エミュレータBlueStacksは安全?危険性や違法性を徹底解説

エミュレータBlueStacksというAndroidのエミュレータは危険性があるのでしょうか。危険性や違法性があるのか安全に利用できるのかについて紹介していきますので、エミュレータBlueStacksを利用している人はチェックしてみてください。

BlueStacksとは

エミュレータBlueStacksというAndroidスマートフォンでよく利用されているエミュレータを知っていますか。そもそもエミュレータとは、特定のハードウェアやOS向けに開発されたソフトウェアを、本来の仕様とは異なる動作環境で擬似的に実行させるためのソフトウェアやハードウェアのことを言います。例えばiPhoneで動作しているアプリケーションやソフトウェアをAndroidスマートフォンで動作させたいときなどにエミュレータを利用していて動作確認やテストを行ったりします。

基本無料で使えるAndroidエミュレータ

ハードウェアやOS向けに開発されたソフトウェアであるエミュレータですが、エミュレータBlueStacksはその中でもAndroid用のOSで利用できるエミュレータになっています。Android用のエミュレータは他にもたくさんの種類がありますが、エミュレータBlueStacksの特徴としては、無料で利用できるエミュレータになっています。なのでちょっとした自作のアプリケーションやソフトウェアの動作確認をしたい場合やAndroidスマートフォンでも動作するかテストしたい場合などに簡単にダウンロードすることができ、試すことができます。

Androidゲームやアプリの閲覧・プレイがPCで可能に

またエミュレータBlueStacksを利用することでAndroidスマートフォンのゲームアプリや他のアプリケーションをパソコンから利用できるようになっています。なので単純にエミュレータとして利用するだけではなく、大画面でAndroidスマートフォンのゲームアプリをやりたい場合などにもエミュレータBlueStacksを利用している人が多くいます。パソコンでエミュレータBlueStackswを利用するためには、パソコン側にエミュレータBlueStackswをダウンロードする必要があるので注意してください。

BlueStacksの危険性

ここまではエミュレータBlueStacksの特徴やエミュレータBlueStacksを利用するポイントについて紹介してきましたが、エミュレータBlueStacksは危険性があることを知っていますか。エミュレータBlueStacksは便利なソフトウェアでありますが、危険性があるのではあまり利用したくない人が多くいるのではないでしょうか。ここではエミュレータBlueStacksの危険性や安全性についてチェックしていきましょう。

ウイルスが仕込まれている可能性は極めて低く安全なエミュレータと言える

まずエミュレータBlueStacksの危険性としてよく言われていることとしては、ウイルス感染の可能性がある点です。エミュレータBlueStacksをダウンロードしているパソコンにウイルス感染して、個人情報が流出したり、データが破損される可能性があるとよく言われていますが、実際は、ウイルスが仕込まれている可能性は極めて低く安全なエミュレータです。エミュレータBlueStacksをダウンロードしたからといってウイルス感染する可能性が非常に低くなっています。

不具合や脆弱性などの問題への対応も早い

またエミュレータBlueStacksの危険性として、不具合や脆弱性などもよくデメリットして言われることがありますが、エミュレータBlueStacksを提供しているローゼン・シャルマ は、不具合や脆弱性などの トラブルに対する対応が早くなっています。万が一エミュレータBlueStacksにトラブルがあったり、脆弱性が発見されてもすぐに改善プログラムやパッチが提供されているため、利用者も安全に活用できるようになっています。

2018年には脆弱性が見つかり攻撃を受けた事例がある