいます。

やりとりは公開されているのでこのような内容を見た別の購入希望者は、購入を遠慮してしまうこともあるので出品者としては悩ましいところです。

 

【ジモティートラブル】②約束の場所に来ない、キャンセルされる

商品受け渡しの際に指定場所に現れなかったり、キャンセルされるというトラブルもあります。

ジモティーの利点は出品者と購入者が地元であることです。フリマ取引でネックになる「送料」を安く、またはゼロで行うことができるので双方にとって利点があります。

そのため自宅や通勤途中などで取引する場合も多く、「地元だから大丈夫だろう」と安心してしまい当日まで密に連絡を取らずにいると、ドタキャンをされたり連絡が来ずに待ちぼうけになってしまったというトラブルもあるようです。キャンセルするにしてもせめて連絡くらいしてくれれば良いのですが。。。購入者のモラルの低さにあきれてしまいますね。

 

【ジモティートラブル】③待ち合わせ時間を何度も変更してくる

ジモティーの取引は、配送ではなく直接引き渡しが主になっているためどうしても待ち合わせトラブルが多くなってきます。

会った事もない人と待ち合わせするので、やり取りの際も初めは遠慮しながら日取りや場所を決めていく人も多いでしょう。

気の弱い人はついつい相手の言われるがままに変更に応じてしまい振り回されてしまうことも。

あまりにも変更の頻度が高い人は取引が進んでもあれやこれや言ってくる可能性が高いです。

これ以上のトラブルを避けるためにも取引中止の判断を早めにすることも考えておきましょう。

 

【ジモティートラブル】④受け渡す時に拒否された

品物受け渡しの時に、受け取り拒否をするというトラブルも発生しています。

「思っていた商品と違った」「不要になってしまった」などが主な理由で、実物を見ないと判断できないような家電製品や車などに多いトラブルです。

出品者も時間と手間をかけて受け渡しにまでこぎつけたのに、ここでキャンセルされては無駄になってしまうので、やむを得ず値引きしてしまう人もいるようです。

 

【ジモティートラブル】⑤勧誘を受けた

取引を交渉した商品やサービス以外の勧誘を受けたというトラブルも発生しています。

宗教、高額商材、自己啓発セミナー、仕事を紹介するなどなんともうさん臭い話を勧誘してくる利用者は困りものです。このような勧誘をする人は強引なタイプが多いので断りづらい状況に追い込まれないように注意が必要です。サークルや友達募集の案件に多いトラブルなので、待ち合わせにやたらとピンポイントな場所を指定してきたり、個室のようなお店を指定してきた場合は警戒しておきましょう。

 

【ジモティートラブル】⑥異常な値下げ交渉がある

フリマアプリを利用しても多少の値引き交渉は発生しますし、受けるかどうかは出品者次第なので嫌なら断ってしまえば良いのですが取引がほぼ確定してから異常な値下げ交渉をしてくる人がいます。

値引き交渉の回数や、とてもじゃないけど受け入れられない金額を要求してくるなど非常識な利用者もいるのでトラブルを回避するには早い段階で「〇〇円以下は無理です」と釘をさしておきましょう。

「お金が無いのでこの金額しか無理です」と強気で交渉してくる人もいるようで、商品金額だけでなく交通費が無いので自宅まで運んで欲しいと依頼してきたなんてトラブルも報告されています。

 

【ジモティートラブル】⑦詐欺にあった

ジモティートラブルで最も解決が難しいのが詐欺トラブルに逢ってしまうことです。

商品がニセモノであったり、お金を払ってくれない、写真と全然商品が違うなど詐欺行為に遭っても基本は自己解決をしなければなりません。

言った言わないのトラブルを避けるためにも、やり取りは履歴が残るジモティー内で行いましょう。

商品も袋や放送されているような場合は必ずその場で中身を確認することもかなり重要。後から文句を言っても聞き入れてもらえない場合があるのでブランド品や高額商品の場合は特に注意しましょう。

 

ジモティーでのトラブルを回避する方法

ジモティーは大手オークションサイトやフリマアプリと違い、個人間のやり取りです。そのため運営会社の責任範囲が狭くトラブルに遭ってしまったら自分で解決しなければなりません。

