iPhoneの写真を転送する方法を徹底解説【2021年版】

次はInstagramなど写真のSNSへアップロードする方法です。

Instagramなど写真のSNSへアップロードした写真を保存する方法は

  1. 保存したい写真をタップ
  2. スクリーンショットを撮る
  3. カメラロールを起動して保存

でOK。

普段Instagramなど写真のSNSを使っている方にお勧めの方法です。

⑦Lightning-USBメモリを使う

次はLightning-USBメモリを使う方法です。

Lightning-USBメモリを直接iPhoneに接続しそのままPCやiPhoneに転送することが可能です。

またLightning-USBメモリを使えばiPhoneからAndroidへ転送することも可能なんです。

因みにLightning-USBメモリには1,000~10,000円と幅広く販売されていますが、安く抑えておくことが必須条件。

iPhoneの写真を転送する方法【iCloud写真】

ではiPhoneの写真を転送する方法【iCloud写真】を見ていきましょう。

iCloud写真で写真を転送する準備

ただ転送する前にiCloud写真で写真を転送する準備が必要です。

準備をすることを怠るとiPhoneの写真を転送することができません。

同じAppleIDでiCloudにサインインする

まずは同じAppleIDでiCloudにサインインしましょう。

違うApple IDでiCloudにサインインするとiPhoneの写真を転送することができません。

そのため必ず同じApple IDでサインインをするようにしましょう。

iCloud写真を有効にする

次はiCloud写真を有効にすることです。

勿論iCloud写真を転送するので有効にしておく必要があります。

iCloud写真を有効にする手順

ではiCloud写真を有効にする手順を見ていきましょう。

iCloud写真を有効にする手順は

  1. 設定アプリを起動
  2. 上部のユーザー名をタップ
  3. 「iCloud」→「写真」
  4. 「iCloud写真」をタップしてスライドバーを緑にする

でOK。

これでiCloud写真を有効にすることができました。

容量が足りない場合は有料ストレージを契約する

もし容量が足りない場合は有料ストレージを契約することをおススメします。

有料ストレージのプランは

5GB50GB200GB2TB
無料130円400円1,300円

となっています。

手順は

  1. 設定アプリを起動
  2. アカウントをタップ
  3. 「iCloud」→「ストレージを管理」→「ストレージプランを変更」
  4. 購入したいプランをタップ
  5. 右上の「購入する」をタップ

でOK。

icloud.comから写真をダウンロードする方法

ではicloud.comから写真をダウンロードする方法を見ていきましょう。

icloud.comから写真をダウンロードする方法は

  1. ブラウザを開きiCloud.comを起動
  2. Apple IDとパスワードを入力しiCloudへログイン
  3. 「写真」でダウンロードしたい写真を選択
  4. 「ダウンロード」をタップ

でOK。

これでダウンロードをすることができます。

またWindows用のiCloudソフトから写真をダウンロードする方法は

  1. iCloudソフトを起動
  2. Apple IDとパスワードを入力しログイン
  3. 「写真」→「オプション」→「新しい写真およびビデオを自分のPCにダウンロード」にチェックを入れる

でOK。

これでダウンロードすることができます。

iCloudで写真をダウンロードする方法は?できない対処法も解説

iPhoneの写真を転送する方法【AirDrop】