多くの問題を引き起こす?CCleaner利用の危険性について解説

CCleanerの危険性とはなんでしょうか。また、Avastのインストールのやり方や、無料で使えるのか、アンインストールのやり方やインストーラーとは何か、マルウェアとは何かを解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

CCleanerとは無料で使えるシステムクリーナー

CCleanerというのは一体なんなのでしょうか。CCleanerというソフトの機能を解説していきますので、CCleanerというのはどういうものなのか、危険性はないのかも合わせて解説していきます。CCleanerに危険性がないのかが気になるという人はぜひ参考にして、CCleanerに危険性がないと判断できた場合は実際にパソコンにCCleanerをインストールしてCCleanerを活用しましょう。

有名で性能の高いパソコン専用システムクリーナー

CCleanerとは、前から有名なパソコンのシステムクリーナーソフトです。CCleaner以外にもシステムクリーナーソフトはありますが、特に有名なシステムクリーナーソフトがCCleanerなのです。CCleanerはイギリスの会社が開発したシステムクリーナーソフトで、2014年にはAndroid版のCCleanerが開発されてリリースされました。パソコンにも携帯にも使えるクリーナーとなっています。

バージョンアップによって危険なマルウェアが混入

CCleanerには危険性はないという認識がありましたが、しかしその認識は2017年に壊れました。CCleanerのバージョン5.33.6162に、危険性のあるマルウェアが混入されていたのです。CCleanerは、本来異常のあるシステムをクリーンにしてくれるソフトです。しかしそのシステムクリーナーソフトに、危険性の高いマルウェアが混入していたとなると、CCleanerの評判は以前より低くなります。

マルウェアは大なり小なり危険性が高いプログラム

危険性の高いマルウェアが混入されていたCCleanerですが、マルウェアとは一体なんなのでしょうか。マルウェアとは平たく言えば危険性の高い悪質なプログラムです。危険性の高いマルウェアもあれば、比較的危険性が低いマルウェアもありますが、危険性が高いにしろ低いにしろ、マルウェアをインストールしてしまうと厄介なことになるのは変わりありません。マルウェアの種類について解説していくので、参考にしてください。

マルウェアの1つがウィルスで不審な挙動をする

マルウェアの1つがウィルスになります。不審なサイトで、不用意にボタンをクリックしてしまい、おかしなプログラムがパソコンにインストールされてしまったことはありませんか?そのインストールされたプログラムのなかに、危険性の高いウィルスが入り込んでいる可能性があります。ファイルの情報を一部書き換える、パソコンの挙動をおかしくしてしまうなど、危険性の高いウィルスプログラム、それがマルウェアの1つになります。

ワームというマルウェアは増殖していくので厄介

ワームというマルウェアもあります。ウィルスのように、インストールしたプログラムに潜り込んでおり、正常なプログラムの動作を鈍くするなどの妨害行為を行います。ワームの危険性は高いと言われており、機密情報を盗み出すなどの危険性もあります。ですから不審なプログラムは例え無料のプログラムでもインストールしないようにしましょう。無料のプログラムだからこそ危険なので不審なサイトからインストールしないでください。

トロイの木馬はマルウェアの中でも特に有名なもの

トロイの木馬というマルウェアはとても有名なマルウェアです。トロイの木馬は、潜り込んだパソコンに秘密裏に攻撃を仕掛けます。危険なプログラムを動作させて、潜り込んだパソコンの内部を破壊したりすることができる恐ろしいマルウェアです。何故トロイの木馬が、マルウェアの中でこんなに知名度が高いのでしょうか。それはマルウェアのなかで、トロイの木馬が1番引っかかりやすく、そして検出されにくいマルウェアだからです。

正常なソフトと同じようにパソコン内部に侵入可能

トロイの木馬は、なんと正常なソフトとしてパソコンなどに侵入することができるのです。だからこそクリーナーソフトやウィルスブロックソフトに引っかからずにやすやすと侵入することが可能なのです。トロイの木馬は検出されにくいので、現在自分のパソコンの中にトロイの木馬が入り込んでいるかどうかを調べるのは困難なので、不用意にプログラムをインストールしないようにしましょう。不審なプログラムが入る可能性があります。

会社に買収をされてしまってから不具合が頻発する

CCleaner自体はマルウェアではなく、正規のシステムクリーナーソフトです。しかし何故CCleanerにマルウェアが混入してしまったという不具合が起きてしまったのでしょうか。CCleanerにマルウェアが混入されてしまったのは、CCleanerがAvastSoftwareという会社に買収されてしまってからです。AvastSoftwareに買収されてからCCleanerはトラブルが頻発しています。

CCleanerは個人用パソコンであれば入れずに済む

AvastSoftwareに買収されてから、トラブルが多くなってしまったCCleaner、そのせいかCCleanerをアンインストールするというユーザーもいます。AvastSoftwareに買収されたときのCCleanerをアンインストールできるのかと考えている人はいますがCCleanerは個人用パソコンであれば特にいらないソフトですので、個人用パソコンで事足りるという人は気にしなくて大丈夫です。

不要なレジストリの削除が可能

CCleanerは不要なレジストリの削除が可能なので、不要なレジストリを自動的に削除するソフトが欲しいと考えている人はCCleanerをインストールしてみてください。ただし個人用パソコンだと個人でレジストリを削除する方が早いです。企業で使っているパソコンであれば、CCleanerをインストールして不要なレジストリを削除して、よりパソコンをスムーズに使えるようにする必要がありますので活用しましょう。

レジストリをこまめに削除して整頓する

レジストリをこまめに削除しないと、パソコンの動作が重くなってしまうことがありますので、不要だと判断したレジストリはないかどうかをこまめにチェックしてみて、こまめに削除をしましょう。

WindowsUpdate更新後の不要なファイルの削除

WindowsUpdate更新後の不要なファイルの削除が可能なソフトなので、WindowsUpdate更新後の不要なファイルが鬱陶しいという人は、ぜひこのソフトを活用してください。

ブラウザのキャッシュクリア

ブラウザのキャッシュクリアもすることができます。ブラウザのキャッシュクリアをこまめにしないとパソコンの動作が鈍くなってしまいますので、ブラウザのキャッシュクリア時に活用しましょう。

CCleanerの危険性

CCleanerの危険性をいくつか解説していきますので、インストールしたいけど危険性がないかどうかが知りたいと考えている人はCCleanerの危険性を参考にしてから判断しましょう。

AvastSoftware買収以降から問題が発生

AvastSoftware買収以降から問題が発生しています。どのような問題が発生しているのかを解説していきますのでどんな問題があるのか知りたいという人はぜひ参考にしてみてください。

公式サイト配布のインストーラーからマルウェアに感染