非常識な人や詐欺師との交渉は非常に困難で、気力も時間も奪われ最終的には泣き寝入りになってしまうパターンも少なくありません。

詐欺に遭わないためには相手をしっかりと見極めることが重要です。そのポイントを解説していきます。

 

①人気のなところでは取引しない

取引の場所や時間を気を付けることで安全性はかなり保たれます。

人気のない公園や夜間の時間帯に待ち合わせをするのは絶対にやめましょう。

特に女性や学生さんはトラブルに巻き込まれやすいので1人で会いに行くことは避けましょう。

駅や繁華街、コンビニエンスストアの駐車場などの人気の多い所で2人以上で取引を行うことをおススメします。

 

②安易に個人情報を明かさない

素性の分からない人との取引は不安が募ります。お互いに個人情報を握っていれば安心なのは分かりますが、直接取引なのに自宅の住所を詳細まで教えたり会社や学校名を伝えることは非常に危険です。

「そんなことなんで聞くのかな?」「それって関係なくない?」と少しでも思ったらすぐには答えずに周りの人に相談してみるのも良いでしょう。

待ち合わせのやり取りも、ジモティー内で行えば安全です。LINEやメールアドレスを聞いてくる相手には「ジモティー内で連絡を取り合いましょう」ときっぱりとお断りをしてください。にもかかわらず「ジモティー内だと通知に気が付かないことがある」などと言ってくる相手は注意しましょう。

メアドやLINEに取引終了後にも連絡が来たというトラブルが報告されているので、よっぽどの理由(そんなもの無いと思いますが)が無い限りは教えてはいけません。

 

③相手の評価は必ず見る

安全に取引するためには、相手の評価は必ず確認しておきましょう。

ジモティーには個人、法人、リサイクルショップなどの店舗、と様々な人が利用しています。企業や店舗だから大丈夫と思わずにこれまでの取引履歴や登録情報のチェックをしておくことでトラブルを回避できます。

 

■チェックポイント

  • プロフィールの記載があるか
  • 認証はしてあるか
  • 評価に”悪い”は無いか(評価のコメントはできる限り全部読みましょう)
  • 登録日が直近すぎないか
  • 出品商品に不審な点は無いか

 

商品ページ以外にも上記の内容をしっかり確認しあやしいと思ったら取引はやめておくべきです。

 

④おかしいと感じたら取引をやめる

おかしいと感じたら、取引が成立する前であれば迷うことなく中止しましょう。「なんて言って断ろう。。」と気に病む優しい人がいますが、おかしいと感じた人にそのような遠慮は不要です。

取引をしてからでは遅い場合があるので、危険を感じたら家族や友人に相談し早めの対応が大事です。

取引が成立してからでも、安全に取引を続けられないと感じたらやめておきましょう。ただし、取引成立後のお断りはトラブルになる可能性が高いので慎重に行わなければなりません。

悪質な利用者は執拗に連絡してきたり嫌がらせをする人もいるので、個人を特定できる情報は絶対に教えないようにしましょう。

 

⑤事前振り込みはおこなわない

配送取引に多いのが「代金を振り込んだのに、商品が届かない」というトラブルです。代金を振り込んだらその後連絡が取れなくなったという事例もあります。

ジモティーでは個人間の振り込み取引は禁止されています。また、ギフトカードを購入しそのコードでの取引やコンビニ払い等で先払いをススメてくる出品者は詐欺の可能性が高いので取引はやめておきましょう。

配送取引を利用する場合は事前振り込みは行わずに代金引換を利用してください。

 

⑥常識がない人はブロックする

メッセージやり取りの段階で、非常識と感じた相手は取引をやめ必要があればブロックすることもできます。

これは出品者でも購入者でもどちらの立場であってもできることなので、いらぬトラブルを回避するためにも防御策として知っておきましょう。

メール履歴→ブロックしたい相手とのやり取り画面→最上部「ブロック」

この操作でブロックした相手からのメッセージは受け付けなくなります。

 

