【APEX】FPSを最大まで上げる設定やモニターの選び方を紹介

APEXをプレイするうえでFPS(フレームレート)は非常に重要です。そこで今回はAPEXのFPS(フレームレート)を最大まで引き上げる設定についてご紹介していきます。また、FPS(フレームレート)を最大にするためのモニター選びまでご紹介します。

【APEX】FPS(フレームレート)を最大まで上げるおすすめ設定

ではAPEXのFPS(フレームレート)を最大まで上げるおすすめ設定をご紹介します。

おすすめ設定①ゲーム内のビデオ設定

まずAPEXのFPS(フレームレート)を最大まで上げるおすすめ設定はゲーム内のビデオ設定です。

画面モードフルスクリーン
縦横比16:9(ネイティブ)
解像度1920×1080
明るさ50%
視野(FOV)90
FOVアビリティ・スケーリング無効
スプリント時の揺れ
垂直同期無効
NVIDIA Reflex有効
解像度の目標FPS0
アンチエイリアスなし
テクスチャストリーミング割り当て最低(VRAM:2GB)
テクスチャフィルタリングバイリニア
アンビエントオクルージョン品質無効
サンシャドウ範囲
サンシャドウディティール
 スポットシャドウディティール無効
空間光無効
ダイナミックスポットシャドウ無効
モデルディティール
エフェクトディティール
衝撃マーク無効
ラグドール

このような設定となっています。

おすすめ設定②videoconfig.txt設定

次のAPEXのFPS(フレームレート)を最大まで上げるおすすめ設定はvideoconfig.txt設定です。

videoconfig.txt設定ですが、PC内部から編集する必要がありエクスプローラーの[ C:\Users\user\保存したゲーム\Respawn\Apex\local\videoconfig.txt ]に位置しているファイルを編集します。

[ C:\Users\user\保存したゲーム\Respawn\Apex\local\videoconfig.txt ]を開き、テキストを全て削除したうえで、

  • “VideoConfig”
    {
    “setting.cl_gib_allow””0”
    “setting.cl_particle_fallback_base” “3”
    “setting.cl_particle_fallback_multiplier” “2”
    “setting.cl_ragdoll_maxcount” “0”
    “setting.cl_ragdoll_self_collision” “0”
    “setting.mat_depthfeather_enable” “0”
    “setting.mat_forceaniso” “1”
    “setting.mat_mip_linear” “0”
    “setting.stream_memory” “0”
    “setting.mat_picmip” “2”
    “setting.particle_cpu_level” “0”
    “setting.r_createmodeldecals” “0”
    “setting.r_decals””0”
    “setting.r_lod_switch_scale” “0.35000”
    “setting.shadow_enable” “0”
    “setting.shadow_depth_dimen_min” “0”
    “setting.shadow_depth_upres_factor_max” “0”
    “setting.shadow_maxdynamic” “0”
    “setting.ssao_enabled””0”
    “setting.ssao_downsample” “3”
    “setting.modeldecals_forceAllowed””1”
    “setting.dvs_enable” “0”
    “setting.dvs_gpuframetime_min””15000”
    “setting.dvs_gpuframetime_max””16500”
    “setting.defaultres” “1920”
    “setting.defaultresheight””1080”
    “setting.fullscreen” “1”
    “setting.nowindowborder” “0”
    “setting.volumetric_lighting” “0”
    “setting.mat_vsync_mode” “0”
    “setting.mat_backbuffer_count””1”
    “setting.mat_antialias_mode” “0”
    “setting.csm_enabled” “0”
    “setting.csm_coverage””1”
    “setting.csm_cascade_res” “512”
    “setting.fadeDistScale” “1.000000”
    “setting.dvs_supersample_enable” “0”
    “setting.gamma” “1.000000”
    “setting.configversion” “7”
    “mat_disable_bloom””1”
    “mat_specular” “0”
    “mat_bumpmap””0”
    “r_dynamic” “0”
    }

こちらを貼り付けてください。

最後に「読み取り専用」にチェックを入れ「適用」をクリックしましょう。

おすすめ設定③Origin-in-Gameを無効にする

次APEXのFPS(フレームレート)を最大まで上げるおすすめ設定はOrigin-in-Gameを無効にする設定です。

Origin-in-Gameを無効にするには、

  1. Originを開く
  2. 左上から設定アイコンをクリック
  3. ORIGIN IN-GAME」→「Origin In-Gameを有効にする」をOFFにする

でOKです。

おすすめ設定④詳細な起動オプションを調整する

次APEXのFPS(フレームレート)を最大まで上げるおすすめ設定は詳細な起動オプションを調整する設定です。

APEXでは、

+cl_showfps 4ゲーム画面左上にfps等を表示する
-highCPU処理の優先度を高にする
-forcenovsync垂直同期をオフにする
+fps_max 0fpsの上限をなくす。0の部分を変更して上限の設定もできる。
例: +fps_max 240 → fpsが240で上限
-fullscreenゲーム起動時にフルスクリーンで起動する
+miles_channels 2オーディオを2.0chにする
+exec autoexec起動時にautoexec.cfgを読み込む

このようなコマンドがあり、APEX上に適用させることができます。

おすすめ設定⑤NVIDIAの3D設定を調整する

次APEXのFPS(フレームレート)を最大まで上げるおすすめ設定はNVIDIAの3D設定を調整する設定です。

NVIDIAの3D設定を調整するには、

  1. PCデスクトップ上で右クリック
  2. 「NVIDIA コントロールパネル」を開く
  3. 「3D設定の管理」→「プログラム設定」→「Apex Legends」をクリック

ここで、

  • レンダリング前最大フレーム数:1
  • 電源管理モード:パフォーマンス最大化を優先
  • 垂直同期:OFF
  • スレッドした最適化:ON
  • 優先的に使用するリフレッシュレート:利用可能な最大値

に変更してください。

おすすめ設定⑥電源パフォーマンス調整する

関連する記事