iPhoneのMacへのバックアップ手順とトラブル対処法

この記事は約 10 分で読むことができます。

iPhoneのデータをMacにバックアップする手順を設定からや保存場所の確認方法まで詳しくまとめています。できない時や壊れたと表示される時のトラブル対処法と外付けHDDへの保存、複数の端末を1台で管理するやり方を紹介しています。

iPhoneをバックアップする方法

機種変更時や予期せぬ事態が原因で、これまで大切に保存していたiPhoneのデータが消えてしまうのは非常に困りますよね。

iPhoneのデータが突然消去されてもデータを復元したり、機種変更時に新しいiPhoneにこれまでのデータを移行したりできるように、iPhoneを「バックアップ」しておく必要があります。

そこで今回は、Macを使ってiPhoneのバックアップを行う方法に焦点を当てて解説していきます。

ちなみに、iPhoneのバックアップを行う方法は主に3つです。

iPhoneのバックアップを行う方法

  • iCloudを利用してバックアップをする

iPhoneのデータをバックアップしたいときには、上記の3つの方法からご自身に適したものを選ぶ必要があります。

3つの方法は、それぞれ「バックアップする場所」や「バックアップ容量」「必要なもの」などが異なってきます。

 iCloudで
バックアップ
iTunesで
バックアップ
外付けHDDで
バックアップ
バックアップ
場所
クラウド上MacやWindowsなどのパソコン上外付けHDD
バックアップ
容量
5GB(無料)
最大1TB(有料)
MacやWindowsなどのパソコンの空き容量分外付けHDDの容量分
バックアップに
必要なもの
iPhone1台で完結MacやWindowsなどのパソコン・MacやWindowsなどのパソコン
・外付けHDD
難易度・手間度iPhone1台でバックアップが完了するため「簡単」パソコンを用意してiPhoneとUSB接続するだけなので「簡単」一度iTunesにバックアップをとり、その後データを外付けHDDに移動するため「難易度が高い・手間がかかる」
こんな人に
おすすめ
・iPhoneのデータ量があまり多くない人
・面倒な作業なしでバックアップを終わらせたい人
・MacやWindowsなどのパソコンを持っている人
・ある程度iPhoneデータの容量が多い人
・iPhoneのデータ量がものすごく多い人
・パソコンの容量をできるだけ確保したい人

上記の表を参考に、自分に適したバックアップ方法を選択するようにしましょう。

当記事では、「iPhoneをMacにバックアップする方法」に焦点を当てています。

そのため、以降の章では「iTunesのバックアップする手順」「外付けHDDにバックアップする手順」の2つを解説していきます。

iCloudを利用したバックアップ手順を知りたい方は、iPhoneへ機種変更!データ移行方法を解説(バックアップ復元)をご覧ください。





iTunesを使ったiPhoneバックアップ方法

Macを使ってiPhoneのバックアップを取ろうとする場合、基本的には「iTunes」を活用することになります。
そこでiTunesを使ったバックアップ手順を解説していきます。

iTunesを使ったバックアップ手順
①MacのiTunesが「最新バージョン」になっているか確認する(なっていない場合アップデートする)

②iTunesを起動し、iPhoneをMacに接続する

③iPhone画面に「このコンピュータを信頼しますか?」と聞かれたら「信頼」をタップして、パスコードを入力する

④iTunes画面の左上に「iPhoneマーク」が表示されたらそのマークをクリックする
iTunes,デバイスマーク,バックアップ

出典:Apple公式サイト

⑤「ヘルスケアとアクティビティのデータ」や「LINEのデータ」をしっかり保存したい場合は、「バックアップを暗号化」にチェックを入れる
※「バックアップを暗号化」した場合、復元の際に「パスワードの入力」が必要になります。
iTunes,バックアップ,iPhone

⑥「今すぐバックアップ」をクリックする
iTunes,いますぐバックアップ,Mac

上記の手順で、iPhoneのデータをiTunesにバックアップすることができます。

 【失敗しない!】iPhoneの写真をiTunesでバックアップする方法とは?





外付けHDDにバックアップする方法

次に、外付けHDDにバックアップする手順をご紹介していきます。

この方法は、iPhone内のデータ容量が非常に多い方iPhoneのバックアップデータでMacの容量を圧迫したくない方におススメの方法と言えます。

iPhoneのデータをMacにバックアップした場合、容量が圧迫されがち

そもそも、最近のiPhoneシリーズは容量が大きく、Macへバックアップをした場合、Mac全体の容量が圧迫されてしまうケースがあります。
例えば、iPhone8やiPhoneXの容量は「64GB / 256GB」、iPhoneXS Maxは「64GB / 256GB / 512GB」といったように、iPhoneの容量は64GB~512GBほど用意されています。

次に、Macの容量を確認してみましょう。

MacBookの容量は「256GB / 512GB」、13インチMacBook Airの容量は「128GB / 256GB / 512GB」となっています。

つまり、iPhoneのデータ容量を最大まで使った状態でMacのiTunesにバックアップをしてしまうと、それだけでMacの容量が無くなってしまうことになります。

データを最大まで使っていなかったとしても、Mac容量の大部分がiPhoneのバックアップに使われてしまうのは困りものです。

その対策として、MacのiTunesにバックアップしたデータを「外付けHDD」に移行するという方法があります。

外付けHDDにバックアップする手順

Mac内のiTunesにバックアップしたiPhoneデータを外付けHDDに移行する手順は、以下の通りです。

外付けHDDにバックアップする手順
Mac内にiPhoneのバックアップデータがあるかを確認する(以降の章で解説)

