iPhone画面割れ修理値段はいくら?ソフトバンク/au/ドコモ

この記事は約 14 分で読むことができます。

「iPhoneが落下して画面が割れてしまった!」そんな時に選ぶべき最善の修理方法を調査しました。AppleStore(正規アップルストア)のほか、非正規店舗での修理料金・修理時間を比較。AppleCare未加入でも安い・安全な修理方法も紹介してます。

この記事の目次

画面修理までの応急処置【激安対処】

iPhone,画面割れ,修理

「iPhoneを落としたら、画面が割れてしまった!」
画面にヒビが入って「割れフォン」状態になるのは、とてもショックですよね。

そんなときは、iPhoneを修理に出しましょう!

画面が割れたら応急処置を忘れずに!

iPhoneの画面が割れたままの状態にしておくのは非常に危険です。
破片によって、手や指を傷づけてしまう危険性があるからです。

iPhoneを画面修理に出すまでの間は、「液晶フィルム」を画面に貼るなどの適切な応急処置をして、自分の指や手を守るようにしましょう。

iCloudでバックアップをとっておこう!

画面修理には、iPhoneの初期化が必要す。
そのため、修理に出す前に必ず「iCloud」でバックアップをとっておきましょう。

iCloudでバックアップする手順

①iPhoneをWiFi接続する

②iPhoneの「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」の順にタップする

iPhone iPhone

③「iCloudバックアップ」をタップする

iPhone

④「iCloudバックアップ」をONにして、「今すぐバックアップを作成」をタップする

iPhone

iPhone内のデータをバックアップする方法には、iCloudの他に「iTuens」もあります。

iCloudとiTuensの違いや、iPhoneの初期化について詳しく知りたい方は、iPhoneのデータ消去!完全強制初期化する方法を解説!を参考にしてください!

iPhoneの画面割れの修理代金&修理時間【アップルストア】

iPhoneの画面が割れてしまったら、すぐに画面を修理してもらいましょう。

iPhoneの画面修理は、AppleStore(アップルストア)依頼するのが一般的です。

AppleStore(アップルストア)で修理する

お住まいの地域に「AppleStore」の店舗がある場合、店舗に足を運び、iPhoneの画面修理を依頼することができます。

AppleCare+加入の有無で修理価格が異なる

「AppleCare+」に加入しているかどうかで、iPhone修理の値段が異なります

AppleCare+

Apple製品を購入した際、ほとんどの場合「1年保証」(「1年間のハードウェア製品限定保証」と「90日間の無償電話サポート」)が適用されます。

 

さらにAppleCare+に加入することで、1年保証の期間が「2年」に延長されます。

 

また、Appleのテクニカルサポートを受けることができたり、製品の修理費用を安くすることができます

「AppleCare+for iPhone」の加入料金は、以下の通りです。

AppleCare+for iPhoneの加入料金
モデル料金
iPhone6s・7・814,800円
iPhone6s Plus・7 Plus・8 Plus16,800円
iPhoneⅩ22,800円

AppleCare加入の有無は、Appleサポートの「保証状況の確認」で自分のiPhoneのシリアルナンバーを入力すれば確認できます。

AppleCare+に加入していない場合の修理価格

AppleCare+に加入していない場合、各iPhoneモデルによって、画面修理価格は以下のようになります。

AppleStore(Genius Bar)での修理
モデル画面の修理
iPhone X31,800円
iPhone 8 Plus
iPhone 7 Plus
iPhone 6s Plus
19,400円
iPhone 8 
iPhone 7
iPhone 6s
16,800円

AppleCare+に加入していないと、非常に高額な修理代金となってしまいます。

AppleCare+に加入している場合の修理価格

AppleCareに加入している場合の画面修理価格は、以下の通りです。

AppleStore(Genius Bar)での修理
AppleCare+加入時
モデル画面の修理
すべて3,400円

AppleCare+に加入していれば、「最大2回」まで、3,400円で画面修理をしてもらえます

また、AppleCare+の特典の一つである「エクスプレス交換サービス」を利用することで、iPhoneを新しくすることも可能です。

エクスプレス交換サービスとは?

AppleCare+の特典の一つで、宅配便で「新品または新品同様のiPhone」を届けてもらい、自分のiPhoneと交換できるサービスのことです。

 

Appleに電話をして、交換サービスを申し込むことで、新品のiPhoneが自宅に届きます。

エクスプレス交換サービスを利用する際、基本的に料金は発生しません
ただし、交換するiPhoneの破損状態があまりにも悪い時、交換機の価格が請求されることがあります。

Apple公式サイト→エクスプレス交換サービス

1年保証は画面割れ修理に使える?

Apple製品を購入したら、基本的には「1年保証」が付随しています。
「1年保証」が適用されている間は、画面の損傷に関する修理は「3,400円」で行うことができます

そのため、「AppleCareに加入していなくても『3,400円』で修理出るのでは?」と思ってしまいます。

しかし、「1年保証」ユーザーの「過失」や「事故」による破損・損傷は適用外とされています。

そのため、「誤ってiPhoneを落としてしまって、画面が割れてしまった!」というケースでは、「1年保証」を利用することができないので注意です。

修理申し込み方法と修理時間

アップルストアで修理したい場合は、「Genius Bar(ジーニアス バー)」に修理依頼をしましょう。

Genius Barとは?

