whoops,looks like something went wrongが表示される原因と解決法

今ネット上で「whoops,looks like something went wrong」と表示される不具合が話題になっています。

今回は「whoops,looks like something went wrong」と表示される原因と解決法を見ていきます。

whoops,looks like something went wrongと表示された事例

ではwhoops,looks like something went wrongと表示された事例を見ていきます。

whoops,looks like something went wrongと表示された事例を3つご紹介していきます。

 

まずはナイキのエアジョーダンの抽選販売に応募した際にwhoops,looks like something went wrongが表示されてしまったようです。

 

このように表示されてしまったようです。

 

次にサントリーの特茶のプレゼントへ応募した際にでもwhoops,looks like something went wrongと表示されてしまったようです。

 

このようにwhoops,looks like something went wrongが表示されるようですね。

 

最後はファッションレンタルサイトでもwhoops,looks like something went wrongの同様の事例が報告されています。

 

退会する際にエラーが表示されてしまったようです。

whoops,looks like something went wrongとはウェブサイト作成時のエラー

ではwhoops,looks like something went wrongについて究明していきます。

whoops,looks like something went wrongとはウェブサイトの制作時に出てくるエラーなんです。

 

whoops,looks like something went wrongが表示された後に「FatalErrorException in StreamConnection.php line 391: Allowed memory size of 1317011456 bytes exhausted (tried to allocate 179718328 bytes)」と表示されるケースもあります。

① 和訳すると「おっと、なにかがうまくいかなかったようです」

そしてこのwhoops,looks like something went wrongを和訳すると「おっと、なにかがうまくいかなかったようです」となっています。

和訳の「おっと、なにかがうまくいかなかったようです」とはつまり原因がよくわからない状況であるということです。

しかし「おっと、なにかがうまくいかなかったようです」への原因などはすでにネット上で公開されています。

② PHPフレームワークでウェブサイトを作成したときのエラーが原因

そのwhoops,looks like something went wrongが表示されてしまう原因はPHPフレームワークでウェブサイトを作成したときのエラーなんです。

PHPフレームワークでウェブサイトを作成したときのエラーが原因となってしまっているんですね。

 

つまりPHPフレームワークでウェブサイトを作成したときのエラーとはウェブサイトのサーバーに問題があるということです。

③ 解決法はウェブサイト作成側が対処してくれるのを待つだけ

whoops,looks like something went wrongと表示されてしまうとこちらがする解決法は待つだけなんです。

ウェブサイトの制作者が対処するのを待つしかないんです。

 

サーバーに問題があるのでwhoops,looks like something went wrongが表示されてしまったサイトの制作者が対応するまでは開くことはできません。

ちょっとの辛抱なので待っておきましょう。

ウェブサイト作成に使うPHPフレームワークとは

ではウェブサイト作成に使うPHPフレームワークについて見ていきます。

ウェブサイト作成に使うPHPフレームワークとはいったい何なのかを見ていきましょう。

① PHPというプログラム言語を使う