iPhoneのスリープボタンが陥没?故障できかないまま電源を切る方法!

この記事は約 2 分で読むことができます。

ども、Apple Geekです!今回はiPhoneのスリープボタンが陥没して故障した場合に、きかないまま再起動する方法をご紹介します。

iPhone6 スリープボタン

実はつい最近iPhoneのスリープボタンが陥没しました。

友人のですがw

スリープボタンが陥没したことで再起動やスクリーンショットができなくなって凄く困っていました。

ちなみに陥没してなくてもスリープボタンの不具合できかない場合があります。

友人には、面倒くさいの修理を打診しましたが・・・。笑

「何か解決方法はないのか?!」

と詰められたのでしぶしぶ教えてあげることに。

Sponsored Links


スリープボタンがきかない2つの原因と対処方法とは?

iphone再起動

 

スリープボタンがきかなくなる原因は主に2つです。

  1. 落下による陥没
  2. iPhone5での不具合トラブル

1.落下による陥没の対処方法

iPhoneを不意に落としてしまった時に一瞬でボタンが陥没することがあります。

ちなみにこれは僕の友人の例です。苦笑

また、何回も落下しているとスリープボタンがきかなくなることも。

この場合は、「Assistive Touch」というサブ機能を使用することで解決することが可能です。

詳しくはこちらの解説動画をご覧ください。

→iPhoneのスリープボタンが故障しても再起動する方法←

2.iPhone5での不具合トラブルの対処方法

落としたりしてなくてもiPhone自体に不具合があってスリープボタンがきかないこともあります。

このケースはiPhone5で起きていて、Apple側が不具合を認めて無料交換を実施しています。

この場合、Appleサポートへ問い合わせするかお近くのStoreへ持っていきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スリープボタンってかなり重要な役割をしているので故障すると凄く困りますよね。

保証が適用になれば良いけど、適用外だとかなり修理費用は高いです。

画面割れの修理費用と同じ金額をとられることも・・・!?

iPhone画面割れの修理値段はおいくら?ソフトバンク/au/ドコモ編

恐ろしい値段ですねww

ちなみに、スリープボタンの故障でスクリーンショットができない場合はこちらの方法で解決できます。

iPhone6/6Plusでスクリーンショットできない時のやり方!設定方法。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す