GooglePlay残高の使い道は?移行や反映されないときの対処法

GooglePlayはプリペイド式のカードとなっていますが、残高がちょうど無くなりませんよね。

ということで今回は、GooglePlayの残高の使い道について解説していきます。残高は移行できるのかや、反映されないときの対処法についても解説します。

GooglePlay残高の使い道は?

では、GooglePlay残高のいい使い道とはなんなのでしょうか?

GooglePlayはプリペイド式のカードとなっていますが、プリペイドカードは決まった額やあらかじめ購入した金額しか使えないため、数十円や数百円、残高が残ってしまうことがあります。

ということで、GooglePlayの残高の使い道のついて解説していきます。

映画やアニメを購入

まず、GooglePlayの残高の使い道は、映画やアニメを購入するということです。

GooglePlayでは映画やアニメのレンタルを行っており、料金も数百円からと非常に安くなっています。レンタルは48時間以内であれば何回でも見ることができるので、一度見たらもう見ないという人もおすすめです。

GooglePlayの映画やアニメはとても色んな種類があるので、GooglePlayの残高が数百円残ってしまったなどというときは、映画やアニメを購入するという使い道もあります。

音楽を購入

次の、GooglePlayの残高の使い道は、音楽を購入するということです。

GooglePlayでは音楽も販売しており、料金も数百円からと非常に安くなっています。楽曲は購入してしまえば聞き放題なので、お気に入りの楽曲を購入してみてもいいのではないでしょうか。

GooglePlayの音楽はとても色んな種類があるので、GooglePlayの残高が数百円残ってしまったなどというときは、楽曲を購入するという使い道もあります。

ちなみにGooglePlay Musicの定期購入は、個人向けのプランが980円となっているので、残高が1,000円程余ったら、定期購入するという使い道もあります。

電子書籍を購入

次の、GooglePlayの残高の使い道は、電子書籍を購入するということです。

GooglePlayでは電子書籍も販売しており、料金も数百円からと非常に安くなっています。また、無料で試し読みをすることもできるので、安心して購入することができます。

GooglePlayの電子書籍はとても色んな種類があるので、GooglePlayの残高が数百円残ってしまったなどというときは、電子書籍を購入するという使い道もあります。

有料アプリやアイテムを購入

次の、GooglePlayの残高の使い道は、有料アプリやアイテムを購入するということです。

GooglePlayの有料アプリは数百円からとなっており、気になる有料アプリを購入してみるのもいい使い道です。アプリによっては無料体験版もあるので、そちらからダウンロードしてみるというのもおすすめです。

また、ゲームをしているという人は、課金をしたいなと思うこともあると思います。数十円の課金アイテムなどもありますが、クレジットカードを持っていなかったりするとどうしても課金が難しいです。そんなとき、GooglePlayの残高を使用して、課金をするというのもよい使い道です。

LINEコインを購入

次の、GooglePlayの残高の使い道は、LINEコインを購入するということです。

LINEコインはスタンプや着せ替えを購入することができ、LINEコインを買っておくことで、スムーズにLINEのアイテムを購入することができます。

LINEコインは数百円で購入することができるので、LINEコインを購入して、スタンプや着せ替えを購入するというのもいい使い道です。

GooglePlayの残高を現金化することは可能?