iPhone機種変更後にメールが開けない原因と対処方法とは?

スポンサーリンク

新しい iPhone を手に入れて、ワクワクドキドキ!

さぁ、これからこいつを使いこなすぞ~と思っていたら、メールが開けない?

そんな時の対処方法をまとめました。

SNSなどの普及した今でも、全く使わないという訳にもいかないのがメールという存在です。

最近では業務でも LINE などを使うケースが増えているようですが、やはりまだまだ主流はメール。

それだけに、メールが開けなくなってしまうというのは、かなり怖い状況ですよね。

今回は、そんな状況に陥ってしまった場合の対処方法についてまとめてみました。

メールが起動しない時の対処法

キャリアメールを使っている場合

まずはじめに、国内の大手3キャリアが提供しているメールサービス(通称キャリアメール)について取り上げていきます。

キャリアメールとは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアが、自社ユーザー向けに展開するメールサービスです。

アドレスの後半が@docomo.ne.jp / @ezweb.ne.jp / @i.softbank.jpなどの場合が、これに当たります。

設定を忘れていませんか?

これらのメールサービスでは、 iPhone の機種変更後、再度設定をし直さないと上手く送受信できない事があります。

各キャリアの設定方法へのリンクを貼っておくので、各自こちらから確認して見てください。

ドコモ

iPhone・iPadでドコモメールを使う|NTTドコモ

au

メール設定|iPhone 初期設定・使い方ガイド|au

ソフトバンク

メール(@i.softbank.jp)の初期設定をする|ソフトバンク

キャリア(携帯電話会社)を変えていませんか?

キャリアメールは、それぞれの携帯電話会社が「自社ユーザー」のために提供しています。

よって、そのキャリアで契約がないユーザーは利用することが出来ません。

キャリア(携帯電話会社)を変えると、新たにメールを設定する必要が出てくる!

このパターンでよくあるのが、MNP(番号はそのまま)で他キャリアへ移行した際、旧キャリアのキャリアメールを利用しようとして失敗するケース。

(例えば090xxxxxxxxxxの番号のまま、使う携帯電話会社をドコモからソフトバンクへ変える、などです。)

MNPを利用した機種変更の場合、キャリアの乗り換え後は旧キャリアが自動的に解約となるので、その時点で旧キャリアのキャリアメールは使えなくなります。

意外と忘れがちな部分なので、この点は十分に注意しましょう。

MVNO(格安SIM)で使っている場合

モバイルデータ通信ができる設定は完了していますか?

MVNOキャリア(所謂格安SIM)を利用している場合、SIMを iPhone に入れただけだと、音声通話以外の機能が利用できないケースが珍しくありません。

各キャリア共、「構成プロファイル」という形式で iPhone の設定ファイルを公開しているので、それをインストールすることで、 iPhone でもMVNOキャリアの回線でモバイルデータ通信が可能になります。

この構成プロファイルは、バックアップからの復元など、一部の環境では旧 iPhone から新 iPhone へ移行できないことがあり、その時は再度ダウンロードとインストールをする必要があります。

MVNOキャリアを利用されている方は、機種変更時に構成プロファイルのチェックを忘れずに行うようにしてください。

契約内容がデータ通信専用担っていた場合、SMS送受信はできない

MVNOキャリアを使っている方でSMSが送受信できない場合、契約内容がデータ通信専用になっていないかの確認が必要です。

iPhone でMVNOを使う場合、音声通話プランもしくはSMS機能付きのデータ通信プランを使わないと、SMSの送受信を行うことが出来ません。

SMSは LINE や会員制サイトのログイン認証など、コミュニケーション以外の用途でも使用頻度が高いので、MVNOに乗り換えたいという方は、SMSの利用可否をきちんと調べてプランを選択するようにするのが良いでしょう。

メールサービスに障害が起こっている可能性もある

これはキャリアメール以外も含めてですが、メールサービスも機械を使ってサービスを提供しているので、機材トラブルでダウンしてしまったり、送受信が著しく遅くなるといったことが発生する場合があります。

そこで、まずサービスダウンが疑われる時は、Twitter検索などを利用して、他にも自分と同じ状態になっているユーザーが居ないか調べてみましょう。

ある程度同じような症状のユーザーが居る様子であれば、メールサービスに何らかの障害が発生していると推測することが出来ます。

機内モードになっていないかを確認

飛行機など電波の利用が制限されるエリア向けの機能が、この機内モード。

使用中は電波を使った通信が遮断されるので、これがONになっていると、当然インターネットへ繋ぐことが出来ません。

そこでまずは、この機内モードがONになっていないかチェックしてみましょう。

やり方

  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 一覧の「機内モード」がOFFになっていることを確認
    • ONになっている場合はOFFに切り替える

モバイルデータ通信(携帯電話回線)に接続できているかを確認

次に、モバイルデータ通信(携帯電話回線)に接続できているかを確認します。

やり方

  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 「モバイルデータ通信」を選択
  3. 画面上部の「モバイルデータ通信」がONになっていることを確認
    • ONになっていなければ、ONに切り替える。

Wi-Fi に接続できているかを確認

Wi-Fi 環境下の場合は、指定した Wi-Fi にきちんと接続できているかを確認してみましょう。

やり方

  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 「 Wi-Fi 」を開く
  3. 画面上部の「 Wi-Fi 」がONになっていることを確認
    • OFFの場合はONに切り替える
  4. Wi-Fi のON/OFFトグルの下に接続中の Wi-Fi (SSID)が表示されているか確認
    • 「未接続」の場合は、下の一覧から接続したいSSIDを選択する。

 

バックグラウンドアプリを終了させる

ホームボタンを二回押すと、起動中のアプリの一覧が表示されるので、スワイプさせてバックグラウンドアプリを終了しましょう。

アプリをたくさん起動していると、動作が遅くなったり、他のアプリが正常に起動しないことがあります。


メール以外の連絡手段も確保しておくと安心

メールは昔からある便利なツールですが、最近は LINE やFacebookのようにそれを代替できる手段も増えています。

PCからも使うことができるGmailやYahooメールなども、代替手段として設定しておくと良いでしょう。


まとめ

というわけで、今回は機種変更したらメールが開けなくなった場合をテーマに、よくある原因と対処方法をご紹介しました。

使い方や相手にもよるとは思いますが、特に仕事などの重要なやり取りをする相手であれば、メール以外の連絡手段もきちんと確保するようにしておきたいものです。

それでは、快適な iPhone ライフを♪


コメントを残す