 

⑦詐欺にあったら警察へ連絡

ジモティーの運営は、やり取りの内容に関するトラブルには基本対応してくれません。

一応問い合わせ窓口(メール対応)はあるので連絡してみるのも一つの方法です。

しかし、”よくある問い合わせ” を読む限り「自分たちで解決してください」といった内容がほとんどでジモティー側で相手に連絡を取ったり間に入ってくれることはありません。

暴力を振るわれた、痴漢行為に遭った、脅された、金銭的なトラブルは警察や弁護士などの法的機関に相談しましょう。(公式ホームページではなぜか「法テラスなどの第三者機関へ」と法テラスをやたら推しているのが気になります)

ジモティーよくあるお問い合わせ

 

 

ジモティーの口コミ

 

実際にジモティーを利用した人の口コミを集めてみました。

0円や地元なので送料がかからないといった利点がある反面、利用者や運営側のマナーの悪さが多数報告されています。

 

悪い口コミ:利用者のマナーが悪い

  • 料金がかからないシステムのためか、相手のことを考えず自己中の人が多い。
  • 約束の時間に何の連絡もなしに遅れてきて謝りもしない人がいた。
  • 当方女性ですが、出品と関係なく「会ってください」とのお誘いメールが届き即ブロック。
  • 待ち合わせ場所を見つけられなかった購入者に「嘘を教えられた」とキレられた。
  • 友達かのような言葉づかいや返信をすぐに求めてくる人が多すぎ。
  • 値段を格安で提示しているのに「0円で譲ってくれませんか」という問い合わせが多数来た。

 

悪い口コミ:運営サポートが残念

  • サポートに問い合わせしても一方的で話にならない、上から目線。
  • 回答が理由とかが明確じゃない、条例を理解していない。
  • 問題に対して対策やシステム改編する気がなさそう。
  • 取引が成立してなくても、質問をしただけで悪い評価を付けられた。

 

良い口コミ:引っ越しなどの不用品処分に最適

  • 粗大ごみとして出すとお金がかかるので、ジモティーで0円出品したら即もらい手が見つかった。
  • 育児用品など一時的にしか使わないものを譲ってもらい必要がなくなったら譲るので荷物にならない。
  • 引っ越しの時に一気に家電や家具が処分できるので便利。
  • 自分で処分するにはお金がかかる家電を数点2000円~で出品したら1万円近くになった。
  • 取りに来てもらう人を限定で出品したら地元だからすぐ見つかり引っ越しの荷物がかたづいた。

 

良い口コミ:0円~格安で良品が見つかる

  • 他のフリマサイトでは3000円~する小型テレビが引っ越し処分とのことで取りに行けば0円だった。
  • ブランド品や高級家具がまとめて「譲ります」で出品されていてラッキー。
  • 0円ということで最初は不安でいっぱいだったが相手をよく確認して見極めて上手く使えばいい。

 

その他の口コミ

  • 0円だとすぐにもらい手がみつかるが、100円とか値段を付けたとたん問い合わせが減る。
  • 0円商品は粗大ごみのようなモノが多くすぐに壊れたり初めから動かなかったりする。
  • 地元なので条件が合えば取引が早い。
  • 取りに来てもらえるので発送の手間や費用がかからずにすむ。
  • 家電や家具は人気がありすぐに買い手がつく。

 

ジモティーの使い方

 

 

注意して利用すれば家電や家具などオークションやフリマよりも便利なジモティー。

登録から取引の方法まで、使い方を画像付きで紹介します。

 

登録方法

利用には会員登録が必要です。

 

 

■サイト上で使用するニックネームと登録用メールアドレス、PWを記入して会員登録ボタンを押すと、メールが届くので「メールアドレス認証」をクリックすれば登録完了です。おどろくほど簡単ですね。

閲覧するだけならこの状態で利用できますが、投稿者とのやり取りには本人確認が必要です。

 

検索方法

希望の商品やサービスを検索するには、①カテゴリーから検索 ②住んでいる地域から検索 と2通りの方法があります。ここではジモティーの特徴を生かし ②で検索してみます。

 

