iPhone gpsの追跡方法!浮気不倫男の居場所を特定!

この記事は約 10 分で読むことができます。

iPhoneのGPS機能を使って相手の居場所を確認・追跡する方法。追跡機能(位置情報共有・履歴表示機能)のある人気アプリ&使い方を紹介。追跡回避対策・対処法として「追跡されない方法」も。基本機能~位置情報アプリ精度も調査。

iphone,gps,追跡

公式アプリ「iPhoneを探す」で相手を追跡する方法

まずはiPhoneの公式アプリ「iPhoneを探す」を使った追跡方法【基本】をご紹介していきたいと思います。

このアプリは本来、自分の無くしたiPhoneを探すためのものですが、そこで利用されるGPS機能を応用して相手の位置情報を特定できます。

「iPhoneを探す」の使い方

まず自分のiPhoneに、「iPhoneを探す」アプリがインストールされているか確認してください。

通常であればもともとインストールされているアプリですが、削除してしまった方はApp Storeからインストールすることができます。

インストールする際は、自分のApple IDで入手してください。

自分のiPhoneの「iPhoneを探す」アプリを起動します。

iPhoneを探す,浮気

するとApple IDとパスワードが求められると思うので、追跡したい相手のiPhoneに登録されている

  • Apple ID
  • パスワード

を入力します。

チェックポイント!

「iPhoneを探す」で相手の(iPhoneの)位置を探すためには、相手が利用しているApple IDとパスワードが必要になる!

サインインすると、相手のApple IDとひもづけられているアップル製品が全てマップ上に表示され、今の位置情報がわかります。

iPhoneを探す,浮気

もし相手がiPhoneを持って外出していれば、その位置がご自分のiPhoneで把握できてしまいます。

またiPhoneだけでなく、

  • Apple Watch
  • iPad
  • MacBook
  • AirPods
  • iPod Touch

などのアップル製品でも位置情報を把握することが可能です。

オンラインのデバイスには緑のマークが、オフラインのデバイスには灰色のマークがつきます。

オンラインは常に位置情報が更新されるため、リアルタイムの位置が把握できますが、オフラインのデバイスは最後にオンラインになった場所が表示されます。

そのため、リアルタイムの位置情報を把握するためには、デバイスがオンライン状態になっている必要があります。

iPhoneは常にオンライン状態であることが多く、GPSが作動したままなので位置情報が把握しやすいです。

「iPhoneを探す」の注意点

今ご紹介した「iPhoneを探す」を利用しての追跡方法には、お分かりの通りいくつか注意点があります。

相手のApple IDとパスワードを把握していることは、「iPhoneを探す」アプリのサインインで必要なので、非常に重要です。

「iPhoneを探す」アプリにサインインしても、なかなか相手のiPhoneが表示されないことがあります。

それは、相手側のiPhoneの「iPhoneを探す」設定がオフになっているからです。

iPhoneを探すをオンにする方法

⒈設定アプリを開き、iCloud情報欄をタップします。

iPhone

⒉iCloud>iPhoneを探す>iPhoneを探すをオンにする

iPhoneを探す,浮気

つまり相手のiPhone設定を変更する必要があるため、相手のiPhoneを手に入れる必要があるのと同時に、パスコードロックを解除しなければなりません。

通常であればiPhoneを探す設定はオンになっています。

オフになっている場合、相手があなたの行動に不信感を持っている可能性はありますので、注意しましょう。

GPSの精度について

GPSの精度についてですが、私の体感だと半径5m程度のラグはあると思いますが、それほど大きなラグはないと思います。

ただし相手のいる場所の電波状況にもよると思いますので、実際の位置に行く場合は見つからないように十分注意しましょうね。





相手にバレずに追跡する方法【裏ワザ】

「iPhoneを探す」アプリを利用した追跡方法は、

  • 相手のiPhoneのロックが解除できること
  • 相手のApple IDとパスワードを調べること

と、比較的難易度の高いことが要求されています。

相手のiPhoneの「iPhoneを探す」機能が利用できれば、一番手っ取り早いのですが浮気を疑っていると思わせるリスクは避けたいもの。

そこで自分のiPhoneを相手に持たせてしまえば、相手のiPhoneを操作する必要がないため感づかれるリスクが減ります。

ここではそのリスクを犯さずに、追跡できる方法をご紹介します。

1.自分のiphoneで『iphoneを探す』アプリを有効に

まずご自分のiPhoneに「iPhoneを探す」アプリをインストールした上で、設定から「iPhoneを探す」をオンにします。

やり方については前述の通りです。

2.iPhone充電をMAXにする

次にiPhoneの充電を100%にしておきましょう。

「iPhoneを探す」だけのアプリ機能を使用するので、それほどバッテリーは消費しませんが、相手が長い時間動き回っているときにバッテリーが切れてしまっては、追跡できません。

バッテリーをフルにしたら、iPhone側の準備は完了です。

3.PCからiCloudにログイン>iPhone側でアクセス認証

次にPCでサイト版iCloudにログインします。

すると自分のiPhoneにアクセス認証が表示されるので「受け入れる」をタップした後、表示された認証番号をパソコンに打ち込みましょう。

これは不正ログインを防止するための操作で、パソコンでiCloudにログインするには必須になります。

間違っても相手のアカウントを入力しないようにしてください。

もし仮にログインしてしまうと相手のiPhoneに通知がいきますので、浮気を疑われていると感づいたり、怪しんでパスコードを変えてしまう可能性が高いです。

4.相手の車や鞄にiPhoneを忍び込ませる

自分のiPhoneの設定が全て終わったら、相手のカバンや車のポケットに自分のiPhoneを忍び込ませます。

車は駐車場に泊めてしまうとその後の動向がつかめなくなるので、カバンの中に入れることをオススメします。

もし自分のiPhoneがカバンの中に入っていることが、相手にバレても

  • 「無くしてたと思ったらそんなところに!」
  • 「鞄間違えたのかな?よくわかんないや笑」

という風に簡単に誤魔化すことができます。

5.PCから位置を監視

iPhoneを相手の車やカバンに忍び込ませたら、PCのiCloudで自分のiPhoneの位置を確認します。

相手があなたのiPhoneをカバンに入れておけば、ずっと動向を把握することができます。

また、もし相手があなたのiPhoneを見つけても

「浮気を感づかれている?!」

なんて思うはずもありませんし、ぽいっと捨てることも考えにくいでしょう。

本当に不安な時は自分のiPhoneを相手に持たせましょう!





