iPhoneに4Gのアイコンが表示されない場合の対処法を解説

4G(第4世代移動通信システム)につながらずアイコンが表示されないのは設定か回線状況が原因です。そのため設定や回線状況を本記事に沿って対処すれば問題は解消できます。そこで今回はiPhoneに4Gのアイコンが表示されない場合の対処法を解説していきます。

4Gとは第4世代の移動通信システム

まずは4Gについて解説していきます。

4Gとは「第4世代の移動通信システム」のことを指し、Gは「Generation」の頭文字をとっています。

4Gより前には1・2・3Gと存在しており、現在は5Gまで規格が誕生しています。

ちなみに、5Gについては2020年3月から一部分ではありますが提供が開始されています。

各世代の移動通信システムの通信速度の比較

4G、第4世代の移動通信システムの速度については以下をご覧ください。

  • 第1世代:1979年〜2.4~10kbps (0.002〜0.01Mbps)
  • 第2世代(PDC):1993年11.2~28.8kbps (0.01〜0.02Mbps)
  • 第3世代(W-CDMA):2001年64〜384kbps(0.06〜0.38Mbps)
  • 第3.5世代(W-CDMA HSPA):2006年3.6〜14Mbps
  • 第3.9世代(LTE):2010年37.5〜150Mbps
  • 第4世代(LTE-Advanced):2015年110Mbps〜約1Gbps
  • 第5世代(NR):2020年約10Gbps

iPhoneで4G表示されない時の考えられる理由

さて、本題のiPhoneで4G表示されない時の考えられる理由について解説していきます。

iPhoneで4G表示されない時の考えられる理由にはいくつかありますので1つ1つご紹介します。

4G回線の未受信

現在、日本では国内ほとんどの場所で4Gを利用することができます。

しかし「ほとんど」と記載したように一部では4G回線を受信することができず、4G回線の未受信状態になってしまいます。

よくある例としては

  • 山奥
  • 地下鉄

などがあります。

そのため、山奥や地下鉄にいる場合近くに4G回線が飛んでいるのかどうかを確かめるようにしてください。

機内モード設定

iPhoneには「機内モード設定」ありますが、これがONになっていると4Gが表示されないです。

よくあるのは、設定画面を操作している際に「機内モード設定」を気づかぬうちにOFFにしてしまうことです。

これでは4Gが表示されないので、機内モード設定をONに変更してください。

モバイルデータ通信がOFF

先ほどの機内モードと同じなのですが、モバイルデータ通信がOFFになっていると4Gが表示されないです。

モバイルデータ通信は、4Gを受信するための設定でありこれがONになって初めて4Gが表示されるようになっています。

そのため、OFFになっている方はモバイルデータ通信をONに切り替えてください。

APN設定