アップルストア内にある、製品の修理やサポートを受け付けているAppleの公式サービスのことです。

AppleStoreに行く前に「Genius Bar」に予約をしておこう

Genius Barで修理をしてもらいたい場合、あらかじめ予約をしておく必要があります。
予約なしで足を運んでも、その日のうちに対応してもらえない可能性が高いです。

「Apple公式サイト」から、Genius Barに予約を入れておきましょう。

予約の流れ

①「iPhoneについてどのような問題がありますか。」で「修理と物理的な損傷」をクリックする

 

 

②「画面にひびが入っている」を選択する

iPhone,AppleStore,修理

 

③同日に修理を終わらせたい方は、「持ち込み修理」を選択する

iPhone,AppleStore,修理

 

④AppleIDとパスワードで「サインイン」する

iPhone,AppleStore,修理

 

⑤自分の住む地域で、近くにある店舗を検索する

iPhone,AppleStore,修理

iPhone,AppleStore,修理

 

⑥AppleStoreを選択し、希望日・希望時間を選択する

 

修理の待ち時間は?

iPhoneの画面を修理してもらう場合、修理の待ち時間はおよそ2~3時間程度になります。

ただ、これはあくまでも目安の時間で、当日の混み具合などで変わってくるので、余裕のある時間の計画を立てるようにしておきましょう。

正規サービスプロバイダで修理依頼する

「アップルストアが近くに無いけど、Apple認可の店舗で修理してもらいたい」という方は、Appleのトレーニングを受けた技術者による修理サービスを受けられる「正規サービスプロバイダ」を利用しましょう。

画面修理の料金は、アップルストア利用時と同額となります。

正規サービスプロバイダはどこにある?

正規サービスプロバイダは、「カメラのキタムラ」「ビックカメラ」といった家電量販店になります。

ご自身が住んでいる地域に「正規サービスプロバイダ」があるか、Appleサイトで検索してみてください。

修理申し込み方法と修理時間

修理の申し込みは、アップルストアの時と同様、Appleのサポートサイトから行えます。

iPhone,AppleStore,修理

予約をしておけば、「2~3時間」で修理が完了します。

【ドコモ】iPhoneの画面割れ修理代金&修理時間

実は、大手通信キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)でも、iPhoneの修理を依頼することができます。
まずは、「ドコモ」の画面修理について説明します。

ドコモでは、iPhoneの修理ではなく、「新品同様のリフレッシュ品と交換」することになります。

『ケータイ保証サービス』に加入しているかチェック

ドコモを利用している方は、「ケータイ保証サービス」に加入しているかチェックしてみてください。

「ケータイ保証サービス for iPhone & iPad」に加入していていれば、「11,000円」新品同様のiPhoneと交換することができます。

対応機種月額料金サービス利用料金
iPhone Ⅹ750円11,000円
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone 6s Plus
iPhone6s

保証申し込み方法と所要時間

iPhoneの交換を希望する場合は、「電話」「My docomo(パソコン)」「ドコモショップ」のどれかを利用して、「ケータイ保証お届けサービスセンター」に申込手続きを行いましょう。

1~2日以内に指定住所宛てに「交換電話機」が送付されてきます。

【ソフトバンク】iPhoneの画面割れ修理代金&修理時間

ソフトバンクを利用している方は、一部のソフトバンクショップ(ソフトバンク表参道・ソフトバンクグランフロント大阪)でiPhone修理を依頼することができます。

『あんしん保障パック(i)プラス』に加入しているかチェック

まずは、ソフトバンクが提供する『あんしん保障パック(i)プラス』に加入しているか確認してください。

あんしん保障パック(i)プラス

修理代金を一度全額支払う

支払った修理代金の80%以上が、月々のiPhone利用料金から天引きされるかたちで割引される

対応機種月額料金通常修理代金実質負担額
iPhone 7 Plus750円21,000円3,500円
iPhone 718,200円3,100円
iPhone 6s Plus650円21,000円5,500円
iPhone6s18,200円4,800円

『あんしん保障パック with AppleCare Services』に加入しているかチェック

『あんしん保障パック(i)プラス』は2017年9月に新規受付を終了しています。

それ以降は、『あんしん保障パック with AppleCare Services』に加入することになります。

このサービスは、「AppleCare」と同様の内容になります。

画面修理は「3,400円」で行うことができます。

対応機種月額料金画面修理代金
iPhone Ⅹ1,160円3,400円
iPhone 8 Plus830円
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone 6s Plus
iPhone6s

修理申し込み方法と所要時間

ソフトバンクショップの店頭修理サービスを利用する場合は、あらかじめ予約を入れておく必要があります
ソフトバンクのサイトから修理申し込みが可能です。

iPhoneのディスプレイ交換は、即日で完了します。

【au】iPhoneの画面割れ修理代金&修理時間

ここでは、大手通信キャリア「au」のiPhone画面修理について解説します。

auで、iPhoneの画面修理を依頼する場合、「お預かり修理」の対象となっています。

※「auの修理取次店の検索」はこちら

『auスマートパス+修理代金サポート』に加入しているかチェック

まずは、『auスマートパス+修理代金サポート』に加入しているかチェックしてみてください。
このサービスは、iPhoneが故障した際に、「2年間に2回まで」修理代金をサポートしてくれます。

