iPhoneの写真を転送する方法を徹底解説【2021年版】

次はライトニングケーブルやUSB周辺機器を確認する方法です。

iPhoneの写真が転送できない時はライトニングケーブルやUSB周辺機器を確認することが重要です。

古くなってしまっており劣化している場合があります。

その場合はライトニングケーブルやUSB周辺機器を変更する必要があります。

また新しいものを購入することも検討しましょう。

代替ソフトを使う

次は代替ソフトを使う方法です。

代替ソフトとしてはAnyTransがあります。

これを使えば

  • iPhoneとパソコンの間でデータを双方向転送可能
  • iPhoneのデータを上書きするリスクが0

といったメリットがありますので是非使ってみましょう。

iPhoneの写真をバックアップする方法【クラウドサービス】

ではiPhoneの写真をバックアップする方法【クラウドサービス】を見ていきましょう。

Dropbox

まずiPhoneの写真をバックアップする方法はDropbox。

Dropboxでは

  1. Dropboxにログイン
  2. フォルダを作成しPCから直接アップロード

でOK。

これらの写真はiPhoneのDropboxアプリから見ることができます。

さらにDropboxから「カメラロールに保存」することが可能です。

Google フォト

次のiPhoneの写真をバックアップする方法はGoogle フォト。

Google フォトでは

  1. PCでGoogle フォトを起動
  2. 転送したい写真を選択し追加
  3. Google フォトへ追加される

でOK。

これでGoogle フォト上で写真を追加することができます。

Amazon Photos

次のiPhoneの写真をバックアップする方法はAmazon Photos。

Amazon Photosでは

  1. Amazonアカウントでログイン
  2. 「その他」→「設定」→「アップロード」→「ビデオ」

でOK。

Amazon Photosを使えば会員ではなくてもAmazonユーザーであれば使うことができます。

iPhoneの写真をバックアップするおすすめUSBメモリ

ではiPhoneの写真をバックアップするおすすめUSBメモリを見ていきましょう。

①サンワサプライ