iPhone12もUSB-C端子は不採用!移行しない理由とは?

USB-C以外にもiPhone12で不満なところが色々と出てきています。それを紹介していきます。

iPhone12不満点】①EarPodsと電源アダプタが同梱されない

EarPodsと電源アダプターの同梱が廃止されました。今持っている電源アダプターがUSB-Aの場合、新たにUSB-C(USB Type-C)のアダプターを購入する必要があります。また、ワイヤレスイヤホンを期待していた方もLightningイヤホンを使うか、ワイヤレスイヤホンを購入する必要があり、余分の出費となりそうです。

iPhone12不満点】②指紋認証がない

最近のiPhoneではFace IDが多く採用されています。コロナウイルスの影響でマスクを使用することが多く、Face IDが使えないと感じている方もいると思います。新型iPad Airに指紋認証機能が搭載されたことから、iPhone12での採用も期待されていました。

指紋認証機能が搭載されなかったことから、iPhone12を手にしてもFace ID使用時にはパスコードを入力する手間が必要かもしれません。

iPhone12不満点】③ノッチが残っている

Androidスマホではノッチなしスマホが登場しています。iPhone12ではノッチがなくなると期待する人もいました。ノッチがなくなることで画面に表示される部分は確実に増え、iPhoneの一つの進歩として歓迎されます。

しかし、発表されたiPhone12はノッチが残っていたため不満の声が上がっています。

iPhone12不満点】④日本版はミリ波非対応

iPhone125G対応ということで、通信速度の改善や向上が期待されています。アメリカ版のiPhoneはミリ波対応のようですが、日本版はミリ波に対応していません。ミリ波は5Gの重要な部分であり、ミリ波に非対応ということは、5Gの美味しいところが使えないと言っても過言ではありません。

5Gの凄さを感じたい人や5Gに期待していた人は不満に感じているに違いありません。

USB-C端子じゃなくても問題なし?新しい充電方法「MagSafe

以前からワイヤレス充電が可能でしたが、今でもLightningから充電している人も多いと思います。LightningケーブルをiPhoneと接続することを何度も繰り返すことでケーブルが損傷し、断線して使えなくなるケースもあります。スペシャルイベントで発表されたMagSafeにより、より快適なワイヤレス充電が可能になります。

iPhone12シリーズの背面にはマグネット搭載されています。iPhone12のマグネット部分にApple純正のMagSafe充電器を近づけると、磁石の力で吸い付きます。磁石の力でiPhoneと充電部分が密着し、適切な位置に給電部が合わさり効率よく充電できます。MagSafe充電器を使うことで、Lightningケーブルの使用を減らすことができます。

まとめ

iPhoneファンなら毎年秋のスペシャルイベントを楽しみにしています。事前に新型iPhoneのうわさをリサーチし「新型」への期待を膨らましています。今年のスペシャルイベントでiPhone12シリーズが発表されました。

USB-C(USB Type-C)の採用を期待していた人も多いようですが、Lightningケーブルが採用されました。Lightningケーブルが採用された背景には、iPadとは違いパソコンのように使うことを意図していない、iPhoneの立ち位置が関係しているかもしれません。

iPhoneに私たちが期待している使い方では、USB-Cを採用してもiPadほどのメリットは出せない可能性があります。今後、USB-CiPhoneに採用されるか分かりませんが、しばらくはLightningケーブルと付き合うことになりそうです。