iPhone のスリープボタンが陥没?故障できかないまま電源を切る方法!

スポンサーリンク

ども、Apple Geek です!今回はiPhoneのスリープボタンが陥没して故障した場合に、きかないまま再起動する方法をご紹介します。

実はつい最近 iPhone のスリープボタンが陥没しました。

友人のですがw

スリープボタンが陥没したことで再起動やスクリーンショットができなくなって凄く困っていました。

ちなみに陥没してなくてもスリープボタンの不具合できかない場合があります。

友人には、面倒くさいの修理を打診しましたが・・・。笑

「何か解決方法はないのか?!」

と詰められたのでしぶしぶ教えてあげることに。

Sponsored Links


スリープボタンがきかない2つの原因と対処方法とは?

iphone再起動

 

スリープボタンがきかなくなる原因は主に2つです。

  1. 落下による陥没
  2. iPhone での不具合トラブル

1.落下による陥没の対処方法

iPhone を不意に落としてしまった時に一瞬でボタンが陥没することがあります。

ちなみにこれは僕の友人の例です。苦笑

また、何回も落下しているとスリープボタンがきかなくなることも。

この場合は、「Assistive Touch」というサブ機能を使用することで解決することが可能です。

詳しくはこちらの解説動画をご覧ください。

→iPhoneのスリープボタンが故障しても再起動する方法←

2. iPhone の不具合トラブルの対処方法

落としたりしてなくても iPhone 自体に不具合があってスリープボタンがきかないこともあります。

このケースは、Apple側が不具合を認めて無料交換をしてくれる可能性があります。

この場合、Appleサポートへ問い合わせするかお近くのStoreへ持っていきましょう!


コメントを残す