②外付けHDD内に「Backup」という新しいフォルダを作成する

③Macに保存されているiPhoneの「Backupファイル」をデスクトップに移動する

④Finder→アプリケーション→ユーティリティの順に選択し「ターミナル」を起動する

⑤ターミナルに「In -s 」と入力する(Inの後ろ・sの後ろには半角スペースあり)

⑥Fnder→外付けHDD→Backupのフォルダを、sの半角スペースの後にドラッグアンドドロップする

⑦sの後ろに「/Volumes/HDD名/Backup」と表示されたら、その後に「/Users/ユーザ名(自分のユーザー名に変更)/Library/Application Support/MobileSync」と入力し、returnキーを押したら、ターミナルを終了する

⑧Finderで外付けHDDのBackupを開いた状態にしておき、Backupを削除する

⑨デスクトップに移動していたBackupを外付けHDDにドラッグアンドドロップでコピーする





iPhoneバックアップ後Macの場所

iTunesにバックアップしたファイルがMacのどの場所にあるのかを確認する手順は、以下の通りです。

手順
①Finderメニューバーから「移動」を選択し、「optionキー」を押し続ける

②隠しフォルダの「ライブラリ」が現れるので、「ライブラリ」をクリックする

③ライブラリを開いたら、「Application Support」→「Mobile Sync」→「Backup」の順に選択をし、iPhoneのバックアップデータがあることを確認する





バックアップできない時の確認事項

iTunesを使ってiPhoneのバックアップをしようとしても、バックアップができないトラブルが時折発生します。

もし、iTunesへのバックアップができずに困ている方は、以下の確認事項を「順番に」チェックしてみてください
【バックアップできない時の対処法(一つずつ確認してください)】

  1. MacのiTunesが「最新バージョン」になっているか確認し、なっていない場合は「最新バージョンのiTunes」をインストールする
  2. iPhoneをMacとUSB接続してから、iTunesでiPhoneを選択する
  3. MacとiPhoneの両方を再起動する
  4. パソコンが複数ある場合、他のパソコンでバックアップ作成を試みる
  5. iCloudでバックアップを作成する
  6. 上記の対策すべて試してもバックアップ作成ができない場合は「Appleサポート」に連絡する

  【図解】iTunesとiPadの同期が認識されない原因と解決方法とは?





こんな時はどうしたらいい?

iPhoneのバックアップ中に以下のようなトラブル・悩みが発生した場合の対処法について解説します。

Macの容量不足

Macの容量不足でiPhoneのバックアップが取れない場合、「Macの空き容量を増やす」または「外付けHDDにバックアップを移行する」の2つの対処法があります。

「外付けHDDにバックアップを移行する」手順は、上記の説明を参考にしてください。

「Macの空き容量を増やす」場合、まずは「Appleメニュー」から「このMacについて」→「ストレージ」の順にクリックしていきます。

そうすると、Mac内のAppや写真、書類のうち、何のカテゴリが容量を圧迫しているかを把握できます。

その画面にある「管理ボタン」をクリックすると、Macの空き容量を増やすための方法が表示されるので、ご自身に適した方法を選択して、Macの空き容量を増やしましょう。

具体的には、「不要なファイルを削除する」「Macのごみ箱を空にする」「ファイルと写真をiCloudに保存する」といった方法があります。

バックアップが壊れていると表示

iPhoneのデータをiTunesのバックアップから復元しようとしたときに、「バックアップが壊れている」と言った内容のエラーメッセージが表示されて、復元ができないというトラブルが発生することがあります。
このようなメッセージが表示されたら、「iPhoneのソフトウェアが最新バージョンになっているか」・「iTunesが最新バージョンになっているか」をそれぞれ確認してください。
なっていないようなら、アップデートを行いましょう。

アップデートすることで、問題が解決する可能性があります。

ソフトウェアのアップデートをしてもエラーメッセージが表示される場合は、他のバックアップを利用する・iCloudバックアップを利用するなど、臨機応変に対応する必要があります。

間違えて上書きしてしまった

「iPhoneのデータ状況を以前のバックアップ状態に戻そうとして、iPhoneとiTunesをつないだら、自動的にバックアップが開始されてしまい、誤ってバックアップを上書きしてしまった」というトラブルに悩まされる方がいます。

この問題は、「iSkysoft Toolbox-iPhoneデータ復元」という専用ソフトを利用することで解決できます。
「無料体験」が用意されているので、無料で上書きしてしまったバックアップを復元できます。

iSkysoft 誤って上書きしてしまった iPhone のデータは取り戻せる

一台のMacで複数のiPhoneを管理したい

「一台のMacで複数のiPhoneを管理する方法」を活用することで、家族それぞれが持つiPhoneのバックアップをMac一台に作成することが可能となります。

事前準備

iPhoneなどのデバイスをMacに接続した際に、自動的にバックアップが作成されるのを防ぐために、「iTunes」→「環境設定」→「デバイス」の順に選択して、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない。」にチェックを入れておきましょう。

iTunes,環境設定,デバイス

それから、「iTunes」→「環境設定」→「詳細」の順に進み、「ライブラリへの追加時にファイルを”iTunes Media”フォルダにコピーする」のチェックを外すことも忘れずに行ってください。

一台のMacで複数のiPhoneを管理する方法

手順
①「optionキー」を押しながら、iTunesを起動する

②「ライブラリを作成」をクリックして、新規ライブラリに名前(父・母など自分のiPhoneバックアップと分かるように)を付け、保存する

上記の手順で「特定の保存先」を作成することで、一台のMacで複数のiPhoneを管理することが可能となります。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す