未分類

amazonプライムの会費のお支払い方法に問題がありますは詐欺!

2022年7月1日

突然【amazonプライムの会費のお支払い方法に問題があります】というメールが送られてきたことはありませんか?
このようなメールが届いた場合、対処法を間違えると大きなトラブルに発展する可能性があります。
実際にメールが届いた際の対応策について解説します。

amazonプライムの会費のお支払い方法に問題がありますは詐欺!

【amazonプライムの会費のお支払い方法に問題があります】というメールをご存知でしょうか?
そういったメールは、ほとんどの場合フィッシング詐欺のメールです。
もし、気づかずにメールを開いてしまうと大きなトラブルに発展する可能性があります。
今回の記事では【amazonプライムの会費のお支払い方法に問題があります】というメールが届いた際の対処法や、フィッシング詐欺について詳しく解説します。

フィッシング詐欺のメールの可能性が高い

最近増えているのは、有名な企業を名乗り【amazonプライムの会費のお支払い方法に問題があります】や【料金の滞納があります】などという文言でメールを開かせようとしてくるような迷惑メール。
このようなメールはフィッシング詐欺の迷惑メールの可能性が非常に高いです。
amazonを例に出すと、【amazonプライムの会費のお支払い方法に問題があります】という内容でメールが送られてきて、開いてみるとamazonのログインページに似せた偽サイトが表示されます。
しかし、ログイン情報を入力してしまうとamazonの会員情報から、amazonに登録してある住所やクレジットカードなどの個人情報が流出してしまう可能性が非常に高いです。
特にamazonやamazonプライムは利用しているユーザーも多いので、引っかかる方も多いと思います。

フィッシング詐欺とは

近年では、フィッシング詐欺や迷惑メールの手口も多種多様となっています。
フィッシング詐欺について、聞いたことはあるけど実際にどのようなものか分からないという方も多いと思います。
フィッシング詐欺とは、知名度のある企業などを名乗り【amazonプライムの会費のお支払い方法に問題があります】や【料金に滞納があります】などという不安を煽る文言でメールを送り付け、添付された偽サイトのURLからログイン情報を入力させて個人情報を盗む手口です。
総務省のサイトで解説されているので、詳しく知りたい方はそちらを確認してください。
フィッシング詐欺に注意-総務省

なぜフィッシング詐欺に引っかかる人が多いのか?

フィッシング詐欺はなぜ引っかかってしまうのでしょうか?
フィッシング詐欺は、送り主を詐称することや偽サイトのURLを添付したメールを送り付け、そこから個人情報を盗む手法のことを言います。
しかし、近年では手口が巧妙化しており、大手携帯会社やamazonなどの利用者が多い企業名を名乗ることにより、偽物と本物の判別が付きづらくなっています。
内容に関しても【amazonプライムの会費のお支払い方法に問題があります】や【料金の滞納があります】などといった不安を煽る文面になっていることが多いです。
送られてくるメールアドレスも、本物の企業が送ってくるメールアドレスに似せたものとなっており、フィッシング詐欺に引っかかってしまう要因と言えます。

フィッシング詐欺に引っかかってしまった場合どうなるの?

もし【会費のお支払い方法に問題があります】という迷惑メールを開いてしまった場合どうなるのでしょうか?
フィッシング詐欺に引っかかった場合、様々なトラブルに繋がることが予想されます。
具体的にどのようなトラブルに発展する可能性が高いのかamazonを具体例にして解説します。

クレジットカードなどの個人情報が盗まれる可能性がある

フィッシング詐欺によりアカウント情報が盗まれた場合、登録してある会員情報からユーザーの名前や住所、電話番号などが流出する可能性が高いです。
特に住所の情報が流出した場合、自宅に見に覚えのない物が届く【送りつけ詐欺】のようなトラブルに発展する可能性が考えられます。
amazonのアカウント流出が発生した場合、クレジットカードの情報が盗まれる危険性もあります。
最悪の場合、ユーザーのクレジットカードを勝手に使用されて高額の費用が請求される可能性もあるでしょう。

次のページへ >