iPadのApple Storeアプリのデザインが一新!

Apple社は、現地時間5月19日、iPad向け「Apple Storeアプリ」をバージョン5.12へとアップデートし、iPadのユーザーインターフェースも一新しました。

iPad版「App Store」スッキリとしたデザインへ刷新!

Appleは現地時間5月19日、iPad上のApple Storeアプリをアップデートし、新しいサイドバーを含む、非常にスッキリとしたデザインを導入刷新しました。

サイドバーは、ユーザー側で「表示・非表示」も選択することが可能となっています。

サイドバーの刷新で素早く操作!カテゴリ別で選択もラクに!

画面左側のサイドバーは、ショッピング、Today at Apple(注1)セッション、お気に入り、注文履歴などに素早くアクセスできる仕様になっています。

また、製品別・カテゴリ別に買い物をするためのボタンもあるので、iPhone、Mac、iPad、Apple Watch、その他のApple製デバイスの選択肢に、より素早くナビゲートすることができるようになっています。

注1:大元はApple Storeで開催される無料講座の動画サービス。現在はコロナ自粛のため、「at Home」版として「遊び心あるレポート」を作るなど3つのテーマで公開。

外部コンソールもシームレスに追加可能!

Apple社によれば、今回のアップデートでは、iPadのショッピングでキーボードやApple Pencilをシームレスに追加することも容易になりました。

また、バーチャルなToday at Appleセッションのサポートも導入されています。

タブレット市場は前年同期比で44%の成長!Apple社は前年比75%上昇でシェアナンバー1堅持!

折しも全世界的なコロナ禍において、タブレット端末の需要が急増し、タブレット市場は前年同期比44%の高成長ぶりを見せています。

学生は授業の多くがリモート授業に振替られ、デスクワーカーも在宅やサテライトオフィスでのリモートワークが要求されました。

これほど大きな成長ペースは、実に2013年の第1四半期から、約8年ぶりとのことです。その中でもApple社は前年同期比75%の、驚異的な伸び率で更なるシェア拡大に成功しました。

まとめ

iPad版の「Apple Storeアプリ」が刷新されたことで、タブレット上からのショッピングがよりスムースに行えるようになり、タブレット端末も「ワンストップ」なコンソールへと接近しました。

Apple製品はApple社端末で、どれも簡単にショッピングできることは、Apple製品販売網の強化に寄与する技術と言えそうです。

source:MacRumors