スマホで急速充電を行うデメリットは?対処法も紹介!

まずスマホの充電時間を早める簡単な方法としては、スマートフォンの電源をオフにしたり、機内モードにしてから充電する方法のことです。iPhoneやandroid端末のスマホは、電源が入っていると充電中も電力やバッテリーを使おうとしてしまいます。そのため結局充電時間が長引いてしまうことがあります。なので高速にスマートフォンを充電したい場合は、電源をオフにしたり、シャットダウンしてインターネット環境へアクセスしないようにすることで高速に充電できることがあります。

②スマホケースを外して充電する

またスマートフォンの電源以外にもスマホのケースを取り外してから、バッテリー充電をすることで高速に充電できる場合もあります。これはスマホケースの種類によっては、バッテリー充電を邪魔したり、バッテリー通電に影響があるスマホケースがあるためです。スマホケースを外し、はだかの状態でバッテリーすることでバッテリー充電を邪魔するものがなく、高速に充電できる場合もあるので、最近バッテリー充電が急に遅くなった人は簡単なので試してみてください。

③コンセントから直接充電する

そしてiPhoneやandroid端末のスマホを高速に充電できる方法としては、コンセントに直接差し込んで充電する方法もあります。延長コードや分散コンセントを活用していると他の危機に電力を取られてしまい、必要な電力を確保できていないこともあります。そのためiPhoneやandroid端末のスマホを充電するケーブルはできるだけコンセントに直接挿さっているアダプターや機器を活用するようにしましょう。

おすすめの充電器・モバイルバッテリー

iPhoneやandroid端末のスマホのバッテリー充電には、様々な機器やケーブルがあり違いがわかりづらい人も多くいるかと思います。ここではおすすめなスマホのバッテリー充電器やモバイルバッテリーについて紹介していきます。もし最近バッテリー機器を買い替えようと思っている人は、おすすめな機器の情報を以下URLにまとめていますので参考にチェックしてみてください。

https://apple-geeks.com/iphone%E5%90%91%E3%81%91%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%8111%E9%81%B8-26775

https://apple-geeks.com/ipad%E3%81%AE%E5%85%85%E9%9B%BB%E5%99%A8%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%8112%E9%81%B8-26487

まとめ

ここではスマホの急速充電や高速充電の方法について紹介してきましたが、毎日利用しているスマホがすぐに充電できると嬉しいですよね。しかし急速充電を活用することでデメリットや危険性もあるので、通常充電との使い分けをすることをおすすめします。またスマホの充電機器やケーブルは多くありますので、最近バッテリー充電に問題がある場合は新しい機器やケーブルに変えてみるのもいいかもしれません。