PS5はいつから普通に買える?買えない理由と解消時期について

PS5を購入したくても、いつ見ても売り切ればかり、メルカリを見てみると何倍もの値段で売られている状況となっています。
何故こんなにPS5は品薄なのか?そしていつになったら抽選ではなく通常価格で普通に買えるのかということについて紹介していきます。

PS5が抽選販売ではなく普通に買えない理由は?

PS5が抽選ではなく、いつから普通に買えるのかということについて説明していきます。

PS5が品薄になっていて買えない原因は大きく2つあります。

原因の1つ目はPSを生産するのに必要な半導体が世界的に不足していて、PS5自体の生産が注文に間に合っていないということ、2つ目は転売屋による買い占めで一般の量販店に回っていないため、一般の客が買えないということが大きな原因ととなります。

それでは、この3つの原因について説明をしていきます。

PS5が普通に買えない理由1:世界的な半導体の不足

PS5が普通に買えない理由1:世界的な半導体の不足

PS5がいつになったら普通に買えるの?という疑問に対して1番目の理由は世界的な半導体不足が大きな理由となっています。

PS5に限らず多くの電気製品、車等の生産が受注に間に合っていないということはニューズでもよく流れていますね。
PS5においてもその影響をモロに受けており、結果的に一般のお客さんがPS5を買えないということにつながっています。

PS5は生産コストが高く利益率が非常に低いそうです。

そのため、この半導体不足の中、PS5より利益率の高い、携帯電話、家電製品に半導体を回す必要があるためにPS5への半導体供給ができていない状況にあると思います。

そのために、PS5自体の生産が間に合わず、PS5を買えない人が多く出てしまうという状況になっているのでしょう。

仮にPS5の利益率が高かったのであれば、PS5を普通に買える確率もあがったのではないでしょうか

PS5が普通に買えない理由2:転売業者による買い占め

PS5がいつになったら普通に買えるの?という疑問に対して2番目の理由が転売屋による買い占めです。

人気のある商品で市場の流通が少ない商品は転売屋にとって、もっとも美味しいターゲットになります。

転売屋は一人で活動している人もいますが、大抵はグループで四六時中ネットに貼り付いてPS5が通常価格で販売された瞬間に大量に買い占めてしまいます。

また、数量限定の店頭販売の情報も常にチェックし販売情報をつかむとグループで店頭に行き買い占められてしまいます。

転売屋は専用のソフトにより入荷情報を一般の方よりも早く手に入れており、情報を得るやいなやグループで買い占めに動くために一般の人が転売屋より先に買えることは非常に難しい状況にあります。

転売するメリットが出ないぐらいまで、物流が改善しない限り今のPS5が買える確率はあがらないでしょう。

一般の人がPS5や人気商品を通常価格で買えるようになるようには、転売に対しての規制を現状よりも厳しくしてほしいですね。

PS5の半導体不足の原因は?

世界規模で半導体の供給が不足しています。

半導体はパソコンやモバイル、電化製品、車等のは、多くの産業で必要不可欠なものになっており、各メーカーの資材担当は日々調達に奔走している状況になっていることでしょう。

ここでは、世界的な半導体不足がいつ。なぜ発生したのか、そしていつ頃解消されるのかについて詳しく紹介します。

半導体不足の原因①コロナの影響で半導体製造工場が閉鎖されたため

半導体の不足はコロナ発生以前より需要が供給を上回る状況でしたがCOVID-19のパンデミックにより、世界中のいくつもの工場が閉鎖され、半導体不足が悪化しました。

半導体の製造に必要な物資の調達が数ヶ月できなくなったために、半導体不足が拡大し現在の状況になっています。

半導体不足の原因②コロナの影響で半導体の輸送が停滞した

半導体不足の原因は半導体製造ラインが停止しただけではなく、コロナの影響により流通経路へ影響が出たことにより半導体不足になってるようです。

世界の電子機器の輸送には90%程度が中国の塩田港を経由していますが、塩田港労働者がコロナに感染したために1週間閉鎖となりました。

塩田港は世界有数の貿易港で1日あたりに20フィートのコンテナーを3万個以上流通していますが、閉鎖により数百艘のコンテナー船が停滞する状況となりました。

この影響によって、各メーカーへの半導体の供給ができなくなってしまったということも現在の半導体不足につながっていると考えられます。

半導体不足の原因③自然災害や火災の影響

パンデミックによってデバイスの需要が爆発的に増え、半導体の需要もメーカーで賄いきれないほど急増しています。
加えて、自動車業界において先行きの見通しを誤ったことも今の半導体不足の要因となっているようですコロナがパンデミック化した当時、大部分の企業が経済の長期的な落ち込みを予想し、半導体の調達を止めました。半導体メーカーは自動車メーカの注文がキャンセルになったことを受け、生産ラインを注文が急増している民生向けにシフトした関係で、自動車向けの半導体が不足する事態となったようです。この状況の中で、2021年以降に半導体工場の火災や大寒波等の不運が重なり深刻な半導体不足の進行につながったと言われています。

PS5に使用する半導体不足はいつ解消する?

次に現在の世界的な半導体不足はいつ解消するのか、そしてPS5への半導体の供給がいつ正常化し、さらにはいつからPS5が普通の値段で買えるようになるのかということが一番きになるところだと思います。

PS5が普通に買えるようになるためには、半導体の供給安定が必要不可欠です。

ここでは、今の半導体不足がいつ解消し、PS5がいつから普通に買えるようになるのかというところについて見ていきます。

コロナが解消してもすぐに半導体不足は解消しない