NFTゲームで稼ぐ方法!稼ぐコツや無課金におすすめゲームも紹介

『NFTゲーム』というものを聞いたことがありますか?言葉の通り『NFT』を使用したゲームなのですが、最近のNFTゲームは稼ぐことができると話題になっています。この記事では、NFTゲームで稼ぐ方法!稼ぐコツや無課金のおすすめゲームなどを紹介します。

NFTゲームとは?

『NFTゲーム』とは、ブロックチェーンという技術を利用したゲームのことです。その言葉の通り、ゲームに『NFT』が使われており、NFTの売買や、仕組みにより収益を上げることが可能です。最近では、『Play-to-Earn(プレイ-トゥ-アーン)〜遊んで稼ぐ〜』という新しい概念が生まれており、既存のゲームにはない新しい感覚を味わうことができます。

NFTゲームは、投資のように事前資金が必要なものから、無課金で遊べるものまで数多くのタイトルが存在します。

NFTゲームで稼ぐ仕組み

『NFTゲームで稼ぐなんて本当にできるの?』そんな疑問を持つ方も多いと思います。しかし、実際にNFTゲームで稼ぐことができているプレーヤーが多数存在するのもまた事実です。ゲームなのになぜ稼ぐことができるのでしょうか?

結論をお伝えするならば、『NFTに価値があると認められているから』ということになります。

例えば、ゲームの中で、貴重な1点もののアイテムがあるとします。ゲームのプレーヤーはそのアイテムを『欲しい』と感じるはずです。しかしその貴重なアイテムも、誰かに複製された場合は価値が下がってしまいます。複製できるようなアイテムでは、欲しい人の人数も、アイテムの価値も下がってしまいますよね。

そのアイテムの価値を保証する技術が『NFT』であり『ブロックチェーン』です。プレイヤーは『NFT』のおかげで、安心してゲームで稼ぐことが可能となったのです。

NFTゲームで稼ぐ具体的な方法

『NFTゲームで稼ぐ』『Play-to-Earn』などと言っても、なかなかゲームで稼ぐということはイメージしにくいかとおもいます。下記では、NFTゲームで稼ぐための具体的な方法を解説していきます。

①NFTの売買

最もスタンダードな稼ぐ方法として『NFTを売買することで収益を得る』というものがあります。価格が比較的安価なうちにNFTを購入し、価格が高騰した時に転売することで収益を得ようというものです。売買方法としては、NFTゲーム内でそのまま売買ができるものや、NFT売買ができるマーケットプレイスを使用する方法もあります。

NFTマーケットプレイスは、世界最大の取引量を誇る『OpenSea』をはじめ多数く存在し、日本でも『Coincheck NFT(β版)』『LINE NFT』『楽天NFT』など、多くの企業が NFTのサービスを開始したことが話題となりました。

②NFTの入庫

NFTを売買するため、NFTマーケットプレイスに登録し、NFTを入庫して販売するという方法があります。例えば日本の暗号資産取扱所の最大手『Coincheck』にてNFTを入庫する場合は下記のような手順となります。

  1. 暗号資産ウォレットMetaMask(メタマスク)をインストール、登録する
  2. インストールしたMetaMaskと、Coincheck NFT(β版)を連携して、NFTを入庫する
  3. 入庫の際、入庫するNFT(ゲームのタイトル)、Token IDを入力する

③NFTの販売

Coincheck NFT(β版)では、入庫したNFTを販売することができます。マイページにて入庫したNFTが確認できるため、販売したいNFTを選択して販売しましょう。『出品』をクリックすると、販売した相手から『受け取る通貨』『金額』を選択することができます。

④仮想通貨を日本円に換金