スマホで急速充電を行うデメリットは?対処法も紹介!

そしてiPhoneやandroid端末のスマホで急速充電を活用するデメリットとして、急速充電を活用するために同じ規格の製品や機器を準備して急速充電を利用しないといけないという点です。急速充電を活用するためには、バッテリーに高い電力を摩擦なく届ける必要があります。そのため色々なケーブルやバッテリー機器を活用すると互換性がなく、正常にバッテリーに電力を届けられないこともあります。なのでiPhoneやandroid端末のスマホで急速充電を活用するためには、急速充電ができる機器を全てそろえる必要があり、そろえるための値段が高いこともデメリットの1つと言われています。

急速充電によるバッテリー劣化や発火を避けるための対処法

iPhoneやandroid端末のスマホで急速充電を活用するデメリットといくつか紹介してきましたが、このデメリットを知った上でも急速充電を活用したい場合には、急速充電で発生する可能性があるトラブルの対処法を知ってお必要があります。ここではiPhoneやandroid端末のスマホで急速充電によるバッテリー劣化や発火を避けるための対処法を紹介していきますので、是非チェックしてみてください。バッテリー劣化や発火は、デメリットではありますがちゃんとした対処法をすることでトラブルになる前に解決できる場合もあります。

①質の悪い充電器は避ける

まずiPhoneやandroid端末のスマホで急速充電によるバッテリー劣化や発火を避けるためには、質が悪いバッテリー機器やバッテリーケーブルは利用しないようにしましょう。最近では様々なスマートフォンの機器が販売されており、格安で機器を購入できるようになっています。しかし格安のバッテリーケーブルの場合は、作りが雑になっていることからスマホの故障やトラブルになることが多くあります。特に海外で作られている充電ケーブルには、注意してください。できる限り認定の充電ケーブルや純正充電ケーブルを活用してトラブルにならないようにすることもおすすめします。

②通常の充電と急速充電を使い分ける

また毎日や毎回iPhoneやandroid端末のスマホを急速充電することはあまりおすすめできません。これは急速充電はとても便利である一方でバッテリー劣化や発火の危険性があるためです。夜寝るときやスマホの充電をゆっくりしてられる時間がある場合は、急速充電ではなくなるべく通常充電を活用するようにしましょう。急速充電を通常充電を組み合わせて活用することでiPhoneやandroid端末のスマホの故障やバッテリー劣化といった問題が発生する可能性を下げる効果があります。

③ケーブルにも急速充電対応のものを用いる

どうしても急速充電を活用する場面の場合は、アダプタや充電機器だけではなく充電ケーブルにおいても急速充電を活用するできるケーブルを活用するようにしましょう。通常充電のケーブルと急速充電のケーブルは作りが異なっています。そのためアダプターや充電機器の一部だけ急速充電用の機器を利用していても、充電ケーブルが急速充電に対応していないと正常に急速充電できないようになっています。また急速充電に対応していても、格安なケーブルの場合は発火や爆発といった危険もあるのでなるべく急速充電に利用する機器やケーブルは質が良い製品を活用するようにしましょう。

④低温下・高温下での充電は避ける

そしてiPhoneやandroid端末のスマホで急速充電によるバッテリー劣化や発火を避けるためには、低温や高温環境での充電は避けるようにしましょう。低温や高温の環境で充電することは、バッテリーに負荷をかけることになり、バッテリー劣化や発火の危険性が高まる可能性があります。特に夏のビーチや車の中、冬の室内や暖房器具の近くでiPhoneやandroid端末のスマホを充電する場合には注意しておこなうようにしましょう。

急速充電を使わずに充電を高速化する方法

iPhoneやandroid端末のスマホで急速充電を活用する際は、バッテリー劣化や発火といったトラブルに注意する必要があることはわかって頂けましたでしょうか。しかし急速充電を活用することはデメリットもあり、なるべく避けたいと思っている人多くいるかと思います。なのでここでは急速充電を活用しないでiPhoneやandroid端末のスマホの充電をなるべく高速にさせる方法やポイントについて紹介していきます。通常充電の時との違いを比較しながら、どのようなことに気を付ければスマホの充電を早めることができるのかをチェックしてみましょう。

①スマホの電源オフや機内モードを活用する