iPhoneが熱い!電源が入らない・起動しない原因と対処方法とは?

大事に使っていた iPhone が、突然の沈黙。しかも、本体がなんだか熱いんだけど……。そんなときの対処方法をご紹介します。

iPhone は、もはや生活に欠かせないものになりました。

そんな重要なデバイスですから、突然電源が入らなくなったりしたら、誰だって焦ってしまいますよね。

しかも、単に電源が入らないだけじゃなく、なんだか本体が熱いような……。

でも大丈夫。この記事でその対処方法をご紹介します。

iPhone が熱くなってしまう原因とは?

ポイント女性

一口に「熱をもっていて起動しない」と言っても、その原因は様々です。

CPU や RAM の発熱が強く、冷却が追いつかない。

cpu

季節を問わず、おそらく1番多いのが、この CPU や RAM の発熱によるものです。

CPU は人間でいう脳、 RAM は作業机にあたるパーツで、電気を使って様々な処理を行っているため、ここがたくさん仕事をすると iPhone が熱くなることがあります。

代表的な原因と対処法は以下の通りです。

アプリの負荷が大きい

3DCGを多用したゲームなど、 CPU や RAM にたくさん仕事をさせるタイプのアプリでは、どうしても発熱が大きくなることがあります。

対処法は、バンパータイプのケースを使ったり、思い切ってケースを外してしまうなど、 iPhone の筐体が熱を逃がしやすいように工夫するのがお手軽です。

使っているのが古い iPhone であれば、最新機種に機種変更するのも良いでしょう。

また、高温によるエラー画面が出た場合は、次項の「高温の場所に本体を放置してしまった」のケースを参考に、 iPhone 本体を冷ましてあげてください。

アプリの設計に問題がある

今まで使っていたアプリをアップデートしたら、突然負荷が高くなるというのも意外と多いケースです。

これは多くの場合アプリの設計に問題がありますので、そのアプリの開発者に連絡して対応を依頼しましょう。

ただし、アプリの修正には数週間以上掛かったり、対応してもらえないこともあります。

利用頻度の高いアプリであれば、代用できる別のアプリに乗り換えるというのも選択肢の1つです。

高温の場所に本体を放置してしまった

iphone

夏場、特に車を日常的に使われている方に多いケースです。

みなさんの中にも、夏に車に乗ろうとドアを開けたら、もわっとした熱い空気に襲われたなんて経験のある方も多いと思います。

車のダッシュボードに限らず、こうした高温になった場所に iPhone を放置すると、 iPhone 本体も熱をもってしまうことがあるのです。

iPhone の中には熱に弱い機器も含まれているので、本体が異常な高温になった場合、そうした機器を保護するために、エラー画面が表示されて iPhone の電源が入らなくなることがあります。

バッテリーに何らかの異常がある

iphone

iPhone が熱くなっているとき、バッテリーに異常が生じている可能性もあります。

今回取り上げたケースの中で1番危険なケースです。

実は、 iPhone に使われている「リチウムイオン充電池」は、熱に弱いという性質をもっています。

家電製品に使われている同電池は、 iPhone 用も含めて何重もの安全対策がメーカーによって行われていますが、扱いが悪いとバッテリーが異常に発熱したり、膨らんだりして、最悪の場合発火事故を起こすこともあるのです。

iPhone が熱くなってしまった時の対処法

iPhone を涼しい場所に移動させる

本体の発熱によりエラー画面が表示された場合は、 iPhone を冷ましてあげる必要があります。

iPhone を涼しい場所に移動させたら、ゆっくりと常温に戻るのを待ちましょう。

また、合わせてバッテリーに異常が起こっていないか、後述のバッテリーの項を参考にチェックしましょう。

ここで絶対にやってはならないのが、アイスノンなどで急速に冷却する方法。

急激な温度変化に晒されると、ちょうど水を入れたコップに水滴が付くのと同じように、 iPhone 内部に結露が発生してしまい、内部でショートを起こしてしまうことがあります。

iPhone の容量の整理をする

iPhone 内部の容量の整理をしてみましょう。

  • 設定画面の一般→情報で残りの容量を確認
  • 一般→ストレージで容量を逼迫しているアプリなどをチェック

必要のないアプリや、写真や動画は削除するなど iPhone の容量を空けておきましょう。

もしくはiCloudをはじめとしたストレージサービスを利用することで整理しましょう。容量が減ることで、 iPhone の発熱を防げる可能性があります。

キャッシュを削除する

iPhone が熱くなるのを防ぐために、容量を増やすことが有効です。容量を増やすために、キャッシュを削除してみましょう。

キャッシュとはSafariなどのブラウザに溜まっている閲覧履歴や一時的なデータです。一つ一つは非常に小さいのですが、貯め続けると容量を圧迫します。

キャッシュを削除する手順は、以下の通りです。

  1. 「設定」>「一般」をタップ
  2. 下にスクロールし、アプリ内から「Safari」をタップ
  3. 「履歴とWebサイトのデータを消去」をタップ
  4. 「履歴とデータを消去」をタップし削除完了

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

アプリのバックグラウンド更新をオフにすると、 iPhone が熱くなるのを防げる可能性があります。

アプリのバックグラウンド更新がオンになっていると、無駄な通信が発生したりストレージを圧迫したりするためです。

以下が、アプリのバックグラウンド更新をオン/オフする方法になります。

  1. 「設定」>「一般」をタップ
  2. 「Appのバックグラウンド更新」をタップ
  3. 最上部の「Appのバックグラウンド更新」をオフに変更

バッテリーを交換する

バッテリーが持てなくなるほど熱くなったり、バッテリーが膨らんできたリすると、明らかに異常が発生していますので、Appleの窓口で修理する必要があります。

まずは、以下のページからAppleのサポート窓口に相談してみましょう。(電話、メール、チャットなどで問い合わせから修理の申し込みまで可能です。)

Appleサポート窓口

なお、Appleの正規修理窓口以外で修理を行った場合、Appleのサポートが受けられなくなるほか、修理後に別の不具合が発生することもあります。

また、総務省の「登録修理業者制度」に登録していない業者で修理を行った場合、修理内容によっては電波法に触れる可能性もあるので、注意が必要です。

iPhone が熱くなった時にしてはいけないこと

急速な冷凍はNG

iPhone が熱くなった時に、冷蔵庫や水に入れたり氷枕の上に置くなど、急激な冷却や水気が付く行為はNGです。

バッテリーがすでに熱を帯びているので、急速に冷やすと温度差で端末内に結露ができてしまいます。

防水性能を持っている iPhone とはいえ、内部が水没してしまうと当然ながら故障してしまいます。このような行動は控えるようにしましょう。

まとめ

というわけで、今回は iPhone が発熱して電源が入らない、起動しない場合の対処方法と題してお送りしました。

一口に発熱といっても原因が多岐に渡っていて、驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

人間もそうですが、異常な発熱というのは iPhone にとって百害あって一利なしです。

たかが熱と甘く考えず、適切な対処を行ってくださいね。

それでは、快適な iPhone ライフを!

この記事と一緒によく読まれる記事

コメントを残す