QoSパケットスケジューラはジャマ?オンラインゲームのラグ対策!

Qosパケットスケジューラというのを知っていますか?これは一体何ができるものなのでしょうか。また無効化する方法やラグの対策、オフロードのやり方や、SNPやTAFのことについても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

QoSパケットスケジューラとは?

オンラインゲームが趣味だという人は、ある悩みを抱えている人が多いです。それがラグの存在です。オンラインゲームではラグが命取りなので、対策が必要です。ではそのラグの対策は、どのようなことを行えばいいのでしょうか。ゲームで命取りになるラグの対策にはQoSパケットスケジューラを使いましょう。QoSパケットスケジューラはどういうものなのかを解説していきますので、ゲームをする際にぜひ活用してみてください。

使い方を学ぼう

ラグは大なり小なり起きてしまうので対策をしようにもすぐに解決するのは難しいです。QoSパケットスケジューラなどを使ってラグの対策をするのが1番早いとは言われていますが、QoSパケットスケジューラの使い方が分からないと対策をすることができないので、QoSパケットスケジューラの使い方を学んでラグの対策をしましょう。また、QoSパケットスケジューラを無効化した場合にどのような影響があるかも紹介しましょう。

QoSパケットスケジューラとは

QoSパケットスケジューラとは、通信回線の安定性は保証はできない、しかしQoSパケットスケジューラを使うことで安定して通信できる範囲を広げて確保することで、ラグが起こらないようにしてくれるという機能です。QoSパケットスケジューラは一見するととても便利な機能に思えますが、QoSパケットスケジューラを使うことでデメリットも発生します。QoSパケットスケジューラにはどんなデメリットがあるのでしょうか。

常に有効化はしていない

QoSパケットスケジューラは、常に有効化しているわけではありません。もちろん設定しないと無効化のままです。QoSパケットスケジューラを無効化したままだとオンラインゲームに確実にラグが発生してしまうのかどうかが知りたいという人は、QoSパケットスケジューラの無効化や有効化を切り替えて、無効化有効化どちらがラグが発生しにくいかを自分の環境で確かめてみることが大事なので、ゲームの前に確認してみましょう。

QoSパケットスケジューラはオンラインゲームでのラグの原因にもなる?

ラグを解消させるためのQoSパケットスケジューラなのに、実はこのQoSパケットスケジューラを有効化していると、ラグを発生させてしまう可能性が高いのです。なぜかというと、QoSパケットスケジューラを有効化してしまうと通信回線の安定性が保証できなくなってしまうからです。通信できる範囲を広げて確保した結果、常に通信できる範囲を探すことになるのでラグが起きやすくなってしまうという問題が起きてしまうのです。

自分の環境で確認しよう

必ずしもQoSパケットスケジューラを有効化することによって、ラグが発生しやすくなるというわけではありません。設定や自分の環境によってラグが発生しやすくなっているという可能性がありますので、QoSパケットスケジューラを有効化させた場合、無効化させた場合にどのような変化があるのかをぜひ自分の環境で確認してみてください。そしてこのソフトを有効化した方がいいか、無効化した方がいいのかを吟味してみましょう。

QoSパケットスケジューラを無効化する手順

QoSパケットスケジューラを無効化することもできます。QoSパケットスケジューラを有効化した場合に、無効化する前よりラグが発生しやすくなってしまったという人は、QoSパケットスケジューラを無効化してみてください。しかし、QoSパケットスケジューラを無効化する方法がよく分からないという人は多いのではないでしょうか。QoSパケットスケジューラを無効化する方法を解説していきますので、参考にしてください。

扱いは慎重に

QoSパケットスケジューラを有効化してしまって、ラグが発生することが増えてしまったから今すぐにも解消したいという人は、紹介していく方法を見ながら実践してみてください。くれぐれもQoSパケットスケジューラを無効化するときに、余計なところを触らないようにしましょう。精密機械ですので、壊れてしまったりエラーが発生してしまう可能性がありますので、まずはしっかりと、無効化する方法を学んでからにしてください。

有線LANの場合

まず有線LANの場合のQoSパケットスケジューラの無効化の仕方を紹介します。スタートボタンをクリックして、Windowsシステムツールというフォルダを探してください。そのフォルダを展開することで、コントロールパネルというファイルが出現します。ファイルが出現したら、ネットワークとインターネットいう項目を探してクリックしてください。ネットワークと共有センターをクリックすることで次に進むことができます。

チェックボックスからチェックを外す

ネットワークと共有センターをクリックしたらアダプターの設定の変更という項目があります。そこをクリックすると、自分が現在接続しているネットワークの名前が書いてあります。そこをさらにクリックしてスクロールしていくと、QoSパケットスケジューラがあります。チェックボックスにチェックが入っていたらそれを外してください。そうすることでQoSパケットスケジューラを無効化することができますのでやってみましょう。

無線LANの場合

無線LANの場合は、まずスタートメニューをクリックしてください。そこに、ファイル名を指定して実行するというところがあります。そこをクリックして、「gpedit.msc」というコマンドを入力してください。コマンドを入力したら、グループポリシーというソフトを起動させることができるのです。ソフトが起動したら、コンピュータの構成、管理用テンプレートとクリックして、QoSパケットスケジューラをクリックです。

数字を0にする

QoSパケットスケジューラをクリックしたら、通信回線を探して広げて確保するための割合がパーセンテージで表示されているためその数値に数字が記入されていたら0にしてください。これで無効化が完了となります。

QoSパケットスケジューラの無効化の効果と留意点