【iPhone12】カメラの操作方法!撮影モードの使い方紹介!

iPhone12ではカメラの性能が向上しています。そこでナイトモードやポートレートモードなどいくつかの撮影モードなど、よりiPhone12のカメラを駆使できる使い方を紹介します。また写真だけではなく動画撮影に生きる特徴も紹介します。

iPhone12のカメラの使い方 :基本的な操作

最新iPhone、12シリーズはカメラの機能性能が進化しており、撮影を手軽、本格的に楽しむことができます。今回はその中でもiPhone12にフォーカスしてカメラ機能と使い方を紹介します。Proに比べるとお手軽な値段ではありますが、撮影体験は十分に楽しむことができる機能レベルです、12Proとの違いは、主に望遠レンズが搭載されている点です。まずはiPhone12カメラの基本的な使い方をマスターしていきましょう。

ピントの合わせ方

ますはピントを合わせる使い方をマスターしましょう。きれいな写真を撮るためにピントを合わせることは欠かせません。iPhone12のカメラには手ぶれ補正機能がついていますので、基本的にはカメラに任せて問題ありません。ですが、たまにピントのあって欲しいものとは違うものにピントを合わせてしまうことがあります。そのよな時には次のような手順でピントを合わせます。

まず、ピントを合わせたい被写体が写る部分をタップしてください。画面上でピントを合わせたい部分をタップすることで狙いを定めることができます。次に、黄色い枠が表示されますので、ピントがあっているかを確認してください、タップした部分にピントがあって黄色い枠が表示されたら、ピントが合っているかを確認します。ピントがあったらそのままカメラを前後に動かさずシャッターを切りましょう。

明るさ調節

次に明るさ調整です。ピントを合わせて写真をとっても写真が暗いと台無しになってしまいます、そんな時には明るさを調整できる機能を駆使しましょう。先ほどのピント調整の過程で黄色い枠が表示されたかと思いますが、その時に同時に太陽のマークが出てきます。そのマークで「明るさを調整することができます。

まず、ピントを合わせるのと同じように被写体をタップして黄色い枠を表示させます。ピントがあっているのを確認したら、横に表示されている太陽マークをタッチしてそのまま指を上下にスライドしてみてください。上にスライドすると明るくなり、したにスライドすると暗くなります。画面を見ながら好みの明るさに調整してください。

明るさ調節の設定方法

iPhoneカメラには「AE/AFロック」という機能があります。ピント、画面の明るさ、焦点距離を一定に保ち続けてくれます。方法はピントを合わせたい被写体を長押しして画面上部に「AE/AFロック」と表示されたら設定完了です。また、太陽マークのスライド以外にも露出補正で明るさを調整することができます。「設定」>「カメラ」>「設定の保持」>「露出調整」をオンにして、カメラを開いた状態で露出調整機能で明るさを調整します。+に行くと明るく、マイナスに行くと暗くなります。

アングルの決め方

最後に重要なのがアングルです。変に傾いているとせっかくの写真もきれいに見えなくなってしまします。そこで便利なのがグリッド機能です。「設定」>「カメラ」>「グリッド」でグリッド機能を蔭位数と画面上が9分割されます。この線に合わせて水平に写真を取れているか確認しましょう。

Phone12のカメラの使い方 :さまざまなモード

iPhone12のカメラには様々なモードがあります。これらのモードを駆使することで、よりいい写真をiPhone12で撮ることができます。ここではナイトモード、Deep Fusion、スマートHDR3、ポートレートモードの4つのモードの使い方を紹介します。

①ナイトモード

iPhone12のナイトモード暗いところで写真を撮る時に明るくしてくれるk機能です、ナイトモードは暗くなると自動で作動します。ですが、自分でナイトモードに切り替えることもできます。使い方としてはナイトモードの間は画面上部に撮影時間が表示されていますが、表示されている秒数の間撮影がされていますのでシャッターボタンを押してからその秒数はiPhoneを動かさないようにしてください。

ナイトモードの効果的な使い方

ないとモードの効果的な使い方は暗い場所でよりディテールを残しながらも明るくノイズを低減させた写真を撮ることです。

自分でオンオフができる

ナイトモードは暗い場所で写真を撮ろうとすると自動でオンになりますが、ナイトモードをオフにしたい時もあるかもしれません。オフにする使い方は、画面上部の「ナイトモード」または「」をタップしてください。画面上うのスライダーをみぎにスワイプすることでないとモードをオフにすることができます。

秒数を変えることができる

先ほどのスライダーから秒数を変更することもできます。秒数が長くなるとぶれやすくなるのでブレが気になる場合には秒数を少し短くしてもいいかもしれません。

②Deep Fusion

関連する記事