eparkの悪質な口コミを削除する方法は?詐欺?やらせ?

『epark』は、飲食、美容、病院などの『順番待ち』『予約受付』を担うシステムのことです。ユーザーは施設ごとに口コミを記入することができるのですが、悪質な口コミが問題になっています。この記事では、悪質な口コミの対処方法や、eparkの実態について紹介します。

eparkの悪質な口コミを削除する方法は?

自分のお店に身に覚えのない悪質な口コミが入っていた場合、一刻も早く削除してしまいたいと考えると思います。『epark』に投稿された悪質な投稿は削除することが可能なのか、下記にて解説していきます。

eparkでは削除できる口コミとできない口コミがある

結論からお伝えすると、eparkの口コミ利用規約に反していると判断されれば、運営側に削除してもらえる可能性がありあます。つまり、投稿者の口コミ内容によっては削除できない場合があるということです。

eparkの口コミ利用規約の[第1条(同意)]には、『投稿者が投稿した口コミの内容を、永続的に保存、掲載することを保証しない』という一文がありますので、本当に悪質と判断されるなら削除してもらえる可能性が高そうです。

削除できる口コミの具体例

下記に、削除できる口コミの具体例を挙げてみます。

  • 『このお店は調理器具を全然洗わないらしい』
  • 『このお店の店長は、女性にしか指導しないらしい』
  • 『この病院の医者は、適当に診察しているらしい』
  • 『この病院のスタッフは、陰でお客さんの悪口を言ってるらしい』

などです。上記は全て『○○らしい』という憶測であり、実体験に基づいた内容ではありません。eparkの口コミ利用規約には、『掲載施設を実施に利用した実体験のみ』と定められています。投稿者側の規約も、eparkの口コミ利用規約の[第4条(投稿内容)]に記載されていますので、悪質な口コミに困ったら確認してみることをおすすめします。

eparkの口コミ利用規約

eparkで悪質なコメントを削除する方法は?

eparkの悪質な口コミの削除方法について説明します。口コミの削除はeparkの会員である必要がありますので、会員でない場合は会員登録する必要があります。

[削除方法の流れ]

  1. 削除したい悪質な口コミをクリック
  2. 画面下へスクロールし、[この口コミを通報する]をクリック
  3. お問い合わせフォームに削除の依頼内容を記入し送信する

以上です。

削除依頼は意外と簡単にできますので、あまりにもひどい悪質な口コミを見つけたら、積極的に削除依頼をかけてみましょう。また、少しでも削除できる可能性を上げるために、削除依頼をかける際は、eparkの口コミ利用規約のどこに抵触しているのか、具体的に記入して依頼することをおすすめします。

eparkは詐欺?契約解除しよう!

eparkに関して調べてみると、『詐欺!悪質!』と、かなり辛口の評判を目にすることがあります。eparkの収益構造は利用客からではく、掲載店舗から収益を得るモデルのため、売上が20万円なのに、システム利用料が15万円かかったという話もあるようです。これが本当なら確かに詐欺と呼ばれてもおかしくないように感じます。

eparkは、すでに多くの掲載店舗を抱えるサービスのため、一概に悪質な『詐欺』だと決めつけることはできませんが、掲載を検討する際に、料金システムや契約条件をしっかりと理解した上で契約するべきかと思います。そして、もし収益化を見込めないのなら契約をしない。すでに契約済みの掲載店舗は、契約解除を検討されるのが良いでしょう。

epark歯科は使ってはいけない?やらせ?詐欺?評判は?

『epark歯科』とは、eparkが運営するグループサイトのひとつで、『歯医者・歯科医院』の『予約・検索・口コミ』の検索サイトです。全国の歯医者・歯科医院を検索することができるサイトです。まとめると、下記のような機能が利用できる便利なサイト設計となっています。

  • 全国の歯医者や歯科医院が掲載されている
  • 予約・検索・口コミ という機能を利用できる
  • 口コミの内容で良かった点[例:清潔感、内装・設備]などからも検索をかけることができる
  • 気になる症状を先生に相談できる、『歯のお悩み相談室』機能を利用できる
  • 『お役立ちコラム』から歯に関する情報を得ることができる

見たところ、非常に優秀な情報サイトに見えます。それではなぜ、[やらせ・詐欺]などという悪質な噂が絶えないのでしょうか。

epark歯科とは?

『epark歯科』のビズネスモデルとは、『病院を利用する患者さんを送るごとに、送客の費用が発生する』というビジネスモデルです。契約している歯科医院に、患者さんが電話をかけることで、掲載店舗側に費用が請求されるという仕組みです。しかし、これはかなりのグレーゾーンだと噂されています。

このビジネスモデルだと、『患者さんを送ってもらうことと引き換えに、金銭を支払ってはならない』という、厚生労働省の敷いた規制に引っかかる恐れがあり、そのあたりのグレーゾーンの利用が『悪質・詐欺』という噂につながっているようです。