『auスマートパス+修理代金サポート』

月額料金「372円」でサポートを受けることができます。

iPhoneの画面割れの場合、2年間に2回まで「最大10,000円」の修理代金サポートを受けることが可能です。

auのディスプレイ修理代金
モデル画面の修理
iPhone X31,800円
iPhone 8 Plus
iPhone 7 Plus
iPhone 6s Plus
19,800円
iPhone 8 
iPhone 7
iPhone 6s
17,800円

上記の修理代金から「最大10,000円」が差し引かれるイメージです。
実際には、修理時に一旦全額を支払い、後日サポート代金が入金されるかたちになります。

修理申し込み方法と所要時間

修理までの流れ

①店頭受付をする(受付表に記入する)

②修理依頼品の診断・見積り

③修理の申し込みをする

④修理完了後、iPhoneの受け取り

ディスプレイ修理の場合、修理完了までおよそ1週間」かかります。
それまでの間は、「代替機」を利用することができます。

非正規の修理店での修理費&修理時間

Appleから認可を受けてはいないけれど、iPhoneの修理を受け付けている「非正規修理店」があることをご存知でしょうか?

修理費

各店舗によっても異なりますが、「アップルストア」や「正規サービスプロバイダ」と比べて、「修理費用」は安く設定されています。

正規修理店より、およそ10,000円ほど安く(AppleCareやサポート無しの場合)修理することができます。

修理時間

修理時間は、早い業者では「約30分」で修理をしてくれます。

正規修理店と比較すると、非常に早いことが分かります。

非正規修理店のメリット・デメリットとは?

非正規修理店のメリット・デメリットは、以下のようなものが挙げられます。

メリット

非正規の修理店は、修理代金が比較的安く設定されていて、修理時間も正規の修理店より早いというメリットがあります。

また、非正規の修理店を利用する場合、iPhoneの初期化作業が無いケースが多いため、バックアップ作業が必要ありません

デメリット

非正規修理店のデメリットには、「Appleの正規パーツ」を使えないという点が挙げられます。

Apple認可の修理店では、当然のことながら「純正ガラス」を使用して修理を行います。

しかし、非正規の修理店では、「純正に近いサードパーティ製ガラス」を使用して修理を行います。

一度「サードパティ製ガラス」を使用して修理をした場合、その後再び画面割れが発生しても、AppleCare+の対象外になったり、正規店で修理してもらえない可能性があります。

また、修理費用が低すぎる非正規修理店では、「偽物ガラス」が使用されている可能性があります。
「偽物ガラス」は壊れやすく、非常に危険です。

自分で修理する方法と値段

iPhoneの「修理キット」が販売されているので、自分で画面を修理することも可能です。
工具をそろえて修理を行えば、修理店に依頼するよりも安く修理することができます。

【iPhone 6s 修理方法の動画↓】

【iPhone 修理キット↓】

もちろん、自分で修理を行う際には「リスク」も伴います。
自分でも問題なく修理できる自信がある方は、挑戦してみると良いかもしれません。

下取りでの買い取り価格相場

画面が割れたiPhoneを「中古買取業者」に依頼して買い取ってもらう方法もあります。

iPhoneの中古買い取り価格相場は以下のようになっています。

iPhoneモデル買取価格相場
iPhone Ⅹ(64GB)約50,000円
iPhone 8(64GB)約30,000円
iPhone 8 Plus(64GB)約30,000円
iPhone 7(32GB)約23,000円
iPhone 7 Plus(32GB)約28,000円
iPhone 6s(32GB)約13,000円
iPhone 6s Plus(32GB)約15,000円

激しい傷などがある場合、上記の価格よりも減額する可能性があります。

画面割れ対策アイテム

最後に、「画面割れ対策」アイテムをご紹介します。
そもそも、画面が割れないように対策しておけば、高い修理費用などを払わずに済みます。

 iPhone強化ガラスフィルムの選び方とおすすめランキング2018

 【当サイトおすすめ】今話題のiPhoneケースカバー特集

まとめ

今回は、「iPhone画面の修理」について解説してきました。

iPhoneの画面修理には、

  • 正規修理店(アップルストア・正規サービスプロバイダ)に依頼
  • 大手通信キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)に依頼
  • 非正規修理店に依頼
  • 自分で修理

といった選択肢があります。

各修理方法によって、修理にかかる費用や時間が異なりますが、修理後のリスク(画面がすぐ壊れる、以降Apple認可の修理を受けることができない)なども考慮すると、「アップルストア」や「正規サービスプロバイダ」に修理依頼することをおすすめします。

「AppleCare+」に加入していれば、3,400円という非常に安価な価格で、画面修理をすることができます。
(ただし、「AppleCare+for iPhone」に加入する場合、加入料金が必要です。)




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す