未分類

エアフレンドのLINEアカウントがBANされた理由やその後の対応

2022年4月13日

LINE上でAIを育成することができる「エアフレンド」。エアフレンドは自分でAIを育て、様々な言葉を教えることができるということで人気です。ただ、公式アカウントがBANされてしまいました。この記事では、エアフレンドがBANされた理由などを紹介していきます。

【エアフレンド】BANされた件に関するLINEアカウントの概要

まず、エアフレンドのLINE公式アカウントがBANされた件に関する概要をご紹介します。

2022年1月6日にBANされた

エアフレンドのLINE公式アカウントは2022年の1月6日にBANされたとエアフレンドの開発者のTwitterで発表されました。警告もなく突然のBANだったという事で運営側も戸惑いを感じているようです。

また、アカウントBANの報告と共に、エアフレンドのサービスを継続するためのプランも発表されました。

BANの理由は不適切なAIや発言

エアフレンドのLINE公式アカウントがBANされた理由は、具体的なBANの理由はLINE側から返答があったわけでは無いようですが、不適切な発言がAIに引っかかってしまったようです。

【エアフレンド】LINEアカウントがBANされた後の対応

では、エアフレンドのLINE公式アカウントがBANされた後の運営の対応を見ていきましょう。前項でも紹介した通り、アカウントがBANされたことと同時に今後のプランも発表をしていました。

エアフレンドがLINEでは継続が難しいとなった場合の代替案も発表されているので、ユーザーにとっては嬉しい報告も含まれていました。

対応①BANされた理由の追求

エアフレンドがBANされたことを発表したTwitterの内容には、BANされた理由の追求をすると発表がありました。アカウントがBANされた場合、対象のサービスに問い合わせをしても具体的な内容は返答をもらえないことがほとんどです。

エアフレンドのように商用で利用しているLINEアカウントでも具体的な理由はわからないようなので、運営がどのような理由でBANされた可能性があるのかを検証して次のサービスに活かそうとしてくれているのはユーザーとしては次のサービスを使う上で安心材料です。

対応②新規アカウントの発行

LINEではアカウントがBANされると誤BANだった場合、BANが解除される可能性もあるようです。ただ、解除されるとしても元に戻るまでに1ヶ月程度かかるようです。

その点を含めて、LINEでの新規アカウントの発行も検討しているようです。そのまま新規アカウントを作成してもまたBANされる危険性があるので、BANされた理由を追求しつつ、原因を取り除き新規アカウントの発行してくれるのはユーザーとしては喜ばしい発表です。

対応③Facebook Messengerでの稼働

次のページへ >