相手が行った場所の履歴が見られるアプリ

ここでは「iPhoneを探す」アプリ以外の、位置情報把握アプリをご紹介します。

位置情報共有アプリ:iシェアリング

iPhoneを探す,浮気,iシェアリング

位置情報の把握に最適なアプリ!

iシェアリングは本来、お互いの居場所を確認するためのツールです。

ということで悪用はいけませんが、浮気の監視にはとても役立ちます。

相手の現在の位置情報がわかるだけでなく、移動履歴なども見ることができるので非常に便利です。

ただし相手の位置情報を知るためには、

  • お互いのiPhoneにiシェアリングがインストールされていること
  • LINEやSMSを通してお互いのiシェアリングにアカウントを登録し合うこと

という2つの操作が必要です。

相手に黙ってインストールするときは、アプリフォルダなど、なるべくわかりにくいところに移動させておきましょう。





相手を地図上表示できるアプリ:友達を探す

iPhoneを探す,浮気友達を探す

位置情報に応じて通知も受け取れるアップル製アプリ!

このアプリはアップルが作成したものなので、機能性に安心ができます。

概要としては相手の位置情報を把握することですが、特定の場所に相手が到着したり、出発したりすると通知を受け取れる機能が搭載されています。

そのため常に監視する必要がなく、浮気が疑われる場所に到着したら通知が来るようにするなんてことが可能です。

またiPhoneだけでなくほかアップル製品でも機能し、Apple Watchを相手が身につけていてiPhoneを一定以上の距離が開くと、Apple Watchの位置情報を転送してくれるようになります。

ただし位置情報を知るためには

  • 連絡先から選択する
  • Eメールアドレスや電話番号を入力する
  • AirDropを使う

のいずれかでお互いを登録し合う必要があります。

こちらもアップル純正とはいえ、もともとインストールされているものではありませんので、相手のiPhoneにインストールする際はバレない位置に保存するようにしてください。





GPS機能で追跡されない方法【追跡回避対策】

ここまでで相手のiPhoneを追跡する方法をご紹介しました。

では、自分のiPhoneを追跡させないためにはどうすればいいのでしょうか。

AppleIDを変更する

一番簡単なのは、自分のApple IDのパスワードを変えたり、使うアカウントを変更したりすることです。

すでにお分かりの通り、どの手法にもApple IDが必要になってきます。

つまりApple IDを変更し、相手にバレなければ、相手は自分のiPhoneの位置情報を把握することはできません。

GPS機能をオフにする

手っ取り早いのはGPSをオフにすることですが、これではGPSを利用するアプリが使用できません。

位置情報を把握されたくない時だけGPSを切っておき、帰るときに戻せばその間の位置情報は特定されません。

Apple IDを変えることがめんどくさい方にはこちらがオススメですが、長期的な解決策にはならないでしょう。





iPhoneのGPSでよくある疑問・対処方法

GPS機能が故障している可能性がある場合の対処は?

まずはiPhoneの再起動を試みましょう。

iPhoneの不具合は、再起動で解決する場合が多いです。

強制再起動の手順(Apple公式)

  • iPhone 8 以降:音量を上げるボタンを押して、すぐに放す➡音量を下げるボタンを押してすぐに放す➡Apple ロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続ける。
  • iPhone 7 / iPhone 7 Plus:サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで長押し。
  • iPhone 6s 以前 / iPad、iPod touch:ホームボタンと上部のボタン (またはサイドボタン) を同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで押し続ける。

再起動しても改善されない場合

再起動しても改善されない場合は、位置情報の機能がしっかりオンになっているか確認します。

設定>プライバシー>位置情報サービス>システムサービスのなかの

  • Wi-Fiネットワーク
  • コンパスの調整
  • モーションの調整と距離

の3つがオンになっているか確認してみましょう。

iPhoneを探す,浮気 

また精度を上げるために、設定>一般>日付と時刻の順にタップし、自動設定がオンになっていることも確認しておきましょう。

iPhoneを探す,浮気

GPS機能を使った追跡は違法?

GPSによる位置情報把握は、お互いの共有財産であったり、お互いの了承があれば違法性はありません。

ですが、相手の承諾を得ないままずっと監視していた場合は違法性が出てきます。

また、相手のApple IDを調べなければなりませんので、そのアカウントを悪用した時点で

不正アクセス禁止法違反

不正指令電磁的記録供用罪

に問われる可能性がありますので、十分注意してください。





まとめ

今回はiPhoneのGPSを使って、浮気調査をする方法や相手の位置情報を把握する方法をご紹介しました。

今回ご紹介した手段はあくまでも決定的である場合、自己責任で使用してください。

決定的証拠があまりない中でこれらの方法を行った場合、パートナーとの関係に亀裂が生じたり、最悪罪に問われたりするリスクもあります。

浮気の疑いに対して無実を示す、という意味でお互い了承を得て”浮気防止”として活用してください。

【関連記事】




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す