Antimalware Service ExecutableのCPU占有率が高いときの対処法!

Microsoftが提供しているウイルス対策ソフトのAntimalwareServiceExecutable。使っている方も多いと思います。そんなAntimalwareServiceExecutableの停止方法を今回は見ていきましょう!

 

Antimalware Service Executableとは

まずAntimalware Service Executableとはいったい何なのでしょうか。

Microsoftが提供するアンチウイルスソフト

Antimalware Service Executableとは冒頭でもありましたがMicrosoft社が提供しているウイルス対策ソフトです。

Microsoft社が開発して提供しているWindows専用のセキュリティ機能である「Windowsセキュリティ」に合同されています。

 

またAntimalware Service Executableではダウンロードしたファイルやアプリなどをバックグラウンドで自動的にスキャン。

そしてウイルスなどが仕込まれていないかなどを見てパソコンを保護することができるようになっています。

なのでAntimalware Service Executableを導入していればWindowsのPCが無防備な状態になることを防ぐことができます。

Antimalware Service Executableが重くなる原因

では次にAntimalware Service Executableが重くなる原因を見ていきましょう。

Antimalware Service Executableが重くなる原因にはいくつかあるので1つ1つ抑えていきます。

バックグラウンドで常に動いているためメモリ使用率が高い

まずはバックグラウンドで常に動いているためメモリ使用率が高いことが挙げられます。

Antimalware Service Executableでは先ほども述べたようにバックグラウンドでPCをウイルスから守ります。

なので継続的に監視することになるのでメモリの使用率が異常に高くなります。

 

PCで多くの処理をしている場合やパソコンの性能がそこまでよろしくない場合はAntimalware Service Executableによって動作が一気に重くなる場合があります。

なので最新のPCに買い替えるなどの手段が必要となります。

自身をスキャンし続ける不具合

次は自身をスキャンし続ける不具合です。

Antimalware Service Executableでは自分はウイルスに感染しているのかどうかを常に検索しスキャンをしています。

なのでスキャンを永遠にしている状態となってしまうので不具合が起こるようですね。

Antimalware Service Executableが重いときの対処法

ではAntimalware Service Executableが重いときの対処法を見ていきましょう。

先ほどの原因を排除することもできます。

Antimalware Service Executableが重いときの対処法にもいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

①Windows Defenderの除外リストに追加

関連する記事