PerfLogsフォルダとは? 削除しても大丈夫か徹底解説!

最近ネット上でも話題殺到しているPerfLogsフォルダ。

ただPerfLogsフォルダについて知っている人が少ないのが現状で知識が浅いのは危険です。

そこでPerfLogsフォルダについてと削除しても大丈夫かを徹底的に解説していきます。

PerfLogsとはシステムログを記録するためのフォルダ

まずPerfLogsとはシステムログを記録するためのフォルダなんです。

またPerfLogsフォルダとはについてを詳しく見ていきます。

① PerfLogsとはCディスクの先頭にあるフォルダ

PerfLogsとはWindowsパフォーマンスモニターがログやレポートを保存するために使用するシステムフォルダなんです。

PCのメモリの使用量やCPUの状況などをモニタリングしてその結果が自動的に保存されるようになっています。

しかしこれは設定しないと普通に記録はなにもされません。

② PerfLogsとはWindowsのパフォーマンスなどを記録するためのフォルダ

PerfLogsとはですが今まではほとんどのユーザーは興味を持っていませんでした。

しかしPerfLogsは使用されていないだけで通常は空なんですが結構有効活用できることが知られたからなんですね。

③ PerfLogsとは初期状態ではなにも記録されないフォルダ

PerfLogsは普通においていれば何も記録されないフォルダになっています。

しかし設定をすればPerfLogsに自動的に記録されていくようになるのでチェックされる回数が増えてきたとも言えます。

PerfLogsの設定を変える方法

ではPerfLogsの設定を変える方法とはについてを見ていきましょう。

ただPerfLogsはWindowsのトラブル究明に使う「パフォーマンスモニタ」がPerfLogsに記録されるというものです。

なので普段は使いませんので「パフォーマンス」→「データコレクターセット」→「システム」→「システムパフォーマンス」で「コンテキストメニュー」で記録の開始がなされます。

記録は1分で終了しその結果がPerfLogsへ記録される仕組みになっています。

PerfLogsフォルダを削除するメリット

ではPerfLogsフォルダを削除するメリットとはについてを見ていきましょう。

PerfLogsフォルダを削除するメリットはいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

① 通常は削除しても容量はさほど増えない

実は削除してもディスクの空き容量はそれほど多くないので容量はさほど増えません。

② 見た目や管理の都合でフォルダを削除するのはアリ