【最新】iPhone5sのバッテリー交換方法をau/docomo/softbankで比較!

この記事は約 5 分で読むことができます。

バッテリー交換したいけれどショップが遠くて行くのが面倒、なかなかショップに行く時間がない、交換に時間がかかるのはちょっと…というひとも大丈夫!それぞれの人に合わせた方法でバッテリーを交換することができるんです。

iphone5s

 この記事と一緒によく読まれる記事 

▶︎iPhone5sのバッテリー交換費用を比較!Softbank/au/docomo/Apple編
▶︎Macbook pro/airのバッテリーが膨張して熱い時の対処方法とは?
▶︎iPhoneバッテリーの寿命を知らせる3つの症状と長持ちする方法とは?

そろそろバッテリーの交換時かなという人は以下の情報をチェックしてバッテリー交換をしてみては?

電池の持ち時間が戻れば日々の活動効率やモチベーションもupすること間違いなしです。

Sponsored Links


Appleで交換する場合

apple

Appleの公式ショップではキャリアに関係なくバッテリーの交換をしてもらえます。

便利なのがAppleで公式に提供しているAppleCareという保障サービスです。

加入時の費用としては12,800円が必要ですが、2年間の無料テクニカルサポートに加え、万が一の画面割れや水没、故障の際の修理、バッテリー交換(無料!)など保障の対象は広く、充実しているのがメリットです。

バッテリー交換が必要な場合にはまず使用中のiPhoneがAppleCareに加入しているかどうかをチェックしましょう。(チェックはコチラから)AppleCareに加入していない場合も9,400円でバッテリーの交換をすることが可能です。Appleでのバッテリー交換の方法は次の2種類です。

 ピックアップ+デリバリー修理 

Apple専門の配送業者が自宅までiPhoneを取りに来てくれます。修理・交換後は自宅にiPhoneが送られます。修理は1週間程度で完了します。(申し込みは☎0120-993-993)

 持ち込み修理 

近くのAppleStoreにiPhoneを持参し、バッテリーを交換してもらう方法です。即日で交換作業が完了するため、iPhoneを修理に預けたくないというひとにオススメの方法です。iPhoneの状態によってはリペアが必要な場合には1週間程度iPhoneを預ける必要がありますがその場合にはその日から無料で代替機を借りることができます。

バッテリー交換の目安

iPhoneのバッテリーの持ち時間が気になるのは1年間~2年くらいからの人が多いかと思いますが、AppleCareのバッテリー無料交換はバッテリー容量が本来の80%未満になった場合に適用されるとしています。

公式サイトの説明によるとiPhoneはフル充電で500回充電した際に80%の容量が保持できるよう設計されているとのことなので、1日に1回フル充電をするという単純計算で考えると1年半ほどで充電容量が80%ほどに劣化するということになります。

すなわち1年半以上iPhoneを使用している人はバッテリー無料交換の対象となるということですね。

キャリアで交換する場合

au docomo softbank

au・SoftBankでもバッテリーの修理の受付を行っています。修理の費用はキャリアの種類に関係なく、Appleの規定に基づいた一律料金(9,400円)となっています。(キャリア独自の保障サービスを適用する場合は安くなる場合があります)

SoftBankの場合

SoftBankでは一部の店舗では即日のバッテリー交換を行っています。

≪店頭修理の内容≫

 

修理内容

修理方法修理期間
バッテリー交換バッテリー部品のみ交換店頭修理即日
本体修理整備済品との交換
ディスプレイ修理ディスプレイ部分のみ交換お預かり修理

3日~5日

引用先:SoftBank

(※現在店頭修理をおこなっているのはソフトバンク表参道店 / ソフトバンクグランフロント店です。あらかじめWebから予約しておくことでスムーズにバッテリー交換をしてもらうことができます。⇒≪表参道店≫≪グランフロント店≫

上記以外のソフトバンク店舗でバッテリー交換を申し込む際には、直接AppleStoreへ行くか、Appleの公式サイトからの申し込みが必要となります。

ソフトバンクの保障サービス(あんしん保障パックプラス)に加入している場合にはバッテリーの交換後、Appleから発行される〝請求書〟もしくは〝修理完了報告書〟を提示することで代金の85%を還元してもらうことができます。)

auの場合

auSHINJUKU店では店頭修理 / バッテリー交換を行っています。

≪店頭修理の内容≫

 

修理内容

修理方法修理期間
バッテリー交換バッテリー部品のみ交換店頭修理即日
本体修理整備済品との交換
カメラ/スピーカ等該当部品のみ交換
ディスプレイ修理ディスプレイ部分のみ交換お預かり修理

3日~5日

引用先:au

それ以外の場合にはAppleStoreへ直接持ち込みをするか、WebからAppleの修理を申し込む必要があります。auスマートパス加入時にAppleCareに同時加入した場合には無料でバッテリー交換をすることができます。

docomoの場合

docomoでは店頭でのバッテリー交換をしている店舗がないため、AppleStoreへ持ち込みするか、WebからAppleに申し込みをする必要があります。docomoのケータイ保障サービスバッテリー交換には適用されません。

 

まとめ

バッテリーの交換をなるべく迅速にしたいという場合にはバッテリー交換に対応している店頭(最寄りのAppleStore / Softbankグランフロント / Softbank表参道 / auSHINJUKU)で即日交換してもらうのが一番よいのではないでしょうか。

店舗が近くにない場合にはwebや電話からの申込みも可能です。

AppleStore一覧

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

▶︎iPhone5sのバッテリー交換費用を比較!Softbank/au/docomo/Apple編
▶︎Macbook pro/airのバッテリーが膨張して熱い時の対処方法とは?
▶︎iPhoneバッテリーの寿命を知らせる3つの症状と長持ちする方法とは?




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す