Windowsのエラー「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」の対処方法を解説

Windowsエラーの「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」が表示されてことはありますか。Windowsのエラー「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」の対処法について紹介していきます。

エラー「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」の対処法

WindowsパソコンでWIndowsUpdateを定期的に行うことで最新のパッチを適用することで安定してWindowsパソコンを利用することができるのですが、そのWindowsUpdateで「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」のメッセージが表示されてしまうことがあります。ここではWindowsUpdateで「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」が表示されて場合の対処法について紹介していきます。

1.WindowsUpdateを手動で実行

まずWindowsUpdateエラーの「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」が発生した場合は、WindowsUpdateを自動で行うのではなく、手動でWindowsUpdateを試してみてください。

2.SSU (サービススタック更新プログラム) を手動で適用

また「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」のメッセージが表示されてしまった場合は、SSU(サービススタック更新プログラム)を手動で適用させましょう。SSU(サービススタック適用プログラム)とは、WindowsUpdateの機能を修正させるプログラムです。なのでWindowsUpdateで不具合がある場合は、SSU (サービススタック更新プログラム)を更新してみましょう。

3.エラーを無視してWindowsUpdateを実行

WindowsUpdateで「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」のエラーが表示される場合は、強引にWindowsUpdateを実行すると正常にWindowsUpdateが正常に実行できる場合もあるので、エラーが出ても無視して行ってみるのもいいかもしれません。

4.WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行

またWindowsUpdateのトラブルシューティングを実行するとWindowsパソコンで自動でエラー原因を調査して提示してくれる場合もあります。なのでWindowsパソコンの標準機能でトラブルシューティングより解決するかも確認してみましょう。

5.WindowsUpdateのコンポーネントをリセットする

WindowsパソコンのWindowsUpdateのコンポーネントで不具合が発生している場合はには、コンポーネントリセットすることで「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」のエラーが改善する場合があります。WindowsUpdateのコンポーネントリセットは少し古いバージョンのWindowsUpdateプログラムを実行することになりますので、注意してください。

スクリプトファイルでリセット

「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」のエラー対策として、WindowsUpdateのコンポーネントリセットは、スクリプトファイルでリセットで行う方法があります。スクリプトを「https://itojisan.xyz/wp-content/uploads/2020/08/WindowsUpdateReset.bat」からダウンロードして、管理者権限で実行することで「Task completed sucessfully!」のメッセージが表示されたらリセット完了です。

コマンドでリセット

またWindowsUpdateのコンポーネントをリセットする方法はコマンドプロンプトよりリセットする方法もあります。「Windows PowerShell」を管理者実行できどうして、以下のコマンドを実行することでリセットできます。

[サービス停止]
>>net
stop usosvc
>>net stop dosvc
>>net stop wuauserv
>>net stop bits[対象ファイル削除]
>>move %SystemRoot%\SoftwareDistribution %SystemRoot%\SoftwareDistribution.old
>>del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr0.dat
>>del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr1.dat[サービス起動]>>net start bits
>>net start wuauserv
>>net start dosvc
>>net start usosvc
>>%SystemRoot%\system32\usoclient.exe StartScan

6.利用者統計情報の許可設定