■エリアを選択すれば、エリア版に切り替わるのでそこから商品カテゴリーを選択します

 

 

■更に詳細の地域と商品カテゴリーを選ぶと該当の投稿がずらりと並びます。

 

投稿の数は思った以上に多いので、キーワードや地域を絞って見つけやすい状態で検索することをおススメします。

 

取引の流れ

希望の商品が見つかったら、まずは投稿者にメール(ジモティー内のシステムです)で問い合わせから始めます。

 

 

■売ります・あげます のカテゴリーでメール機能を利用するには、「本人確認」が必要です。

一般的に使用されているのはSMS認証なのでこちらを使用して本人確認を済ませます。電話番号が掲載されることはないので身分証を提出するよりはこの方法が良いでしょう。

認証が完了すると、投稿者とやり取りをすることができます。

 

■あとは、LINEのようなやり取りで取引最終までこのツールを使って連絡を取り合うことができるので他のツールの連絡先を伝えなくても十分にやり取りできます。

 

 

(画像は筆者の実際に取引完了したやり取りで、ひやかしの問い合わせではございません)

 

受け取りが完了してもこの画面は残りますし、(相手が退会しない限り)やり取りも60日間は継続できます。

 

他のフリマとの比較

 

現在オークションサイトやフリマアプリなど個人間で売買できるサービスが複数登場しています。サイトによってそれぞれの特徴があるのでその特徴を知ったうえで利用することがポイントです。

今回は代表的なオークションサイト”ヤフオク”とフリマサイトの”メルカリ”がジモティーとどのように違うのかを比較してみました。

どちらも手数料が10%かかり、利用者の質はジモティーよりも高いとの評判です。

基本配送取引なので梱包の手間がかかりますが、匿名配送システムなどを利用すれば直接取引よりも安全に取引することができます。

 

ヤフオク

ヤフオクはフリーマーケットと違いオークションサイトのため、商品価格が変動します

最低落札価格を設定すればそれ以下になることはありませんが、1円スタートなど購入者が価格を決定する方式にすれば思ったよりも低い金額で取引成立する場合もあります。逆に購入したい人が想定よりも高価格をつけることもあり、自分では大した価値がないと思っていた品物が高額で落札されるのでフリマよりも夢のある市場です。

 

ジモティーのように地域は限定されず全国規模での取引となるため、基本配送での取引になります。

個人だけでなく法人やメーカーの公式ショップも参入しているので非常識な利用者はジモティーよりもかなり少ないです。

商品代金はYahoo側に一時的に預けられ、商品が到着した時点で出品者に支払われるので安心安全に取引できます。

出品する場合は、サイトの使用料は無料ですが落札金額の8.8%~10%が手数料としてかかります。オークションなので値引き交渉が無い点も利用者からは好評です。

 

メルカリ

フリマアプリの最大手であるメルカリは、個人売買初心者や主婦、学生など気軽に利用できるのでやり取りが活発に行われています。

価格も出品者が決めることができるので、オークションのように入札されるたびにドキドキする必要がありません。出品商品は、カテゴリー的にはヤフオクやジモティーと変わりませんがハンドメイド商品や名前入れや似顔絵などのサービスの提供が多いことが特徴です。

購入者は事務局にお金を支払い、売り手と買い手が評価をしないと出品者に支払われないようになっているます。あまりにも酷い商品を販売すると評価してもらえず代金が手に入らないので、ジモティーよりも安心です。

販売手数料はヤフオクと同じ10%で、この金額で安心と安全を買っていると思えばそう高くはないと思われます。

最近では転売問題や、過度な値引き交渉トラブルも報告されていますが変わらず人気のフリマサイトです。

 

まとめ

ジモティーのトラブルと安全性や口コミについて解説いたしました。

地元密着という特徴から、配送の手間がかからない、不用品処分として利用できるなどの利点もありますが利用者の質の低さや料金トラブルは後を絶ちません。

購入前には相手をできる限り観察し、受け取りの際は単独では行わないなどの注意をおこたらなければ便利なツールなので安全を確保しスムーズで安心できる取引を行ってください。